深谷知広のニュース

約20台を乗り換えてきた競輪選手が選んだ普通乗り自転車とは

NEWSポストセブン / 2015年06月18日11時00分

競輪選手の深谷知広が、愛用している『エボルバー』の魅力を語る。 * * * このロードバイクは、先輩レーサーの幼馴染みが剛性(曲げやねじりの力に対する変形しにくさの度合い)の強いフレームを作っていると聞いて4年前に注文し、それからずっと乗っているものです。 この自転車に出会うまでに20台くらい乗り換えてきました。どのフレームもしっくりこなくて、中には100 [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「小松島記念」

アサ芸プラス / 2014年07月03日09時57分

一昨年の雪辱戦!深谷知広がまくり切る 人気選手にかかるプレッシャーは並大抵ではなく、それが敗因の一つになることもある。 「小松島記念」(7月3日【木】~6日【日】)に出走予定のS級S班は、深谷知広の1人だけ。シリーズの看板選手として重責を担うことになるが、負けられない4日間と自覚しているはずだ。迎え撃つ地元勢は乗れている原田研太朗が核弾頭になり、3車で結束 [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「取手全プロ記念」

アサ芸プラス / 2014年05月15日09時57分

早めの巻き返し 深谷知広の圧勝もある 器用なレースができる選手には、落とし穴がある。「取手全プロ記念」(5月17日【土】~18日【日】)はレースの格はFII、2日間の短期決戦だが、S級S班の全4人を筆頭にトップクラスがそろう。選考順位の上位27人と、それ以降の選手は別競走になるだけに、実力伯仲の熾烈な戦いが期待できる。 地元の大将格と言えるのが芦澤大輔。1 [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「平塚記念」

アサ芸プラス / 2014年05月01日09時57分

深谷知広の独壇場!興味は2着争い 先行タイプが脚光を浴びているが、競りに強く牽制も巧みな追い込みのテクニシャンが出てくれば、レースはもっとおもしろくなるはずだ。 GWに行われる「平塚記念」(5月3日【土】~6日【火】)に出走予定のS級S班は、後閑信一と深谷知広。南関地区の根田空史や飯野祐太がこの2人にスピード勝負を挑むことになるが、劣勢は否めない。深谷の独 [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「共同通信社杯」

アサ芸プラス / 2014年04月24日09時57分

“7番手”からでも深谷知広がまくり切る 機動型でも勝ちパターンのポジションを取るには、強引さも身につけなければならない。 今年2つあるGIIの初戦が、伊東「共同通信社杯」(4月26日【土】~29日【火】)。初日の12レースは、全て1次予選。S級S班といえども、まずはここをクリアしなければならない。それだけに、若手が売り出すには絶好の舞台。持ち味を存分に発揮 [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「西武園記念」

アサ芸プラス / 2014年04月03日09時57分

多彩走法の菊地圭尚が平原康多と深谷知広に肉薄 展開に応じてチャンスをうかがう自在型に、みずから動いてレースの流れを変えようとする選手がいる。「西武園記念」(4月5日【土】~8日【火】)は、メンバーが充実している。名古屋ダービー決勝戦に乗ったS級S班、平原康多、成田和也、深谷知広の3人が中心になるが好調なS1も多く、激戦連続の4日間になりそうだ。 地元の池田 [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「日本選手権」

アサ芸プラス / 2014年03月20日09時57分

◎は深谷知広、○は武田豊樹 平原康多の浮上もある ラインの3番手からでも好勝負を演じる追い込み選手は、切り替えの巧みさや直線でコースを探し出す嗅覚を持っている。 GI6戦の中でも唯一6日間の長丁場、選手であればいちばん手にしたい勲章が日本選手権。通称・競輪ダービーだ。今年の舞台は、3年ぶりの名古屋競輪場(3月18日【火】~23日【日】)。斡旋停止中の浅井康 [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「松山記念」

アサ芸プラス / 2014年03月06日09時57分

そろそろ優勝決めたい深谷知広が本命! 好走したことがあるバンクに入ると、選手には力がわいてくる。イメージのよさが、戦闘意欲を高めるからだ。 「松山記念」(3月6日【木】~9日【日】)に出走予定のS級S班は、後閑信一、成田和也、新田祐大、深谷知広。今年は、まだ2カ月過ぎたばかりとはいえ、4人そろって納得できる成績を残していない。次戦の名古屋ダービー(18日~ [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「高松全日本選抜」

アサ芸プラス / 2014年02月06日09時57分

平原康多◎だが金子貴志と深谷知広も差はない! 苦しい展開になっても活路を見いだすのが、真に力のある選手である。 今年のGI第1弾が「高松全日本選抜」(2月8日【土】~11日【火】)。4人入れ代わったS級S班を中心に、昨年の松山に続いて四国の地で熱戦が繰り広げられることになる。 2連覇がかかる平原康多の充実ぶりが目を引く。強さとうまさを兼ね備えたレースだった [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「KEIRINグランプリ」

アサ芸プラス / 2013年12月26日09時57分

深谷知広がシルバーコレクターに終止符 初出場選手とベテランの活躍が目立つのがグランプリである。 2013年の「立川グランプリ」(12月30日【月】)の9人を、予想される最終周の並びとともに紹介すると、先行するのは深谷知広─金子貴志─浅井康太の中部トリオ、中団に関東の平原康多─後閑信一─長塚智広、そして新田祐大─成田和也の福島両者は後ろ攻めと見た。12年、中 [全文を読む]

DMM競輪 4周年記念キャンペーン開催中!!競輪選手のサイン入り、DMM競輪オリジナルTシャツをプレゼント!

PR TIMES / 2016年06月14日11時19分

[画像1: http://prtimes.jp/i/2581/1064/resize/d2581-1064-508674-1.jpg ]◆DMM競輪4周年記念キャンペーン 第2弾応募期間:2016年6月6日(月)~ 2016年6月19日(日)賞品 :競輪選手サイン入りDMM競輪Tシャツ(合計16名様)村上義弘 選手(S級S班) ×2名様稲垣裕之 選手(S級 [全文を読む]

DMM競輪 4周年記念キャンペーン開催中!! 競輪選手のサイン入り、DMM競輪オリジナルTシャツをプレゼント!

デイリーニュースオンライン / 2016年06月14日11時00分

◆DMM競輪4周年記念キャンペーン 第2弾 応募期間:2016年6月6日(月)~ 2016年6月19日(日)賞品 :競輪選手サイン入りDMM競輪Tシャツ(合計16名様) 村上義弘 選手(S級S班) ×2名様 稲垣裕之 選手(S級S班) ×1名様 岩津裕介 選手(S級1班) ×1名様 深谷知広 選手(S級1班) ×1名様 早坂秀悟 選手(S級1班) ×1名 [全文を読む]

ロードバイク流行 競輪選手がポジションについてアドバイス

NEWSポストセブン / 2015年06月21日07時00分

競輪選手の深谷知広氏に「正しいポジショニング」について聞いてみた。 * * * 最近の自転車ブームには本当に驚いています。一般の方もいいロードバイクに乗っているのを路上で見かけますが、残念なのがポジションです。ポジションが合っていないと力を無駄に使ってしまうからです。 まず合わせるのはペダルにかかる靴の位置。足の裏の拇指球の位置にペダルが当たると自然に力が [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「全日本選抜」

アサ芸プラス / 2015年02月12日09時56分

西日本は中部の深谷知広─浅井康太は不動の連係も、近畿は稲垣裕之─村上義弘─村上博幸と脇本雄太─松岡健介─南修二で別線濃厚。九州は中川誠一郎─井上昌己─菅原晃で、ここに大塚健一郎が加われば強力ラインになる。岩津裕介は、いつもの単騎戦だろう。 残り1周半のジャン前から脇本が発進すると見るが、その前後に中川が仕掛ければレースは一気に動く。前でもがき合うようなら、 [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「奈良記念」

アサ芸プラス / 2015年01月29日09時56分

「奈良記念」(1月31日【土】~2月3日【火】)に出走予定のS級S班は、神山雄一郎、村上義弘、岩津裕介、深谷知広で、村上は初戦の立川記念で優勝。その後も和歌山の武田豊樹、大宮の平原康多とSS班が記念を3連勝しているが、今回は先行断然有利で知られる33バンク。道中の位置取りしだいでは、波乱の決着も十分ある。 地元ファンの期待が集まるのは、将太と竜生の三谷兄 [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「大宮記念」

アサ芸プラス / 2015年01月15日09時56分

「大宮記念」(1月15日【木】~18日【日】)に出走予定のS級S班は、平原康多、岩津裕介、浅井康太、深谷知広。08年から昨年までの7年間で4Vを飾っているのが平原。ホームバンクの利があるにしても、力がなければできることではない。今回は中部の深谷─浅井が強敵になるが、平原には機動力が持ち味の池田勇人、相川永伍と格好の目標があるだけに、負けられないシリーズに [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「立川記念」

アサ芸プラス / 2015年01月08日09時56分

西日本は、中部の深谷知広─浅井康太、近畿の脇本雄太─村上義弘、そして中川誠一郎─荒井崇博の九州両者に徳島の小倉竜二がつける。 先行するのは脇本も、まくり勢の巻き返しは早い。 ◎平原、○脇本、3番手評価が深谷と浅井。まくり合戦を制して、平原の2連覇濃厚だ。 「和歌山記念」(1月10日【土】~13日【火】)に出走予定のS級S班は、神山雄一郎、村上博幸、武田豊樹 [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「岸和田グランプリ」

アサ芸プラス / 2014年12月25日09時56分

シリーズの掉尾を飾る最終日のグランプリは3分戦になりそうだが、レースを左右するのは深谷知広の状態に尽きる。 9月前橋AS2日目に落車骨折して以来、3カ月半ぶりの実戦。誰もが認める実力の持ち主だけに人気を背負うことになるが、ぶっつけ本番で思いどおりのレースができるかどうか。対戦相手は、これまで数え切れないほど死闘を演じてきた勇者ばかり。レース勘が戻っていない [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「小倉競輪祭」

アサ芸プラス / 2014年11月20日09時57分

今年ここまでのGI覇者5人は、村上博幸、村上義弘、稲川翔、深谷知広、武田豊樹。グランプリへ残る4枚のシートは、獲得賞金(11月13日現在)で5位から8位に位置する浅井康太、岩津裕介、新田祐大、神山雄一郎が圏内も、出場権を手にしていると見ていいのは浅井だけ。最終日まで気の抜けない戦いが続くことになる。なお、深谷はグランプリに直行する。 九州勢で注目したいのは [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「千葉記念」

アサ芸プラス / 2014年10月16日09時57分

「千葉記念」(10月18日【土】~21日【火】)に出走予定のS級S班は後閑信一と深谷知広だが、負傷欠場明けになる深谷の出否は、直前まで微妙だろう。しかし、出てくれば本命になる。 地元千葉が充実している。S1だけで6人、そこに今期はS2も実力S1の根田空史が加わる。 千葉勢の中心になるのは石井秀治。頭角を現してきたのは昨年からで、勢いは今年になってさらに加 [全文を読む]

フォーカス