高橋政代のニュース

医師から起業家へ、バイオベンチャー「ヘリオス」鍵本忠尚のこれまでとこれから

Forbes JAPAN / 2016年08月25日12時00分

鍵本は、2014年、理化学研究所の高橋政代が行ったiPS細胞由来の網膜色素上皮細胞(RPE細胞)を加齢黄斑変性の眼病患者に移植するという世界初の手術の実用化を担う起業家であるが、同時に、医師という顔も併せ持つ。医師から起業家へ鍵本を転身させたものは何だったのか?鍵本は、その答えを教えるように、自身の名刺に描かれているオレンジ色の3つの三日月を指でなぞった。 [全文を読む]

「再生医療ビジネスシンポジウム in KRP Part X」を開催

@Press / 2017年09月15日17時00分

京都リサーチパーク株式会社(代表取締役社長:松尾 一哉)は、2017年9月26日(火)に、「再生医療ビジネスシンポジウム in KRP Part X」を開催します。本シンポジウムでは、産・学・公から再生医療分野の第一人者をお招きし、再生医療分野のビジネスを取り巻く現状の講演や来場者参加型のパネルディスカッションを行います。最新の研究や、実際の事業化事例、法 [全文を読む]

元東大総長などが登壇する若手科学者向けシンポジウム 3月16日に東京・港区のコクヨホールで開催

@Press / 2017年03月02日11時30分

<吉川 弘之対談シリーズ> http://www.jst.go.jp/csc/dialogue/index.html#dialogue07詳細はこちら プレスリリース提供元:@Press [全文を読む]

患者増加中の眼病「加齢黄斑変性」をiPS細胞で治す

プレジデントオンライン / 2016年12月27日09時15分

【鍵本】開発したのは理化学研究所の高橋政代先生です。高橋先生は、iPS細胞からつくった網膜色素上皮細胞を移植する技術を確立しました。簡単にいえば、耐用年数を超えて変性した細胞を、iPS細胞からつくった若い新しい細胞に置き換える技術です。我々はその技術を独占的に使える契約を結んで、実用化に向けて動いています。 【田原】治療法はできても実用化は簡単にいかない [全文を読む]

【ご案内】創立90周年・東レ先端材料シンポジウム2016

PR TIMES / 2016年08月30日10時06分

-」 東レ株式会社 代表取締役副社長 技術センター所長(CTO) 阿部晃一 10:35-11:35 特別講演1 「網膜再生医療−新しい事への挑戦」 理化学研究所 高橋政代氏 11:35-13:45 休憩 13:45-14:45 特別講演2 「Advances in Aerospace Materials(航空宇宙材料の進歩)」 ザ・ボーイング・カンパニー [全文を読む]

視覚障害者の“就労”に関する事例&アイデア募集コンテスト「アイシー ワーキング アワード」を開催

@Press / 2016年04月27日18時00分

ヒトiPS細胞を使った世界初の移植手術に成功した理化学研究所・高橋政代プロジェクトリーダーが提唱する、視覚障害者の社会価値の創出を目指すプロジェクト「アイシー運動」(運営:公益社団法人ネクストビジョン)では、このたび、見えない・見えにくい人の「就労」に関する事例やアイデアを募集し、表彰するコンテスト「アイシー ワーキング アワード」を創設した。 優秀な事例 [全文を読む]

園遊会で天皇からお声掛けされる「特別誘導者」の選ばれ方は

NEWSポストセブン / 2015年12月11日07時00分

今回は、漫画家の水島新司氏からiPS細胞の臨床研究で大きな成果を上げた理化学研究所プロジェクトリーダー・高橋政代氏、栃木県知事・福田富一氏、クリエイティブディレクター・佐藤可士和氏、長唄演奏者の宮田哲男氏といった並び順でした。懇談内容は陛下と特別誘導者が付けるピンマイクを通じて、国民にも伝えられます。 園遊会は、天皇皇后両陛下が主催する戸外の宴会です。明 [全文を読む]

雅子さま ご負担に感じられていた園遊会12年ぶりご出席の背景

NEWSポストセブン / 2015年11月16日07時00分

11月12日、この場所での天皇皇后両陛下主催の秋の園遊会に、漫画家の水島新司さん(76才)や、iPS細胞を世界で初めて臨床応用した、理化学研究所プロジェクトリーダーの高橋政代さん(54才)など約2400人が招待された。 園遊会は毎年春と秋の2回催されるが、両陛下をはじめ、皇族方が一堂に会され招待客と懇談されるという皇室にとって大切な会。だがこれまで12年 [全文を読む]

お台場で開催の科学イベント『サイエンスアゴラ2015』のシンポジウムに人気夫婦漫才コンビ宮川大助・花子が登場!

PR TIMES / 2015年11月13日15時09分

[画像2: http://prtimes.jp/i/7006/1888/resize/d7006-1888-177446-2.jpg ][画像3: http://prtimes.jp/i/7006/1888/resize/d7006-1888-283946-3.jpg ] [全文を読む]

お台場の科学イベントで大助・花子が“生”と医療を語る

Walkerplus / 2015年11月09日15時00分

パネリストとして、理化学研究所 網膜再生医療研究開発プロジェクト プロジェクトリーダー・高橋政代氏、日本医療研究開発機構 理事長・末松誠氏と共に、人気夫婦漫才コンビの宮川大助・花子も登壇。 '88年に妻の花子が胃がん、'07年に夫の大助が脳内出血と、夫婦共に重病を患った経験を持つ2人はこう語る。 「『生活、生命、人生』と『医療』とは、互いに『信頼、信用、 [全文を読む]

臨床研究・治験 日本の現状と国際比較から展望を探るシンポジウム開催「医薬品・医療機器の臨床研究と治験における最前線」2014年11月20日(木)15:15~ ホテルニューオータニ(ACERO)

DreamNews / 2014年10月24日18時00分

プログラム(敬称略): 開会挨拶 髙久史麿(日本医学会 会長) 来賓祝辞 二川一男(厚生労働省 医政局長)※調整中 第I部 講演 司会:三宅養三(愛知医科大学 理事長) 高橋政代(理化学研究所 網膜再生医療研究開発プロジェクトリーダー)ビデオインタビュー出演 「iPS細胞世界初の臨床応用」 第II部 シンポジウム 「日本における臨床研究と治験の現況と対策 [全文を読む]

「inochi未来プロジェクト実行委員会」の発足イベント「2014inochiフェスタ」開催

PR TIMES / 2014年09月22日09時23分

熱く盛り上がったライブに続き、ステージ上には、「水と光のまちづくり推進会議」より灘本正博・大阪商工会議所専務理事と岡本圭司・水都大阪オーソリティ長、「inochi未来プロジェクト実行委員会」より澤芳樹実行委員長、上本伸二・高橋政代の両実行委員、また、一般社団法人アスリートネットワークの柳本晶一理事長、朝原宣治・岡本依子の両副理事長、SCANDALのHAR [全文を読む]

フォーカス