城みちるのニュース

三四郎・小宮 相方の第一印象は「古畑任三郎の真似をしている城みちる」

太田出版ケトルニュース / 2014年08月13日08時20分

教室で取り憑かれたように古畑任三郎の真似をしている城みちる似のヤツがいて、そいつが相田でした」 相田 「あれは古畑任三郎の物真似をしている石橋貴明さんの物真似だから。小宮の第一印象は“イギリスの路地裏で小銭をせびってきそうな子ども”です」 そのような運命的な出会いを経て、やがてコンビを組むことになった2人。最近では“小宮バブル”が三四郎に訪れているが、それ [全文を読む]

風間杜夫×片瀬那奈の婚活映画『こいのわ 婚活クルージング』が11月公開

RBB TODAY / 2017年05月17日13時53分

風間と片瀬のほかにも、藤田朋子、小橋めぐみ、町田啓太、八嶋智人、海老瀬はな、城みちる、及川奈央、安井順平、金児憲史、コトウロレナ、未浜杏梨、デューク更家、そして友情出演として白石美帆と中山忍、特別出演として山本浩二といったキャストが名前を連ねる。 [全文を読む]

欽ちゃん、ベトナム美女とのデュエットにご満悦

モデルプレス / 2016年07月01日10時17分

若輩者ですが頑張って下さい」や「城みちるです。イルカにのってます」という流れになり、最後は「いいかげんに城」というコメントで笑いに包まれた。 ◆新しいコミュニケーション番組 同番組はユーザーとコミュニケーションを取りながら作りあげる新しい「コミュニケーションお笑い番組」がコンセプト。 第47回は、7月1日よる9時よりニコニコ動画「欽ちゃんネル」とFRESH [全文を読む]

有吉弘行「本当に寝てる」みのもんた“収録中の居眠り”を暴露

日刊大衆 / 2016年06月14日07時00分

また、有吉は広島出身者として歌手の城みちる(58)が出演していることがあり、「イルカの話だけなんだよ、(大阪と)戦えないんだよ、優しいから」と、悔しそうな顔を見せた。 その後、有吉がかつて広島出身者として『ケンミンSHOW』に出演した時のエピソードとして「本当にみのさん寝ているんだとかね。感動したことある」と、みのの収録中における居眠りを暴露。マツコが「そ [全文を読む]

語っていいとも! 第22回ゲスト・松木安太郎「代表も晩年に選ばれたので…何くそ!と上を目指してやってきました」

週プレNEWS / 2016年05月01日12時00分

男だと、城みちるは僕と同い年です。 ―それはまた伝説的な…。さすが堀越という錚々(そうそう)たる名前ですねぇ。 松木 当時、彼らの世界は仕事としてきちんとやっていけてましたから。サッカーは全く…大体、何をやっているの?という世界で。サッカーの選手ですと言っても「ああそうなんだ」という時代ですよ。 ただ、暁星の授業は早めにその次の学年の内容までやっていたので [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「林寛子」昭和のアイドルも懐メロになった!?

アサ芸プラス / 2015年11月30日06時57分

それで「その波に乗り遅れちゃいけない」ということで、2年半ぐらい前に江藤君、大場久美子ちゃん、城みちるさん、ザ・リリーズのおふたりと舞台をやったんですけど、それがまたバカウケだったんです。やっぱり皆さん、昭和の笑いとアイドルの歌を待ち望んでいてくださったみたいで。テリー うん、わかりますよ。今、テレビではなかなか観られないからね。林 で、それをまた再現した [全文を読む]

ゴールデンボンバーが不仲説を公言「そんなに仲良くないんです」

デイリーニュースオンライン / 2015年09月07日07時00分

嵐の相葉雅紀が、依頼者に変わって投稿された内容を調査するという番組内のコーナー『相葉雅紀代行調査』にて、「相葉とゴールデンボンバーのメンバー・歌広場の顔が似ているとネットで話題になっているが、実際に入れ替わったら他のメンバーは気付くのか調査してほしい」という依頼を受けた相葉は、「言われたことあるかな? (歌手の)城みちるに似ているとはよく言われる」と、怪 [全文を読む]

イルカ追い込み漁は残酷じゃない? だったらテレビはなぜ漁の詳細を報道しないのか

リテラ / 2015年05月26日21時30分

不幸せではないと思うよ僕は」 あんた、城みちるか(古くてすいません)? と思わずつっこみたくなったが、まあたしかに気持ちはわからなくない。そもそも獣肉食の習慣は欧米が本家だし、レジャーで鹿やうさぎを殺す文化も彼らの国のものだ。自分たちのそういう行為は許されて、なぜ、日本のイルカ漁やクジラ漁がダメなのか。根底には欧米人の特権意識もちらついている。 しかし、一 [全文を読む]

日本三景に三大祭、元祖御三家まで!「三言葉」及び「三大○○」を1000点以上も集めた『日本三大ブック』とは?

おたぽる / 2014年06月29日19時00分

代表的な日本三景(宮島、天橋立、松島)から始まって、三種の神器、造化三神なんて神話の時代の話から、全都道府県の三大祭に三大名所、芸能では元祖御三家(橋幸夫、船木一夫、西郷輝彦)に新御三家(郷ひろみ、西城秀樹、野口五郎)にニュー御三家(あいざき進也、城みちる、荒川務)、平成御三家(吉田栄作、織田裕二、加勢大周)。アリスとかキャンディーズとかの三人グループの [全文を読む]

百恵と淳子、「スタ誕」生みの親の奔走

アサ芸プラス / 2013年02月20日10時00分

作詞家として城みちるの「イルカに乗った少年」を手がけるなど、公私にわたって池田をフォローした。 「あの番組が始まる前は、とにかくスポンサーを探すのに必死。主人は朝から広告代理店や企業をかけずり回っていたのね」 日曜の午前中の番組とあって、ゴールデン帯ほど予算が潤沢ではない。オーディション番組の宿命で、新人歌手が誕生するまでのタイムラグもある。 ある日、司会 [全文を読む]

フォーカス