山崎洋一郎のニュース

『甘い復讐』(KADOKAWA)『激刊!山崎II』(ロッキング・オン・ジャパン)刊行記念 樋口毅宏×山崎洋一郎 トークイベント開催!

PR TIMES / 2014年03月14日18時22分

『さらば雑司ヶ谷』『民宿雪国』『タモリ論』など次々に話題作を出す作家・樋口毅宏さんと、「ROCKIN’ON」の名物編集長・山崎洋一郎さんによるトークセッションを開催します。アーティストへの偏愛を持つ二人が、ディープな音楽世界を語り尽くします。ご期待ください。書籍紹介『甘い復讐』著 樋口 毅宏元ホストの修は、セレブな人妻・早苗に金品を貢がせていた。二人の仲む [全文を読む]

コンシェルジュ、山崎情報産業と販売代理店契約を締結

PR TIMES / 2017年02月27日14時49分

ビッグデータ処理を通じて文書管理や各種データ変換に関するソリューションサービスを提供する老舗企業、山崎情報産業のネットワークで販売網を強化 株式会社コンシェルジュ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:太田匠吾 以下、コンシェルジュ)は、山崎情報産業株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:山崎洋一郎 以下、山崎情報産業)と販売代理店契約を締結し、AIチャ [全文を読む]

デヴィッド・ボウイ、大回顧展「David Bowie is」の日本開催を発表

okmusic UP's / 2016年01月09日12時00分

この記念すべき日を祝して、鋤田正義氏(写真家)、高橋靖子氏(スタイリスト)、山崎洋一郎氏(ロッキング・オン編集長)、計3名のデヴィッド・ボウイを愛する日本の著名人の方々からメッセージが寄せられているので、是非ご覧になってほしい。 photo by Jimmy King ■『David Bowie is』詳細ページ http://www.vam.ac.uk [全文を読む]

米津玄師、LINE LIVEで生配信決定&カメラアプリとのコラボ企画実施

okmusic UP's / 2017年02月09日19時30分

司会には「ROCKIN'ON JAPAN」「rockin'on」総編集長の山崎洋一郎が参加。新曲「orion」、そしてMVの制作秘話や撮影舞台裏話、この日しか見ることのできないメイキング映像の公開などを予定している。 また同日には、「orion」発売を記念して、カメラアプリ『B612』のコラボ企画もスタートする。こちらは同作品のジャケットアートワークをモチ [全文を読む]

【著者に訊け】樋口毅宏新作『ドルフィン・ソングを救え!』

NEWSポストセブン / 2015年12月17日16時00分

当初はそこまで熱心でもなかったんですが、『ロッキング・オン・ジャパン』の編集長だった山崎洋一郎さんの『次のロックの担い手である彼らが解散した損失は計り知れない』という物凄い熱量の文章に触発されて、解散後の2人を追いかけた。 ビートルズにしても解散も含めて一つの作品だったりするし、僕は『青春の終わりとは好きなバンドが解散することである』という考えなので」 ま [全文を読む]

死ぬか発狂?本物のキ×ガイスト!「電気グルーヴ」ドキュメンタリー映画予告編が解禁

AOLニュース / 2015年08月05日07時00分

電気グルーヴとは果たして何者なのか?」という英語でのナレーションからスタートし、懐かしい過去のライブ映像から、砂原良徳、DJ TASAKA、ケラリーノ・サンドロヴィッチ、スチャダラパー、山口一郎(サカナクション)、山崎洋一郎(rockin'on JAPAN総編集長)といった錚々たるメンバーによるインタビューが収録されている。 これまで世に出ることのなかった [全文を読む]

音楽界の異端児「電気グルーヴ」初のドキュメンタリー映画に。監督は『モテキ』大根仁

FASHION HEADLINE / 2015年07月14日20時00分

そんな個性あふれる2人を中心として、本作では旧メンバーの砂原良徳とCMJKを始め、「スチャダラパー」、「サカナクション」の山口一郎、ケラリーノ・サンドロヴィッチら錚々たるアーティスト、スマッシュ代表・日高正博や「rockinon’JAPAN」総編集長・山崎洋一郎など、「電気グルーヴ」を取り巻くスタッフの証言も織り交ぜ、知られざる歴史が語られることとなる。ま [全文を読む]

オアシスの1stアルバム20周年記念盤発売を祝して、国内外の著名人がコメントを発表!

okmusic UP's / 2014年05月15日14時30分

【その他の画像】Oasisコメントを寄せたのは、岸田繁氏(くるり)、栗原類氏(モデル・俳優)、後藤正文氏 (ASIAN KUNG-FU GENERATION)、サッシャ氏(ラジオDJ・タレント)、妹沢奈美氏(音楽ジャーナリスト)、マーク・コイル氏(『オアシス』プロデューサー)、山崎洋一郎氏 (ロッキング・オン 編集長)の計7名である。また、2014年はオア [全文を読む]

フォーカス