深町秋生のニュース

幻冬舎の電子書籍フェア「電本フェス」を8月2日より8週連続で開催!!

PR TIMES / 2013年08月02日15時25分

『弟』石原慎太郎(著)、『解夏』さだまさし(著)などのベストセラー作品の電子化と、好評既刊『渋谷ではたらく社長の告白』藤田晋(著)、『アウトバーン』深町秋生(著)の通常価格の約40%OFF販売。幻冬舎の電子書籍フェア「電本フェス」を8月2日より8週連続で開催いたします。『弟』石原慎太郎(著)、『全思考』北野武(著)、『irodori』高島彩(著)、『解夏』 [全文を読む]

役所広司の目が、声が、ヤバすぎる… 映画『渇き。』の中身を原作でチェック!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年06月25日12時30分

』は『嫌われ松子の一生』『告白』を手掛けた中島哲也監督の最新作で、第3回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した深町秋生のデビュー作『果てしなき渇き』(宝島社)を映画化したものである。 予告編を見ればお分かりの通り、とにかく主演の役所広司のテンションが尋常ではない。虚ろな目にドスの効いた声、長髪をなびかせながら血まみれで拳銃を振り回すその姿に「ロクデナシ [全文を読む]

【直木賞作家・東山彰良や、ミリオンセラー作家・海堂尊を発掘!】第15回『このミステリーがすごい!』大賞 最終候補作7作品が決定 !

PR TIMES / 2016年08月29日12時29分

大賞作品はすべてベストセラーとなり、累計57万部突破の『果てしなき渇き』(深町秋生、2014年映画化)や、『一千兆円の身代金』(八木圭一、昨秋テレビドラマ化)、『さよならドビュッシー』(中山七里、2013年映画化、今春テレビドラマ化)など、映像化作品も多数世に送り出しています。また、本賞の大賞賞金は文学賞最高額である1200万円です。 最終選考結果は、10 [全文を読む]

ミステリーは今、山形県が熱い!? 俊英・長岡弘樹の『赤い刻印』があなたの涙腺を直撃!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年06月06日17時30分

というのも『孤狼の血』が話題を呼んでいる柚月裕子をはじめとして深町秋生、吉村龍一など、同県は実力派のミステリー作家を多数輩出しているからだ。文芸評論家の池上冬樹率いる小説家講座の存在もあって同県は近年、東北ミステリー王国の観を呈している。 そしてもう一人。忘れてはいけない山形出身・在住のミステリー作家がいる。1969年生まれの俊英・長岡弘樹だ。08年に発表 [全文を読む]

舞台は超ブラックな人材派遣会社! 「金になるか」が基準の超悪女が君臨する『バッドカンパニー』に覚醒されよ!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年02月05日06時30分

ここはガツンと脳に刺激を送ってバリッといきたいもの…というわけで、人気作家・深町秋生のビビッドなアクション連作短編『バッドカンパニー』(集英社文庫)をご紹介しよう。屈強なスタッフを揃え、金さえ積まれれば護衛から拉致までなんでもやるという超ブラックな人材派遣会社「NAS」を舞台にした、脳みそ覚醒にうってつけの新刊文庫だ。 物語の第1話は早朝の錦糸町で有道了慈 [全文を読む]

有名作家を多数輩出!!「『このミステリーがすごい!』大賞」が本当にすごい4つの理由

ソーシャルトレンドニュース / 2015年09月26日15時00分

こちらも大賞作品が原作になっています(原作名は深町秋生『果てしなき渇き』)。このように映像化作品は、キャストはもちろん監督やそのスケールまでも、他の文学賞とは比べ物にならないのです。■4.何といっても小説が「すごい!」当然ですが、受賞作品は内容が「すごい!」です。今年14回目を迎えるこのミス大賞。多数の作家を輩出していますが、中でも私一押しの作家をご紹介し [全文を読む]

『このミステリーがすごい!』大賞、最終候補7作品が決定、大賞作品は10/1発表予定

PR TIMES / 2015年08月27日19時22分

大賞作品はすべてベストセラーとなり、累計56万部突破の『果てしなき渇き』(深町秋生)や、今秋、香取慎吾主演でドラマ化が決定している『一千兆円の身代金』(八木圭一)など、映像化作品も多数世に送り出しています。また、本賞の大賞賞金は文学賞最高額である1200万円です。最終選考結果は、10月1日(木)に発表予定です。今年選ばれる新しい才能にぜひご注目ください。【 [全文を読む]

“新進気鋭の現役東大生”が、『このミステリーがすごい!』大賞からデビュー!!

PR TIMES / 2015年02月12日11時11分

また、大賞作品はすべてベストセラーとなっており、これまでに、累計1000万部突破の『チーム・バチスタの栄光』シリーズ(海堂尊)や、累計54万部突破の『果てしなき渇き』(深町秋生)など、映像化作品も多数世に送り出しています。企業プレスリリース詳細へPRTIMESトップへ [全文を読む]

『このミステリーがすごい!』大賞受賞作、同級生女性コンビが描く学園ミステリーを発売

PR TIMES / 2014年12月24日10時17分

また、大賞作品はすべてベストセラーとなっており、これまでに、累計1000万部突破の『チーム・バチスタの栄光』シリーズ(海堂尊)や、累計54万部突破の『果てしなき渇き』(深町秋生)など、映像化作品も多数世に送り出しています。 著者の取材も可能ですので、是非、ご検討をいただけますと幸いです。これからも新しい作家・作品を発掘・育成し、業界の活性化に寄与してまいり [全文を読む]

第13回『このミステリーがすごい!』大賞決定!大賞は『このミス』大賞史上初の“女性コンビ作家”

PR TIMES / 2014年10月03日10時13分

大賞作品はすべてベストセラーとなっており、これまでに、累計1000万部突破の『チーム・バチスタの栄光』シリーズ(海堂尊)や、累計54万部突破の『果てしなき渇き』(深町秋生)など、映像化作品を多数世に送り出しています。また、大賞賞金は文学賞最高額である1200万円です。取材も可能ですので、是非、ご検討をいただけますと幸いです。これからも新しい作家・作品を発 [全文を読む]

米倉涼子 共演の斎藤工に「酔ったところ見てみたい!」

WEB女性自身 / 2014年08月04日22時00分

深町秋生の大人気小説「組織犯罪対策課 八神瑛子」のシリーズ第1作「アウトバーン」を実写化した同ドラマ。米倉は捜査のためには手段を選ばない“カメレオン女”と呼ばれ、14種類の衣装を着こなす女刑事という派手な役柄を演じている。米倉は「久しぶりに挑戦させて頂きたい役柄だった」といい、「着替えばかりで忙しかったけれど、楽しかった」と演じた感想を述べた。 そんな米 [全文を読む]

役所広司「スタンガンの傷は橋本愛さんとの思い出」 映画『渇き。』が公開!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年06月30日19時10分

関連情報を含む記事はこちら 本作は、第3回「このミステリーがすごい!」大賞の深町秋生原作の「果てしなき渇き」を映画化。元刑事の藤島(役所広司)が失踪した娘・加奈子(小松菜奈)の行方を追う中、“知らない家族を取り戻すべく像”に戸惑い、暴走していく物語。 藤島昭和役の役所広司さんは「激しいバイオレンスの向こうに人間ドラマを感じていただければ嬉しいです。」と挨拶 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】映画『渇き。』で娘役の小松菜奈に中島哲也監督もびっくり。「土屋アンナでもしない。凄い大物!」

TechinsightJapan / 2014年06月28日21時00分

映画『嫌われ松子の一生』(2006年)や『告白』(2010年)などを手がけてきた中島哲也監督が次に選んだのは第3回『このミステリーがすごい!』大賞となった深町秋生氏の推理小説『果てしなき渇き』だった。映画『渇き。』のキャッチコピーは、「愛する娘は、バケモノでした。」「あなたの理性をぶっ飛ばす劇薬エンタテインメント!」。バイオレンスシーンも多く、R15+とし [全文を読む]

『渇き。』クズすぎる親父、役所広司の18禁ギリギリの血まみれ&恫喝シーンがヤバい

AOLニュース / 2014年06月24日22時00分

第3回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した、深町秋生原作の「果てしなき渇き」を、中島哲也監督×役所広司主演で映画化した『渇き。』。この作品で役所は、失踪した美しい一人娘の行方を狂気に駆られながら追う元刑事・藤島を演じているのだが、伸び切った髪をだらしなく束ね、よれた服に、眼はクマだらけという異様な様相も不気味ながら、解禁された映像ではさらに、怒号、 [全文を読む]

中島哲也『告白』以来4年ぶり新作は理性や論理を超えた“バイオレンス”

ダ・ヴィンチニュース / 2014年06月15日07時20分

原作は、深町秋生のデビュー作『果てしなき渇き』。深町は、人間の執念や鬱屈に焦点を当てたノワールミステリーの書き手である。今作は失踪した娘を追うなかで狂気と暴力に満ちていく元刑事の父親を主人公にしたストーリーで、深町作品の中でも特に、殺人、暴行、拷問、ドラッグ……とバイオレンスの塊。デビュー作ゆえの作家が放つエネルギーが暴発したような内容だ。「この劇薬、映像 [全文を読む]

小松菜奈&中谷美紀、「中島哲也監督はやさしいクマさんみたい」

Entame Plex / 2014年06月09日23時55分

加えて本作の原作は、第3回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した深町秋生の小説「果てしなき渇き」。 累計発行部数36万部を超えるベストセラーながらも、その過激すぎる内容が故に映像化が難しいであろうと考えられていたが、中島監督の手によって、原作を踏襲しつつも“劇薬エンタテインメント”として映像化に成功した。 謎の失踪を遂げる優等生の娘・加奈子役のオーディ [全文を読む]

役所広司 暴走する主人公演じ「まさに“狂犬”」

WEB女性自身 / 2014年06月09日22時00分

第3回「このミステリーがすごい!」大賞受賞の深町秋生の小説「果てしなき渇き」を映画化した本作。元刑事でロクデナシの父親(役所)が、突如、失踪した優等生の娘(小松)を捜すうち、娘の知られざる顔があらわになってくる。役所演じる父は、捜査中激情に押されて暴走してしまう。「まさに“狂犬”。こういう役は初めてで、沢山のことにチャレンジした。とんでもなくダメなやつだけ [全文を読む]

中島哲也監督最新作「渇き。」が公開繰り上げに

Entame Plex / 2014年05月17日11時25分

本作は、深町秋生のデビュー作『果てしなき渇き』が原作で、中島哲也が門間宣裕、唯野未歩子と共同で脚本執筆を行い、主人公である元刑事の父・藤島を役所広司、そして成績優秀なうえ容姿端麗で学園のカリスマ的存在の女子高生の娘・加奈子を新人女優の小松菜奈が演じる。 ストーリーは加奈子が失踪することから始まり、姿を消した娘の行方を追うことになった藤島が娘の交友関係をた [全文を読む]

フォーカス