石橋正二郎のニュース

資産家有名人達の相続事情 故・宇津井健氏や鳩山家の場合は

NEWSポストセブン / 2014年07月30日07時01分

鳩山由紀夫・元首相と鳩山邦夫・元総務相の母で、ブリヂストン創業者の故・石橋正二郎氏の長女である安子さんが13年2月に亡くなった。安子さんはブリヂストン株式など300億円ともいわれる莫大な資産を保有していた。 相続税の額は発表されていないが、邦夫氏は納税のためにブリヂストン株約29億円分を売却していたことが今年6月の資産公開で明らかになっている。兄の由紀夫氏 [全文を読む]

8年連続!タイヤ世界王者の「最強グローバル経営」

プレジデントオンライン / 2016年12月08日08時45分

創業者、石橋正二郎がつくった社是「最高の品質で社会に貢献」をミッションとし、その使命を果たすために、「誠実協調」「進取独創」「現物現場」「熟慮断行」の4つの心構えを挙げてきた。しかも「読み方は日本語のままで浸透を図りたい」と海外のスタッフが望んだ。こうして世界に散在するグループ社員が共通の価値観を共有し、一体感を高める効果が生まれた。 12年、荒川の後を継 [全文を読む]

財閥の同族経営で、成否を分けたのは何か?[富豪のトリビア45 -Part9]

Forbes JAPAN / 2016年07月24日17時00分

福岡県久留米市の仕立屋の次男として生まれた石橋正二郎は、第一次世界大戦の頃、足袋の底にゴムを貼り付けた地下足袋を考案。のちに親戚になる、三井三池炭鉱を経営して三井財閥の総帥となった團琢磨に掛け合って実用化した「アサヒ地下足袋」が、世界的なヒット商品になる。やがて自動車タイヤの国産化に成功して、正二郎は1961年には長者番付1位に。日本有数の富豪の地位を確立 [全文を読む]

急死した鳩山邦夫の”天才伝説”と舛添要一との隠れた因縁

デイリーニュースオンライン / 2016年06月25日12時07分

さらに母方の祖父はブリジストン創業者の石橋正二郎という超セレブ&エリート一家の出身であり、幼少時から抜群の頭の良さを見せてきたという。参考書は本屋で立ち読みしただけで暗記、高校時代の全国模試で何度も全国1位を獲得し、当然のごとく東大法学部へ入学。 「最近は知りませんが、かつては駿台予備校の模試で現役高校生が全国1位を取ったのは、私と、同じ高校の後輩の片山さ [全文を読む]

【海外でも人気】職人靴「地下足袋」がスニーカーに進化?履き心地がめっちゃ優秀!

しらべぇ / 2015年05月15日11時00分

(商業化したのはブリヂストンを創業した石橋正二郎氏)。 世界に名の知れるブリジヂストンタイヤは、この地下足袋ゴムのノウハウが発展したからこそ。 こうして生まれた地下足袋は、職人さんやお祭りの時にしか登場しなかったものの、最近ではオシャレに、普段使いできるアイテムとして進化を遂げていたのです。 ■伝統×オシャレ=履き心地も抜群! たとえばこちらの「SOU・S [全文を読む]

ハエや蚊の殺し屋、で…誰もが知る有名企業の意外な社名の由来・7社を紹介

しらべぇ / 2014年10月10日06時00分

創業者・石橋正二郎氏の名前から取ったといわれているものですが、苗字である「石橋」を英語直訳した際の「Stone Bridge」ではなんだか語呂が悪いということで、順序を逆にして「Bridgestone」にしたものです。 ちなみに、先程から表記している通り、日本語での表記は「ブリジストン」ではなく「チ」に濁点で「ブリヂストン」が正しい表記です。 ●意外度30 [全文を読む]

ブリヂストン「免震ゴム採用」百貨店 震災時の被害予測は?

NEWSポストセブン / 2014年03月15日07時00分

石橋正二郎氏が創業した同社にとって長年「ゴム」という柱は変わらない一方で、大きな岐路がいくつかあった。ジャーナリストの永井隆氏が、「一輪車経営」からの脱却を目指すブリヂストンの「免震ゴム」事業についてリポートする。 * * * 生活、社会のあらゆる場に活用されているゴム。タイヤで培った技術をベースに、ブリヂストンは様々なゴム関連事業を展開している。港で船 [全文を読む]

故鳩山安子さん 息子に42億円生前贈与も300億円以上の資産残る

NEWSポストセブン / 2013年02月15日16時00分

ブリヂストンの創業者である故・石橋正二郎氏(享年87)の長女として生まれた安子さんが元外相の鳩山威一郎氏(享年75)と結婚したのは1942年。鳩山家のゴッドマザーとしての莫大な資金源は、1976年に亡くなった父の遺産相続に始まる。主にブリヂストンの株でざっと100億円以上。1993年12月に威一郎氏が亡くなると、150億円以上ともいわれる鳩山家の財産を相 [全文を読む]

孫正義氏 同郷のブリヂストンを抜ける根拠のない自信あった

NEWSポストセブン / 2012年01月07日07時00分

(文中敬称略) * * * ──孫さんにとって、郷土の英雄の石橋正二郎(ブリヂストン創業者)は真っ先に目標とした事業家だったんじゃないですか。 「石橋家は、鳥栖や久留米に生まれた人間にとって、もう完全に雲の上の存在でしたね。子どもの頃の目標としては、鳥栖の親父が建てた家の近くに本社があるサロンパスの久光製薬でした。でも、僕は子どもの頃から『ブリヂストンもサ [全文を読む]

フォーカス