佐々木貴のニュース

学習院大学が6月10日に第21回生命科学シンポジウム「高齢化社会を科学するII」を開催 -- 研究ブランディング事業「超高齢化社会への新たなチャレンジ」の一環

Digital PR Platform / 2017年05月25日08時05分

当日は、沖縄科学技術大学院大学の柳田充弘教授、慶應義塾大学医学部百寿総合研究センターの佐々木貴史専任講師、桜美林大学老年学総合研究所の鈴木隆雄所長が「百歳ドックで健康百歳を目指す」を共通テーマに、それぞれの専門分野から高齢化社会について講演。健康寿命を延ばす研究の現状を語る。受講料無料、事前申し込み不要。 「生命科学シンポジウム」は、学習院大学が生命科学科 [全文を読む]

「DEATH MATCH EXTREME BOOK 戦々狂兇」発売記念! 9/12(月)“デスマッチのカリスマ“ 葛西 純選手のトークショー&サイン&撮影会 開催!

DreamNews / 2016年09月01日10時30分

会場では「9.15 佐々木貴選手20周年記念後楽園ホール大会チケット即売会」「ギャラリー展示」なども予定しておりますので、こちらもお見逃しなく! イベントの参加券は、9月1日より、書泉グランデBFで『DEATH MATCH EXTREME BOOK 戦々狂兇』をご予約・ご購入いただいた方に配付いたします。 試合内容や撮り下ろしフォト、選手へのインタビューな [全文を読む]

吹き出す大量の血に興奮! “デスマッチのカリスマ”が語るプロレスを上回る非日常の戦いとは

週プレNEWS / 2015年11月06日06時00分

今回、同団体に所属する“デスマッチのカリスマ”葛西純と、FREEDOMSの選手兼代表である佐々木貴の痛くて危険な「デス対談」が実現。ふたりが語った“デスラー”としてのプライドと究極のデスマッチ像とは? ■デスマッチとはダチョウ倶楽部である!? ―最初にデスマッチとは一体、何か?を教えてください。プロレスとはどこが違うのでしょう。 佐々木 プロレスもデスマッ [全文を読む]

閲覧注意! 染谷・菊池凛子夫妻もハマる“デスプ”女子急増中、流血必至のデスマッチとは

週プレNEWS / 2015年10月31日15時00分

一体、何がファンの心を揺さぶるのか? 自らもデスマッチのリングに上がるFREEDOMS佐々木貴代表は言う。 「血みどろになって戦って、普通の人が見れば『バカなことをやっている』で終わりでしょう。でもそこに『これが俺の生き方だ』と胸を張れる生きざまがある。デスマッチは生きざまであり覚悟です。そこにお客さんは熱狂し、涙を流してくれる。僕らの試合を見てもらって何 [全文を読む]

上間綾乃、“魂を震わせる”アルバム発売記念ツアー最終公演

okmusic UP's / 2016年11月29日14時00分

1曲目を歌い終えると、大きな拍手のなか本日のバンドメンバーである、園田涼(Pf/Key/鍵盤ハーモニカ)、佐々木貴之(Gt)、桑迫陽一(Perc)が登場。美しいメロディが印象的な子守唄「童神」、「綾蝶」(あやはべる)、フラメンコを思わせる激しい情熱的なナンバー「里よ」を披露。鮮やかな楽曲郡にファンは酔いしれた。 MCでは、東京都心で54年ぶりとなった11 [全文を読む]

落語家、プロレスラー…“万年最下位争い”の「横浜ベイスターズ」に魅了される人々に、その理由を聞いた!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年07月24日15時00分

落語家の入船亭扇里氏と、プロレスラーの佐々木貴氏(FREEDOMS代表)。本書の魅力とはなにか。なぜそんなにもベイスターズを愛するのか。■落語家・入船亭扇里 サンキュータツオ氏いわく、「誤解を恐れず言えば、“つまらない”と“ちょっと面白い”のギリギリ」の落語家。ベタすぎて普通は怖くてできないオチにも、ニコニコしながら迷いなく向かっていく。それが不思議と、面 [全文を読む]

蛍光灯が生産禁止…あのマニアックなファンから怒りの声?

週プレNEWS / 2015年12月18日06時00分

現在、自らも蛍光灯デスマッチのリングに上がるFREEDOMSの佐々木貴代表にその魅力を聞いてみた。 「蛍光灯はデスマッチのアイテムとして最高です。真空管が割れる時の『ボンッ!』という破裂音、不気味に舞う煙。割れたら、ただのガラス片なので、たくさん血も出ます。しかも、割り方はレスラーの自由ですからセンスも問われるんです」 過去にはロープ4面どころか、リング [全文を読む]

流血、骨露出…過激すぎてテレビ放送できない!「デスマッチ」プロレス、なぜ大人気?

Business Journal / 2015年11月30日06時00分

代表兼レスラーの佐々木貴氏に話を聞いた。●交流を通じてファン拡大「不器用で効率が悪いかもしれませんが、僕はとにかく色々なところに足を運びます。そこでたくさんの人と知り合い、横のつながりを広げることを大事にしています」(佐々木氏、以下同) FREEDOMSに新規ファンが多い理由のひとつを、佐々木氏はそう話す。同団体には営業マンがいない。代表である佐々木氏自ら [全文を読む]

天龍引退試合はVSオカダ・カズチカ!約40歳差の歴史に残る一戦は果たして…

まぐまぐニュース! / 2015年09月03日00時00分

天龍プロジェクトの嵐、北原光騎、舞牙、ドラゴンJOKER、全日本プロレスの諏訪魔、大日本プロレスのグレート小鹿、プロレスリング・ノアの小川良成、KAIENTAI DOJOのリッキー・フジ、DDTプロレスリングの高木三四郎、DRAGON GATEの新井健一郎、フリーダムズプロレスの佐々木貴、レッスル・ワンのKAIが出席しました。 平成対昭和! プロレス界の歴 [全文を読む]

硬いもの食べなくなり顎未発達の子供 小6の55%が問題アリ

NEWSポストセブン / 2012年03月29日07時00分

乱ぐい歯とも呼ばれる『叢生(そうせい)』の子供がもっとも多く、ある小学校の調査によると小学6年生では55%もいるというデータも(『口腔衛生会誌J Dent Hlth 58: 158-167, 2008』小学生における歯列・咬合状態の追跡研究 佐々木貴浩ほかより)。そんな子供たちの歯並びを治す矯正治療の中でいま注目されているのが『床矯正』だ。床矯正研究会主幹 [全文を読む]

フォーカス