後藤謙次のニュース

「安倍政権はタガが外れている」『報道ステーション』後藤謙次の安倍批判がキレキレ! 御用記者に何が?

リテラ / 2017年05月12日18時50分

しかし、そんななかで真っ当に批判を繰り出しているのが、意外にも『報道ステーション』(テレビ朝日)コメンテーターの後藤謙次氏だ。 たとえば、「読売を熟読しろ」発言が飛び出した今月8日の放送では、「自民党総裁としての立場と内閣総理大臣の立場は違うんだと。その使い分けの一つの舞台装置として読売新聞を使ったと、こう言っているようなもの」「はっきり言えば『メディア [全文を読む]

視聴率好調でも危惧される新『報道ステーション』。気になる変化に懸念の声…

週プレNEWS / 2016年04月22日06時00分

4月初め、実際の取材VTRを使い、本番さながらのリハーサルを行なったんですが、新キャスターの富川悠太(とみかわ・ゆうた)アナとコメンテーターの後藤謙次・共同通信客員論説委員の会話がまったく弾まない。 後藤さんはぼそぼそと歯切れの悪いコメントをするだけだし、富川アナは聞き役に回るだけ。『これではスタート前から番組崩壊だ』と、スタッフがパニックになったほどです [全文を読む]

<県民の意思は反映されてる?>全員自民党の福井県は超個性派ぞろい

メディアゴン / 2017年02月01日07時30分

「報道ステーション」でコメンテーターの後藤謙次氏も何度か言及していますが、安倍総理はこれまでの選挙では集団的自衛権・安保法制も憲法改正も選挙の主たる争点としませんでした。原発再稼働推進、カジノ法案も同様です。要は国民の多くが反対しそうなことは、たとえ重要であっても選挙の主な争点からはずしてきたのです。そうやって選挙に勝ち、数を得るや選挙で審判を受けていない [全文を読む]

安倍首相と読売ナベツネらマスコミ幹部がまた“癒着“会食! 共同通信社長は仲間入りのため米軍基地の報道姿勢転換

リテラ / 2016年09月05日23時00分

さらに今年1月21日にも同じメンバーに『報道ステーション』コメンテーター就任前の後藤謙次氏を加えて読売本社にて会食を行っている。「この読売での会食は渡辺氏が音頭をとって去年くらいから始まったものですが、安倍首相とマスコミ幹部の会食の中ではもっとも重要視されているものです。安倍首相と渡辺氏のお眼鏡にかなったマスコミ幹部や評論家だけが呼ばれ、今後の政局や政策に [全文を読む]

沖縄・米軍属の事件を「封じる」と問題発言!『報ステ』後藤謙次に共同通信時代、大物政治家の追及を封じた過去

リテラ / 2016年05月20日22時09分

昨日、『報道ステーション』(テレビ朝日)のコメンテーターで、共同通信社客員論説委員の後藤謙次氏が、番組内で信じられない言葉を吐いたのだ。 まず、米軍属男性の逮捕を報じた『報ステ』では、富川悠太キャスターや取材記者が「政府は事件のことよりも選挙を気にしているのでは」「大きな事件と認めたくないという冷たい印象」「なぜこの事件が起きたかを考えるべき」と言及するな [全文を読む]

テレビで憲法がタブーになった! 憲法記念日に民放はスルー、NHKは政治家に丸投げ

リテラ / 2015年05月05日21時00分

『報道ステーションSUNDAY』(テレビ朝日系)は、一応、元共同通信記者の後藤謙次が「国民不在で進みすぎている」とコメントしたが、これも特集ではなく数分間のニュース解説の枠にすぎない。社会問題も扱う『サンデー・ジャポン』(TBS系)や『ワイドナショー』(フジテレビ系)、『Mr.サンデー』(同)では、憲法にまったく触れずじまいだった。 さらに、翌日4日(月) [全文を読む]

「維新は打ち切り」「山本は日本人としてありえない!」 東国原議員、深夜のテレビで吠えまくる!

メンズサイゾー / 2013年11月19日15時05分

もちろん東国原氏は、テレビ番組だったらという前置きをしていたが、専門家として出演していた政治ジャーナリストの後藤謙次氏は、「これは重大発言ですね」とツッコんでいた。これに対して東国原氏は、直近の選挙で負け続けているので、「執行部の入れ替えをしなければならないと要望したが、全部もみ消された」と言い、いくら進言しても党が動かないと嘆いていた。原発問題にしろ北朝 [全文を読む]

講演依頼サイト「東京リーダーズ・バンク」がスタート!!

PR TIMES / 2013年10月08日17時22分

主な講師陣 田原総一朗、竹中平蔵、榊原英資、齊藤精一郎、野口悠紀雄、佐々淳行、手嶋龍一、齋藤孝、田崎真也、坂本光司、服部幸應、夏野剛、藤巻健史、藤巻幸大、東国原英夫、遠藤功、畑村洋太郎、後藤謙次、小室淑恵、古田敦也、杉山愛、堀潤、飯田泰之など 東京リーダーズ・バンク(Tokyo Leaders Bank) http://leaders-bank.toky [全文を読む]

国際シンポジウム『世界からみた北方領土』開催 一般公募参加者募集中(3月6日受付締切)

@Press / 2013年02月20日13時30分

【『世界からみた北方領土』募集概要】 募集期間 :~2013年3月6日(水) 日時 :2013年3月16日(土)13:30~16:00(12:30開場) 場所 :新宿住友ビル 地下1階 新宿住友ホール(東京都新宿区西新宿2-6-1) 主催 :独立行政法人北方領土問題対策協会 プログラム:第1部 基調講演「北方領土の現状と問題」 第2部 パネルディスカッシ [全文を読む]

フォーカス