笠井潔のニュース

「ジャンプ」「サンデー」「マガジン」で育ったがゆえの刷り込みとは?──恩田陸 (後篇)

文春オンライン / 2017年02月26日07時00分

それこそ奥泉光さんの『葦と百合』とか、笠井潔さんの『天啓の宴』とかが出ていて。それに乗っかったわけじゃないんだけれど、今になるとメタフィクションを書いていたんだなと思いますね。 ――その次の『光の帝国 常野物語』(97年刊/のち集英社文庫)は間を置きつつ、シリーズとして書かれていますよね。『蒲公英草紙 常野物語』(05年刊/のち集英社文庫)と、『エンドゲー [全文を読む]

内田樹×白井聡 ベストセラー論客が暴く、戦後日本人の精神構造 「トップが大人への成長を放棄、日本は“子供と老人しかいない国”になってしまった」

週プレNEWS / 2015年05月24日06時00分

著書に『永続敗戦論』(太田出版)、『日本劣化論』(笠井潔氏と共著・ちくま新書)、『偽りの戦後日本』(カレル・ヴァン・ウォルフレン氏と共著・KADOKAWA)など (構成/川喜田 研 撮影/祐実知明) [全文を読む]

内田樹×白井聡 ベストセラー論客が怒りの対談!「安倍外交は思考停止状態の“葛藤なき対米従属”。自ら進んで愚鈍化している」

週プレNEWS / 2015年05月23日06時00分

著書に『永続敗戦論』(太田出版)、『日本劣化論』(笠井潔氏と共著・ちくま新書)、『偽りの戦後日本』(カレル・ヴァン・ウォルフレン氏と共著・KADOKAWA)など (構成/川喜田 研 撮影/祐実知明) [全文を読む]

沖縄県知事選直前対談 白井聡×赤坂真理「沖縄こそがあるべき日本の姿。怒りを忘れた本土は国として死んでいる!」(PART3)

週プレNEWS / 2014年11月16日06時00分

今年は『日本劣化論』(笠井潔氏と共著、ちくま新書)を発表 ●赤坂真理(あかさか・まり) 1964年生まれ、東京都出身。2012年に発表した小説『東京プリズン』(河出書房新社)で自身のアメリカ留学体験をもとにして戦後の日米関係を考察したことで話題に。今年は『愛と暴力の戦後とその後』(講談社現代新書)でより幅広く戦後史を考察した ●週刊プレイボーイ47号「沖縄 [全文を読む]

沖縄県知事選直前対談 白井聡×赤坂真理「沖縄こそがあるべき日本の姿。怒りを忘れた本土は国として死んでいる!」(PART2)

週プレNEWS / 2014年11月15日06時00分

今年は『日本劣化論』(笠井潔氏と共著、ちくま新書)を発表 ●赤坂真理(あかさか・まり) 1964年生まれ、東京都出身。2012年に発表した小説『東京プリズン』(河出書房新社)で自身のアメリカ留学体験をもとにして戦後の日米関係を考察したことで話題に。今年は『愛と暴力の戦後とその後』(講談社現代新書)でより幅広く戦後史を考察した ●週刊プレイボーイ47号「沖縄 [全文を読む]

沖縄県知事選直前対談 白井聡×赤坂真理「沖縄こそがあるべき日本の姿。怒りを忘れた本土は国として死んでいる!」(PART1)

週プレNEWS / 2014年11月12日06時00分

今年は『日本劣化論』(笠井潔氏と共著、ちくま新書)を発表 ●赤坂真理(あかさか・まり) 1964年生まれ、東京都出身。2012年に発表した小説『東京プリズン』(河出書房新社)で自身のアメリカ留学体験をもとにして戦後の日米関係を考察したことで話題に。今年は『愛と暴力の戦後とその後』(講談社現代新書)でより幅広く戦後史を考察した ●PART2は11月15日にア [全文を読む]

フォーカス