川田亜子のニュース

“宮根事務所”に移籍した田中みな実アナの背後に、故・川田亜子さんを“追い込んだ”X氏の影が……

日刊サイゾー / 2014年07月01日11時00分

故・川田亜子さんが練炭自殺を図った際に「彼女を追い込んだと名指しされたのがX氏。最近では、日本人初のミス・インターナショナルに輝いた吉松育美さんにストーカーまがいの行為をしたと週刊誌で報じられました」(ワイドショー関係者)。 X氏は宮根の所属する「テイクオフ」とも近く、妻の立花経由で田中アナの揺れ動く胸中を伝え聞き、口説き落としたといわれる。 「X氏は女子 [全文を読む]

“ストーカー被害”元ミス世界一の吉松育美がネット署名活動を開始「安倍首相とオバマ大統領に問題訴える」

メンズサイゾー / 2014年01月10日16時05分

このトラブルの背景には、吉松の海外エージェントを務めるマット・テイラー氏と谷口氏の金銭トラブルがあり、両氏は08年に自殺した元TBSアナウンサー・川田亜子さんをめぐって衝突したこともあった。 谷口氏は電話で川田亜子さんの名前を出して「娘さんが彼女のように自殺してしまうことになると心配しています」と吉松の実家に警告しており、吉松は「誰かに殺されるのでは」と恐 [全文を読む]

現役ミス世界一のストーカー騒動 「疑惑の男」に川田亜子さん脅迫の過去?

メンズサイゾー / 2013年12月17日19時00分

吉松によると、谷口氏は08年に自殺した元TBSアナウンサー・川田亜子さんの名前を出して「娘さんが彼女のように自殺してしまうことになると心配しています」と話したという。 川田さんの自殺をめぐっては、現場状況や生前の彼女の行動に不自然な点があったことから、さまざまな「疑惑」が今もささやかれている。この電話について吉松は「あたかも心配しているような口調で言ってい [全文を読む]

川田亜子アナ自殺事件の「疑惑の男」がストーカー行為…殺されるまで警察は動かない?

messy / 2013年12月12日15時20分

それを痛感させる事件だった「元TBSアナウンサー・川田亜子さんの自殺」。2008年5月、東京都港区海岸の路上に駐車してあった車内で、練炭自殺をしたと報じられたこの事件は、しかし、様々な疑惑を今もはらんだままである。果たして本当に自殺だったのか、他殺ではなかったのか。川田アナの実父がいくら訴えても警察が捜査することはなかったが、あれから5年もの歳月が経った今 [全文を読む]

安倍首相を悩ます昭恵夫人「核兵器解体」詐欺師との“ただならぬ関係”!(2)昭恵夫人が集金活動に協力

アサ芸プラス / 2017年04月10日05時55分

08年、車中で練炭自殺した元・TBSアナウンサーの川田亜子さん(享年29)の最後の恋人として注目を集め、「(彼女は)自殺未遂を何度も繰り返していた」などと幾度もメディアで喧伝した過去もある。募金はマット氏が代表を務めるNPO団体「GNDF(世界核兵器解体基金)」の活動資金になったという。「しかし、今日に至るまで核の一つも解体していません。団体立ち上げ当初こ [全文を読む]

ASKAの訴える「ストーカー被害」が本当である可能性……清水由貴子や川田亜子も被害者?

日刊サイゾー / 2016年07月23日11時00分

同氏が過去に取材した中では、2009年に自殺したタレントの清水由貴子さんが死の直前、関係者に残した手紙にサイバーストーキング被害を訴える記述があったり、08年に自殺したアナウンサーの川田亜子さんもまた、死の数カ月前に、警察に対し同様の被害を訴えていたことを知ったという。 [全文を読む]

大手芸能プロ幹部の脅迫被害を撤回の吉松育美「事実無根とは言っていない。違和感ある」

Business Journal / 2016年02月24日07時00分

13年6月には、A氏から吉松氏の実家や父親の携帯電話に連絡がいくようになり、川田亜子さん【編註:元TBSアナウンサーで08年に自殺】の名前を出して「(吉松氏が)同じような目に遭う」と言われたこともあったという。 また、成立寸前だったCM契約がクライアントへの圧力によって反故にされたり、自宅周辺を探偵が嗅ぎ回ったりと、公私共に甚大な被害を受けたため、吉松氏は [全文を読む]

清原逮捕に立花胡桃がテレビで「夫は売人じゃない」! でも発言を紹介したニュースが数日後、跡形もなく...

リテラ / 2016年02月11日13時00分

その最たるものが、元TBSアナでフリーアナウンサーだった川田亜子氏の自殺への関与だ。2008年5月に港区海岸路上に駐車された車内で川田氏の遺体が発見された。車内には石炭と遺書があり自殺とされたが、その川田氏の元恋人で、TBSから引き抜いたのがA氏だった。 ところが、自殺の半年ほど前に2人は破局。川田氏は精神的に追い詰められ、仕事を干されたあげく自殺したと [全文を読む]

相模原死体遺棄事件の闇……“自称プロデューサー”容疑者は出会い系常習のキャバ店員

日刊サイゾー / 2015年07月02日17時00分

「亡くなってしまった元TBSの川田亜子アナが同じ大学出身で、彼女は婚約者が川田さんと面識があるって話をしていました」 [全文を読む]

美肌1位は…!47都道府県「美肌ランキング」すべて発表!

Woman Insight / 2014年11月20日19時30分

あなたの出身県、何位ですか!? ◆美肌県ランキング◆ 1位 島根県(美肌偏差値72.9) 【出身女性芸能人】江角マキコさん、竹内まりやさん、田中美佐子さん、福島弓子さん(TBSアナウンサー) 2位 高知県(美肌偏差値66.8) 【出身女性芸能人】島崎和歌子さん、ソニンさん、広末涼子さん、岡本真夜さん 3位 愛媛県(美肌偏差値66.2) 【出身女性芸能人】青 [全文を読む]

安倍首相夫人アッキーの本が出版中止か?原因は芸能界タブーにふれたから...

リテラ / 2014年09月26日19時00分

芸能マスコミへの影響力は相当なもので、以前、谷口氏がつきあっていた川田亜子が自殺した際もさまざまな疑惑がもちあがったが、マスコミはまったく書けなかった。今回も吉松氏の告発をまともに取り上げたのは『週刊文春』くらいで、ほとんどのメディアは無視していた」(週刊誌記者) ところが、そんな中、なぜか昭恵夫人が「吉松さんと一緒に闘う」と全面擁護を宣言したのだ。当時の [全文を読む]

【ウラ芸能】田中みな実、破局の深層

NewsCafe / 2014年07月28日15時00分

記者「フリーアナに転身するTBSの田中みな実(27)との年内結婚が噂されるオリエンタルラジオの藤森慎吾(31)が『みな実と連絡がつかない』と嘆いているそうです」デスク「どういうこと?」記者「もう藤森はポイ捨てされるのが確実ですよ」デスク「確か、田中のフリー転身に動いたのが、6年前に練炭自殺した故・川田亜子(享年29)をTBSから引き抜いた芸能プロ『ケイダッ [全文を読む]

田中みな実 フリー転身を決意させた「局内総ハブられ」の真相

アサ芸プラス / 2014年07月08日09時52分

小林麻耶(34)は局アナ時代の先輩からのイジメを告白しても、さして話題にならないほど存在感が薄くなり、川田亜子アナにいたっては亡くなってしまいましたからね‥‥」 いや、「みんなのみな実」は必ずやジンクスを打ち破ってくれるはずだ。 [全文を読む]

「安倍首相夫人も注目」ケイダッシュ・谷口元一氏の“脅迫・ストーカー”が一切報じられない裏事情

日刊サイゾー / 2014年01月09日13時00分

ただ、吉松の後ろにいるのは、谷口氏が原因で自殺したとウワサされる川田亜子さんの元恋人マット・テイラー。マットと谷口氏の間では、金銭トラブルも生じており、個人感情やしがらみも混ざっている。すべての事実関係が判明するまで『どちらの肩も持てない』というのがマスコミの統一見解なんです」と語る。 そんな中、騒動の中心に躍り出たのが、安倍晋三首相の妻の昭恵さんだ。本年 [全文を読む]

「会見には絶対に行くな」国内マスコミ異常反応で、ミスインタのストーカー被害告白は“なかったこと”に!?

日刊サイゾー / 2013年12月25日11時00分

代表例が自殺した川田亜子さんでしょう。谷口氏とは恋人関係だったなんて話になっていますが、川田さんには内密にしていた恋人が別にいましたし、谷口氏とは恋人というより、仕事と私生活で縛られていた奴隷状態にしか見えなかった」(同) [全文を読む]

芸能界の闇か!? ミス・インターナショナル吉松さんの告発にマスコミが沈黙する背景

東京ブレイキングニュース / 2013年12月18日11時10分

この谷口氏とは、元TBSアナウンサーの川田亜子さん(享年29)が自殺した時にも名前が取り沙汰された人物。一方のマット・テイラー氏は当時の川田さんの「最後の恋人」といわれたアメリカ人の平和活動家。そう聞くと、この騒動は途端に怪しい雲行きになる。 谷口氏とテイラー氏は法廷闘争を繰り広げた関係だった。川田さんの死後、まずはテイラー氏が「自殺の原因を明らかにする」 [全文を読む]

「これで堂々とやれるかも」立花胡桃を“ゴリ押し”しまくったストーカー報道・谷口元一氏にテレビ界が熱視線

日刊サイゾー / 2013年12月16日13時00分

谷口氏は2008年に自殺した元TBSアナウンサー、川田亜子さんの元恋人として知られるが、テレビ関係者の間では川田さんが生前、谷口氏となんらかのトラブルを抱えていたことがささやかれてきた。それが原因で命を絶ったかどうかは分からないが、交際中に谷口氏絡みでかなり頭を悩ませていたことを耳にした関係者は少なくない。 「特に川田さんを育てたTBSの元同僚や、最後のレ [全文を読む]

「周防氏の威光は通用せず……」現役ミスが暴いた“芸能界のドン”率いるバーニングの闇

日刊サイゾー / 2013年12月14日09時00分

08年5月に元TBSアナウンサーで当時はフリーだった川田亜子さんが自家用車の中で練炭自殺したが、谷口氏との交際のもつれが死因として浮上。その際、マット氏は川田さんの“最後の恋人”としてメディアに登場し、谷口氏を“糾弾”。その後、マット氏が谷口氏を名誉毀損・脅迫・業務妨害などで東京地裁に提訴していた。生前、川田さんがマット氏に谷口氏を紹介。その際、マット氏に [全文を読む]

有名人15人「臨終の瞬間」壮絶舞台ウラ(6)田中好子「夫の二重生活疑惑」報道

アサ芸プラス / 2012年02月26日10時54分

08年5月に練炭自殺した川田亜子アナ(享年29)。若すぎる死、〈私は悪魔になった〉 という最後の言葉、その死には不可解なことが多かった。報道は過熱し、2人の男性がクローズアップされていく。川田アナがフリー転向後に所属した事務所の幹部A氏と、「最後の恋人」と称するアメリカ人の平和活動家、B氏である。 そして、08年9月に、B氏がA氏を名誉毀損、脅迫、業務妨 [全文を読む]

フォーカス