五十嵐充のニュース

【エンタがビタミン♪】元ELT・五十嵐に“3人での復活”を追及しちゃう! 伊藤洋介・古市憲寿のラジオ番組がヤバい。

TechinsightJapan / 2015年02月27日15時55分

先日の放送では元ELTの五十嵐充をゲストに迎えると、伊藤が「徹底的になんでですか?って聞いていいからね!」と古市をあおっていた。 JFN系列全国12局ネットで放送しているFMラジオ番組『スキマから聴こえてくるラジオ』(毎週土曜 26時00分~27時00分 ※一部地域を除く)は、豪華出演陣が毎週、斬新な切り口から話題を取り上げてネットでも話題を呼んでいる。中 [全文を読む]

中居正広「熟年夫婦だね」ELT持田と伊藤の関係に納得

日刊大衆 / 2017年03月09日14時05分

また、伊藤は持田と元メンバーである五十嵐充(47)が二人で活動していたグループに、後から加入したことから「日本酒の一升瓶を買うと、オシャレ小鉢がついてくるじゃないですか。事務所の偉い人に“おまえはオシャレ小鉢だよ”って言われたんですよ」と説明し、持田をポカンとさせていた。さらにELTのブレイク後、ファーストアルバムが約200万枚、セカンドアルバムが約40 [全文を読む]

T.M.Revolution、YEN TOWN BAND…今年20周年を迎えるアーティストが続々

日本タレント名鑑 / 2016年07月22日13時55分

ボーカル・持田香織さんと、今ではバラエティ番組でも人気のギタリスト・伊藤一朗さん、そして結成時はリーダーでプロデューサーの五十嵐充さんとの3人組でした。デビューシングル『Feel My Heart』がリリースされたのは1996年8月7日。まもなく丸20年です。ELTのほかにもFavorite Blueなど、この頃のエイベックスは女性ボーカリストをフィーチャ [全文を読む]

あなたの「声」を審査し次世代の歌姫デビューまで完全サポートするプロジェクト“a-project”始動

ITライフハック / 2015年06月10日17時00分

五十嵐充:作詞・作曲・編曲家・プロデューサー・キーボーディスト1996年にEvery Little Thing のキーボーディストとしてavextraxよりデビュー。作詞・作曲・編曲及びサウンドプロデュースを担当し、「Time goes by」など数多くのヒットを手掛ける。※上記4名以外のプロデューサーも審査員として参加予定です。■審査員(参加プロデューサ [全文を読む]

エイベックス・グループが総力をあげて新人を発掘する「avex GIRL'S VOCAL AUDITION」開催決定

okmusic UP's / 2015年06月10日11時00分

審査員には、2度の日本レコード大賞新人賞を獲得した鈴木大輔、Every Little Thingのプロデューサーである五十嵐充、日本レコード大賞作曲賞を受賞した星野靖彦ならびに菊地一仁、AKB48やSKE48の楽曲を手がける五戸力、AAAや藍井エイルに楽曲提供する女流作家の丸山真由子といった錚々たるプロデューサーが名前を連ねている。そして、今回のオーディシ [全文を読む]

エイベックスが過去最大級の歌姫発掘オーディション開催へ

dwango.jp news / 2015年06月09日20時59分

審査員には、二度の日本レコード大賞新人賞を獲得した鈴木大輔、Every Little Thingのプロデューサー五十嵐充、日本レコード大賞作曲賞を受賞した星野靖彦ならびに菊地一仁、AKB48やSKE48の楽曲を手掛ける五戸力、AAAや藍井エイルなどに楽曲提供する女流作家丸山真由子など錚々たるプロデューサーが名前を連ねている。エイベックスの代表取締役社長 松 [全文を読む]

avex史上初!トッププロデューサーが直接審査する過去最大級の歌姫発掘オーディション「avex GIRL’S VOCAL AUDITION」開催

PR TIMES / 2015年06月09日14時03分

記 [画像: http://prtimes.jp/i/2323/106/resize/d2323-106-998713-0.jpg ] 【avex GIRL’S VOCAL AUDITION 概要】 ・応募資格:11歳~25歳までの女性 ・応募期間:2015年6月9日(火)よりエントリー開始 ・合格者特典:メジャーデビューに向けてのフルサポート ・審査員 [全文を読む]

元ELTの赤裸々話も!伊藤洋介のFM番組が面白い

dwango.jp news / 2015年02月26日19時00分

前回の放送時には、元Every Little Thingの五十嵐充が登場。電話番とトイレ掃除のアルバイトから始まり、Every Little Thingのデビューまでの裏話を赤裸々に語っている。その他、90年代のカリスマ的存在として、浜崎あゆみや安室奈美恵を取り上げたり、スピッツ・GLAY・Mr.Childrenの名曲を取り上げ、当時の社会情勢との関連性を [全文を読む]

引退宣言のmisonoに“早まるな”の声 シンガーとしての実力を惜しむ関係者も

リアルサウンド / 2013年12月18日19時09分

「彼女がデビューを飾ったday after tomorrowは、Every Little Thingの五十嵐充さんがプロデューサーを務め、avexが全面的にバックアップをして大々的に売り出しました。その甲斐あってか、それなりに注目を集めたのですが、いかんせん当時は90年代ユーロビートの流れを汲んだ伝統的なavexサウンドが曲がり角に来ている時代でした。ま [全文を読む]

フォーカス