古手川祐子のニュース

劇団ひとりと小園凌央らがアップデートの歴史を学ぶ!

Smartザテレビジョン / 2016年10月01日16時30分

記念すべきレギュラー放送初回は、劇団ひとりが客員教授として、古手川祐子の娘の綾那、ヒロミ・松本伊代夫妻の息子・小園凌央、志垣太郎の息子・匠、渡辺徹・榊原郁恵夫妻の息子・渡辺裕太の4人が登場。 綾那が語る古手川の知られざる本性など、4人が話す両親の意外な一面も明らかに!? 講義は、コンタクトレンズとテレビ番組ADの仕事のアップデートの歴史について紹介。渡辺 [全文を読む]

なぜ『北の国から』は20年間も続いたのか?空前絶後のドラマ、すべてが尋常ではない

Business Journal / 2016年06月10日06時00分

演じるのは森昌子、古手川祐子、田中裕子の3人。その秀逸な設定と彼女たちの掛け合いの妙は、2年後のヒット作『ふぞろいの林檎たち』に通じるものがある。ちなみに、脚本の山田太一、演出の鴨下信一、プロデューサーの大山勝美という『ふぞろいの林檎たち』の座組みは、『想い出づくり。』と同じだ。 一方、『北の国から』の主演俳優は、田中邦衛である。60年代から70年代にかけ [全文を読む]

仲間由紀恵、軽部アナと「Mフェア」新司会者に決定

Smartザテレビジョン / 2016年02月24日10時01分

'64年8月31日にスタートした「MUSIC FAIR」は、ことし52年目を迎え、これまで越路吹雪、左幸子、長門裕之・南田洋子、星野知子、古手川祐子らそうそうたる司会者が名を連ねてきた。 そして今回“8代目”となる仲間といえば、「NHK紅白歌合戦」「輝く!日本レコード大賞」でも司会を務め、経験・キャリアは十分だ。 仲間は「50年という伝統と歴史のある音楽 [全文を読む]

MUSIC FAIR司会の杏樹・恵が卒業を発表

Smartザテレビジョン / 2016年02月20日14時23分

突然の発表に会場はどよめき、6代目として古手川祐子よりバトンを引き継ぎ、'95年から司会に就任した鈴木は「この番組は素晴らしいアーティストの皆さまや音楽と出会わせてくれました。これは私が鈴木杏樹である前に一人の人間としての宝物だと思っています」と涙ぐみながら語った。 15年間鈴木と共に司会を務めた恵は「15年あっという間でした。これからも『MUSIC FA [全文を読む]

山田太一、脚本を書くコツは?「相席でヒントをもらった」

Walkerplus / 2016年02月01日12時01分

」は、田中裕子、森昌子、古手川祐子という、今でいうトリプルヒロインを迎えているが、当時は画期的なドラマだった。「3人の女の子を出して、『本当はあなたが主役だと思って書いたんです』と、3人に言えるような作品を目指しました(笑)。それが上手くいったので、その人数を増やした拡大版『ふぞろいの林檎たち』を書いたんです」。 深い洞察力を持ち、登場人物の心のあやを丁寧 [全文を読む]

大物二世タレント・綾那がガチオタすぎるとネット上で話題に 「完全にアウトwww」

AOLニュース / 2015年03月03日12時00分

ここ数年、有名人の日常に密着するタイプの番組が増えたこともあって、その意外な一面に驚きの声が巻き起こることもしばしばだが、先頃、女優・古手川祐子の娘で、バラエティや舞台などで活躍中の綾那(27)が、出演したバラエティ番組の中で、思わぬ「ガチオタ」ぶりを披露し、注目を集めている。 これは2月26日に放送された『アウト×デラックス』(フジテレビ系)で明らかとな [全文を読む]

『横溝正史&金田一耕助シリーズ DVDコレクション』2015年2月17日(火)創刊!

PR TIMES / 2015年02月06日16時52分

【複雑怪奇な事件の謎を解き明かす、名探偵・金田一耕助の物語がここに集結!】 創刊号・2号は「犬神家の一族」(上・下)、以降「八つ墓村」「獄門島」「本陣殺人事件」「悪魔が来りて笛を吹く」「悪魔の手毬唄」「女王蜂」など、人気作品が続々ラインナップ! 共演者も、京マチ子、浜木綿子、草笛光子、夏目雅子、竹下景子、古手川祐子、秋吉久美子、高峰三枝子、多岐川裕美、十 [全文を読む]

長澤まさみ、来年も東宝の「看板」に決定するも...事務所関係者を悩ますキケンな“爆弾“

メンズサイゾー / 2014年11月15日15時00分

東宝配給の映画で活躍した女優や系列会社「東宝芸能」所属のタレントが表紙に起用される同カレンダーだが、これまで3回以上起用されたのは長澤以外に山口百恵(55)、水野真紀(44)、古手川祐子(55)、沢口靖子(49)の4人しかいない。これまで単独トップだった沢口の連続11回という記録に長澤が並び、さらに"沢口超え"を果たす可能性も出てきている。「東宝芸能は芸 [全文を読む]

ASKA逮捕で苦虫を潰す元カノたち

アサ芸プラス / 2014年06月11日09時59分

不倫を噂された女優の古手川祐子とも彼女のアルバムに楽曲を提供したのがきっかけだった。 「古手川と夫の田中健との結婚生活が破綻したのは、ASKAが原因とも。耳元でラブソングを切々と歌われて、その気にならない女はいない。古手川はASKA会と名づけて定期的に飲み会を開いていた。メンバーは芸能界では名うてのプレイボーイのモト冬樹、ピーター、川合俊一ら。六本木のバー [全文を読む]

森泉が29才年上サーファーと続行愛 離婚した元妻は困惑する

NEWSポストセブン / 2013年03月21日05時00分

当時、腰添氏は1996年に結婚した、古手川祐子(53才)の妹で元女優の古手川伸子さん(50才)と婚姻関係にあり、同誌には森とのツーショット写真とともに「“不倫略奪”愛」と大きく報じられた。 当時、伸子さんは、夫と森との関係を全く知らず、「仕事のため、地方に行ってるものだと思っていた」と話していたという。今思えば、腰添氏にそう言われ、信じていたのだろう。 一 [全文を読む]

フォーカス