黒沢年雄のニュース

動員150万人、昭和スター総出演コンサートを黒沢年雄が語る

NEWSポストセブン / 2016年12月24日16時00分

その魅力を出演者である黒沢年雄さんに語ってもらいました! 【夢コンサートとは…】 1960年代~1970年代のヒット曲…だれもが口ずさめる曲をずらりと並べた、昭和の香りがたっぷりのコンサート。次から次へと登場するスターが、聴く人を若かったあの頃に引き戻してくれる楽しい空間だ。客層は50代以上の主婦層が多い。 平日の午後3時──。会場に足を踏み入れると、たっ [全文を読む]

借金8億、黒沢年雄の不義理「債権譲渡」に元後見人が大激怒

アサ芸プラス / 2013年02月12日09時59分

俳優・歌手・タレントとして成功し、2度のガンも克服した黒沢年雄(69)が、借金まみれで破産ピンチであると女性週刊誌に報じられた。だが、そのインタビューに応じる黒沢の姿に、「あまりにも不義理だ!」と、“元後見人”が怒りの告発を寄せるのである。 黒沢の借金の全貌を報じたのは昨年末に発売された「週刊女性」12月18日号だった。 東京・世田谷区の豪邸を手始めに、黒 [全文を読む]

芦田愛菜、ベテラン俳優陣との共演でさらなる意欲 製作陣の期待の声

モデルプレス / 2015年02月20日13時57分

芦田のほか、今作には岩城滉一、いしだあゆみ、黒沢年雄といったベテラン勢が名を連ねる。撮影現場の様子を、芦田は「楽しいです! 撮影そのものがすごく面白くて」と明かし、「共演の皆さんが、お芝居をすごく楽しんでいらしていて、セリフなのに本当に自然に口から言葉が出てきている気がして。私もそんな女優さんになりたいなと今すごく感じています」と感化されたようで、さらな [全文を読む]

ニコニコでも人気『あの歌手は誰』クイズがあからさま過ぎて逆に面白いので釣られてみた

秒刊SUNDAY / 2013年11月15日11時54分

黒沢年雄か?船越英一郎か?・・・ふたりとも歌手ではない。だが、ノーヒントで挑むとそういったパターンもありかと思ってしまう。歌手だとすると矢沢栄吉あたりだろうか。・・・あごのラインが明らかに違う。動画を最後まで見た時点で自分なりに候補を立ててみた。マイケル・ジャクソン 0.0001%黒沢年雄 2%船越英一郎 3%梅宮辰夫 3%坂東英二 5%あの大物歌手 87 [全文を読む]

指原莉乃さんの「坂口杏里逮捕」のコメントが、芸能界のポジション女王の風格だった件

文春オンライン / 2017年05月02日17時00分

黒沢年雄「芸能人って長く生きるには、すべてにおいて高いレベルの思考力で生きている。この方みたいな『芸能人もどき』みたいな方もいらっしゃる。それと同じ(芸能人)にされるのが非常に不愉快」 「一味違うこと言っちゃうよ」パターン。 テリー伊藤「こうなったらセクシー女優に徹して欲しいんですよ。例えばセクシープロレスラーとして今後、小向(美奈子)とタッグを組むとか [全文を読む]

Twitterに“謎投稿”の幸福の科学・清水富美加、怪文書も流れて……出家騒動はまだ続いていた!

日刊サイゾー / 2017年04月21日11時00分

出演者の中には無名のタレントに混じり、黒沢年雄や黒田アーサーの名前がある。彼らも熱心な信者なのか……? これに某芸能マネジャーは「いやいや、2人は違いますよ。キャスティングは清水さんの騒動前から決まっていましたし、何より幸福の科学の映画はギャラがいい(笑)。普通の仕事のオファーと思って引き受けたのでしょう」と話す。 ただ、一連の騒動で2人にも疑惑の目が向け [全文を読む]

宮迫博之、明石家さんまから受けたトラウマが「地獄すぎる」と話題に

しらべぇ / 2017年04月07日19時00分

一番自信のあるおもしろ話をしようと自分の出番を待っていた宮迫だったが、突如として黒沢年雄(73)がトークの流れを無視した突拍子もないことを話し、場を混乱させたという。「おい、なにしてくれてんねん」と焦る宮迫に、明石家さんま(61)からの「ボケろ」と言わんばかりの熱いレーザービームのような視線が。どうして良いかわからなくなった宮迫は、大先輩のさんまを前に思わ [全文を読む]

国際結婚に立ちはだかった大物俳優の父 感動のサプライズに涙

モデルプレス / 2016年01月05日10時00分

【モデルプレス】俳優・黒沢年雄の娘・レイラさん(38)は、ホテル支配人の夫・ジャスティンさんとロサンゼルスで結婚生活を満喫。しかし、結婚までには幾多の紆余曲折があった。今回、1人娘のことが気になって仕方ない黒沢に代わり、母・街田リーヌが娘の新居を電撃初訪問。思わぬサプライズにレイラさん夫婦も、街田リーヌさんも涙する。 ◆人気ドラマ出演女優も日本人妻に 女優 [全文を読む]

伝説の刺青師が明かす“日活&東映スター”交流秘話「女優と“博徒”の家に遊びに」

アサ芸プラス / 2015年06月14日09時57分

仲代ほか、田中邦衛、黒沢年雄ら主だった出演者の背に刺青を描いた。親しくなったのは安藤昇。同じ海軍の予科練の出身だと判ると、「先輩、先輩!」と声をかけられた。河野は特攻隊員として、安藤も人間魚雷の乗組員として、もう少し戦争が続いていれば出撃命令が決行される寸前だった。 五社監督は、91年に63歳で亡くなるが、無頼な生き方で知られ、その背には一面の茨木童子の刺 [全文を読む]

他に比類なき男女ヴォーカル混成バンド、BARBEE BOYSが目指したさらなる高み──アルバム『√5』

okmusic UP's / 2015年04月08日18時00分

メジャーフィールドでこんな内容の歌詞というと、バービー以前には黒沢年男(現・黒沢年雄)「時には娼婦のように」か畑中葉子「後から前から」くらいだったろう。ロックはもちろんのこと芸能界においても極めて珍しい内容だと言わざるを得ない。1stアルバム『1st OPTION』には「冗談じゃない」という楽曲が収録されている。この歌詞はこうだ。《まぐれ当たりじゃ しかた [全文を読む]

フォーカス