山東京伝のニュース

10日で8万ダウンロード突破&「カード&カジノ」カテゴリで第2位(急上昇ランキング1位)を記録!Android版無料ゲームアプリ『忍犬』にて、“ひな祭り”イベント開催!

@Press / 2014年02月19日09時30分

MUNI株式会社(MUNI Co., Ltd.、所在地:東京都渋谷区、代表取締役:小倉 龍也、以下 MUNI)は、当社の提供するAndroid版無料ゲームアプリ『忍犬』において、「ひな祭り」をテーマにしたゲーム内イベント『山東京伝~ヒナを救え~』を開始いたしました。 Google Play『忍犬』 https://play.google.com/store [全文を読む]

ダジャレ、エロ、萌え、擬人化…「江戸時代のコミックス」が面白い!【今も昔も変わらない日本人が求めるマンガ】

ダ・ヴィンチニュース / 2014年08月06日12時00分

浦島太郎 「お鯉(り)の、そんな本気なことを言ったってやはり魚だから、人間の俺をコケにするってのはナシだよ」 お鯉(り)の「つれないことを! この胸をさいて鯉の洗いにして、洗いざらい見せとうござんす」 関連情報を含む記事はこちら 江戸時代後期の浮世絵師・戯作者の山東京伝が描いた黄表紙『箱入娘面屋人形(はこいりむすめめんやにんぎょう)』に出てくるセリフ。美人 [全文を読む]

<消される笑い>日本の「風刺」の笑いがおもしろくない理由

メディアゴン / 2017年05月07日07時30分

著作が禁令を犯したということで、手鎖50日の刑を受けた山東京伝。これらは、江戸時代の日本では風刺が影響力のあるメディアとして、エンターテインメントとして庶民に広がったことを示す。しかし、明治維新になると、この風刺を行うことが急に窮屈になってくる。第二次大戦期に入ると更に窮屈になり、やがて敗戦後になると次第に楽になっていった。戦後の1954年(昭和29年)に [全文を読む]

現代人の共感を呼ぶ「面白すぎる浮世絵師」歌川国芳の一味違う展覧会『歌川国芳 21世紀の絵画力』

サライ.jp / 2017年04月25日13時00分

また「相馬の古内裏」は、山東京伝の小説『善知安方(うとうやすかた)忠義伝』に取材した作品です。描かれるのは、平将門が相馬に築いた内裏の廃屋で、娘の滝夜刃姫が妖術で骸骨を呼び出した場面。しかし、そのような物語を知らなくとも、画面の右からぬっと現れる、写実的に描かれた巨大な骸骨は、ひと目見たら忘れられないほどの強い印象を残します。 歌川国芳「相馬の古内裏」後期 [全文を読む]

【挑戦!お江戸クイズ】解けたらスゴイ!江戸の出版文化にまつわる超難問クイズ4問

サライ.jp / 2017年04月20日21時00分

このうち、安永4年(1775)に出版された作品で、「黄表紙」の嚆矢とされている『金々先生栄花夢(きんきんせんせいえいがのゆめ)』の作者は、誰でしょう?(い)恋川春町(ろ)山東京伝(は)唐来参和(に)朋誠堂喜三二【クイズ3】天保13年(1842)、幕府はそれまでにない厳しい出版統制令を発しました。これにより、11代将軍家斉の大奥を揶揄するものとして、発禁処分 [全文を読む]

累計22万部突破「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」第I期、ついに完結! 江戸時代の華やかな文学を人気作家が新訳した最新刊発売

PR TIMES / 2015年11月11日09時47分

井原西鶴・上田秋成・山東京伝・為永春水の、粋で美しく鮮やかな四作をすべて全訳・新訳で収録。 http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309728810/ 【完結記念トークイベント】 池澤夏樹=個人編集 日本文学全集 第I期 完結記念 「新訳!艶めく江戸文学」 出演:島田雅彦、円城塔、いとうせいこう、島本理生、池澤夏樹 ●日時 [全文を読む]

この夏さらに勝負運・金運アップさせよう!天下の大泥棒・鼠小僧のお墓は知られざるパワースポット。

GOTRIP! / 2015年07月28日04時06分

このお寺には、浮世絵士の山東京伝、義太夫節を創った竹本義太夫、そして鼠小僧次郎吉の墓と、江戸時代は著名人の墓として有名で、多くの町民が参拝していたそうです。ちなみに、隅田川にかかる両国橋はその参拝客のために架けられたものだそうです。 ・え!?お墓を削っていいの? 回向院の奥に進むと、「鼠小僧次郎吉の墓」があります。お墓の前には白い小さな石が置いてあります [全文を読む]

墨田発信ニットブランド・IKIJIのオンリーストアオープン

FASHION HEADLINE / 2014年08月05日17時00分

山東京伝や北斎漫画に描かれた下町の粋・江戸の粋をコンセプトに、現代のライフスタイルに合わせたデザインを提案している。また、クールジャパンを代表するブランドとなることを目指し、墨田区の海外販路戦略事業として、フランスのセレクトショップへのプレゼンテーションなど海外展開に向けた取り組みも進めている。 これまで銀座三越、三越日本橋本店、東京スカイツリーのソラマチ [全文を読む]

【著者に訊け】木内昇・著『櫛挽道守』 名もなき人の姿描く

NEWSポストセブン / 2014年01月25日07時00分

蒔絵櫛や塗櫛と違って飾り気はないが、無数に挽いた精緻な歯が髪を輝かせると評判の梳櫛は〈お六櫛〉と呼ばれ、山東京伝『於六櫛木曽仇討』に描かれるなど、江戸にも名を馳せていた。 が、女には女の生き方が強いられた時代、女の身で職人を志す登瀬や、それを許す吾助には、家の者さえ眉を顰めた。それでもそうとしか生きられない父娘の一途な情熱を巡る、悲しくも美しい家族小説であ [全文を読む]

フォーカス