佐々木八十八のニュース

「べっぴんさん」のルーツにヒント!輝き続ける女性になる秘訣3つ

BizLady / 2016年10月02日17時00分

まだ日本全体では女性の社会進出が進んでいなかった時代に活躍した坂野さんの成功の秘訣、気になりますよね?父の佐々木八十八は、あのレナウンの創業者だったので、“実業家として”父から受けた影響というのも少なくなかったはず。佐々木八十八は11代続いた豪商・佐々木家に生まれたのですが、そのルーツは近江(滋賀県)と言われています(ドラマの設定では八十八は近江商人の次男 [全文を読む]

家はエレベーター付…新朝ドラモデルの“神戸お嬢様”伝説

WEB女性自身 / 2016年10月13日06時00分

■昭和4年、父がエレベーター付きの豪邸を建てる 惇子は 18年(大正7)年4月11日、レナウンの前身・佐々木営業部を設立した父・佐々木八十八(やそはち)と、母・りょう子の3男3女の末娘として生まれた。 「両親は、以前に2人の子を病気でなくしたこともあって、惇子の健康への気遣いは度を越していた。食事は外食をさせず、キャラメルもアルコール消毒していたほどです [全文を読む]

放送開始!NHK新朝ドラ「べっぴんさん」“桃”レポート!(1)復帰の菅野美穂は色香に磨きがかかった

アサ芸プラス / 2016年10月10日09時57分

父は現在のレナウンの創業者・佐々木八十八さんです」 物語は昭和初期から始まる。ヒロインの坂東すみれを演じるのは、芳根京子(19)。14年の朝ドラ「花子とアン」で仲間由紀恵(36)の娘を演じていた。 芳根は会社経営者の父・生瀬勝久(55)と優しい母・菅野美穂(39)、姉・蓮佛美沙子(25)の裕福な家の次女として生まれる。刺しゅうや縫い物が大好きで、太平洋戦争 [全文を読む]

朝ドラ『べっぴんさん』 見所は菅野美穂の死とイジメ

NEWSポストセブン / 2016年09月28日16時00分

【ヒロインvsいじめっ娘役・悦子様】 坂野惇子は幼少時代、現在の神戸市東灘区、“日本一の長者村”と呼ばれた界隈に住む富豪・佐々木八十八の娘として生まれ、なに不自由なく育った。父・八十八の過保護ぶりは際立っており、キャラメルを与えるにもアルコール消毒をしてからだった。 小学校時代、遠足にお手伝いさんがつき添う惇子を同級生たちは陰で“別荘の子”と呼んだ。 「 [全文を読む]

朝ドラの新ヒロインに抜擢 芳根京子はなぜ大役を射止め続けるのか?

リアルサウンド / 2016年04月09日11時04分

1918年に貴族院議員でレナウンの創業者であった佐々木八十八の三女として生まれた彼女は、神戸大空襲で自宅を失い、終戦後は幼い子供を抱えながら疎開先で夫の消息を待つ。それまでの裕福な暮らしから一転した生活の中で、自立することを決心した彼女は女学生時代の友人らと4人で、ベビー服を売る店を開くのである。「女性の一代記」を描く作品が中心の朝の連続テレビ小説とはいえ [全文を読む]

フォーカス