森田愛子のニュース

ぽっこり下腹を解消♡寝ながらできる簡単「腹ペタワーク」を伝授

Daily Beauty Navi / 2017年06月07日14時50分

下腹部のぽっこりがスッキリするという、呼吸整体師である森田愛子さんの著書『奇跡の3日腹ペタ』。呼吸法をメインにしたワークなので、簡単でラクに行えるのが人気のポイントなのだとか♪ さっそく気になる「腹ペタワーク」をチェックしてみましょう! お腹を正しく使って、腹ペタに! ぽっこり下腹の原因を「食べ過ぎによる脂肪のせい」「加齢によるたるみのせい」などと思いがち [全文を読む]

女性が不調を感じやすい3つのタイミングとは? おなかケアを始めたほうがいい理由

ウートピ / 2017年03月27日14時45分

これまで4万人以上の体を改善してきた呼吸整体師の森田愛子(もりた・あいこ)先生によれば、アラサー以降の女性の体には「三大ヤマ場」があるのだとか。 今回は女性の体に訪れる「三大ヤマ場」について聞きました。 女性が不調を感じやすくなる3つのタイミング 女性が一生の中で不調を感じやすくなるタイミングは3つあるそうです。 「女の三大ヤマ場とは妊娠・出産・更年期で [全文を読む]

「体がだるい」の原因はポッコリ下腹。マイナー不調を抱える人の意外な共通点

ウートピ / 2017年03月24日19時45分

呼吸整体師として約20年治療に携わり、これまで4万人以上の体を改善してきた森田愛子(もりた・あいこ)先生に、“オバサー腹”と慢性疲労の関係について聞きました。 おなかの状態でわかる、その人の健康偏差値 森田先生の治療院に訪れる患者さんは、ほぼ例外なく「おなかが膨張している」といいます。 「肩が痛い、腰が痛い、生理不順、慢性疲労が抜けない……。患者さんは個 [全文を読む]

ポッコリ下腹は“浅く止まりやすい呼吸”が原因だった。ペタ腹をつくる呼吸法

ウートピ / 2017年03月21日20時50分

「おなかの膨張には、呼吸が深く関わっています」と話すのは、呼吸整体師として約20年治療に携わり、これまで4万人以上の体を改善してきた森田愛子(もりた・あいこ)先生。 今回は森田先生に“オバサー腹”と呼吸の関係について聞きました。 そのおなかの膨らみ、脂肪じゃないのかも! 風船のような下っ腹に、タプタプの段々腹……。おなかまわりは30代以降の女性にとって特 [全文を読む]

過呼吸はなぜ起こる?|予防・対策のセルフケア

Fuminners / 2017年03月01日16時59分

監修:坪田聡(雨晴クリニック副院長) <参照> 『パニック障害と過呼吸』磯部潮著(幻冬舎新書)『いつもの呼吸で病気を流す』森田愛子著(ワニブックス)photo:Getty Images [全文を読む]

現代人のカラダは酸欠状態? 深い呼吸を助けるおすすめアイテム!

anan NEWS / 2016年09月26日20時00分

「現代人のほとんどは呼吸が浅いので、カラダは常に酸欠状態に陥っています」(呼吸整体師・森田愛子さん) 慢性的な酸欠は、血流を滞らせ、冷え症に倦怠感など、体調不良の原因に。そこで大事なのが、深呼吸のススメ。 「でも、いわゆる深呼吸は、アゴや上体が上がってカラダが後ろにのけぞるような動きで行う形。それでは胸のあたりまでしか息が入らない、浅い呼吸になってしまい [全文を読む]

1日3万回する“呼吸” 見直せば自然治癒力もアップ?

anan NEWS / 2016年04月21日12時00分

でも、浅い呼吸しかできていないと、酸素が全身に行き渡らず、酸欠状態となり、慢性的な不調や疲れを生むのです」(鍼灸マッサージ師・森田愛子さん) 浅い呼吸をもたらすのは、日常の動作での些細な緊張と力み。 「物を取る時や椅子から立つ時、呼吸が極端に浅くなったり、息を止めていませんか。この時、手や足先が力んで全身に緊張が伝わり、呼吸の中枢でもある体幹がこわばります [全文を読む]

美しい姿勢がNGって本当? 体調改善につながる呼吸法

anan NEWS / 2015年10月25日12時00分

体の表面(前側)がふくらんだりしぼんだりするだけで、呼吸自体は浅いんです」(鍼灸マッサージ師・森田愛子さん) 浅い呼吸しかできない人の多くは疲れやすく、胃腸の調子が悪かったり、肩こりや冷えなどに悩まされている場合がほとんど。逆に言うと、体の中心まで息を届ける“深”呼吸をマスターすれば、体の不調は解消され、代謝も上がる。 「息を吸って体がふくらみ、吐いてしぼ [全文を読む]

フォーカス