橋上秀樹のニュース

西武・橋上コーチが明かす“2番・源田”誕生の舞台裏

ベースボールキング / 2017年05月18日11時00分

4月5日のオリックス戦から“1、2番コンビ”を組む秋山と源田だが、開幕前は「金子侑司、秋山という1、2番の構想があった」(橋上秀樹野手総合コーチ)と明かす。続けて橋上コーチは「金子侑は去年、盗塁王を獲ったし足がある。小技がそこまでできるタイプではなかったので、2番という形ではなかった」ということも教えてくれた。 だが、1番を打つ予定だった金子がオープン戦 [全文を読む]

波乱万丈の正田樹「NPBのマウンド諦めるつもりはない」

NEWSポストセブン / 2016年04月01日07時00分

アメリカから帰って来たときは、当時の新潟アルビレックスの監督だったヤクルトOBの橋上秀樹さんや、台湾で一緒だった高津臣吾さんに誘っていただいた。その後、4年ぶりにNPB(ヤクルト)に復帰できたのも2人の後押しがあったからです。 今のチームに入団できたのも、加藤博人さんのおかげ。阪神を戦力外になった時に野球を辞めていたら、こんなに人の恩を感じることはなかった [全文を読む]

単独首位も巨人迷走の原因とは?「深刻な打線の低調ぶり」

アサ芸プラス / 2015年07月03日05時56分

「橋上さんがいれば、こんなことにはならなかったのに‥‥」「橋上さん」とは、昨年まで巨人で打撃コーチを務めていた、現楽天の橋上秀樹ヘッドコーチ(49)である。「昨年までは橋上コーチが狙い球を指示して、狙い球が来なければ見逃し三振でも許されました。もちろん、その狙い球の指示が的確だったから、打線が機能してきたんです。確かに、13年の日本シリーズで楽天に狙い球の [全文を読む]

野村克也 「入院20キロ激やせ&大手術」の深刻病状!(3)激ヤセ姿で一度だけ“外出”

アサ芸プラス / 2014年12月16日09時56分

巨人だって、現役時代、楽天コーチ時代を通じて野村IDを叩き込まれた橋上秀樹コーチを招聘して戦略室なるものを作り、データ野球を取り入れました。さらに広島の根底にあるのは、実は野村ID野球。南海時代に同僚だった古葉竹識元監督はハッキリこう言っています。『南海時代、(野村氏に)野球を教わった。それが赤ヘル野球の原点になった』と。生え抜きの緒方孝市監督は、その赤ヘ [全文を読む]

CS4連敗…巨人が行う「粛清と大補強」激震舞台裏!(1)目立った活躍をした選手が見当たらない

アサ芸プラス / 2014年11月04日09時57分

監督の(現有戦力の)やりくりで勝ったんです」 まず粛清されたのは、川口和久前投手総合コーチ(55)と橋上秀樹前打撃コーチ(48)。球団関係者が言う。 「川口コーチはこの2年ほど、原監督との関係が悪化。問題になったのは、川口コーチと投手陣の信頼関係のなさでした。今年は投手交代がやたらと早かったり、本来なら投手コーチが監督をいさめたり、考え直してもらうよう意見 [全文を読む]

スポーツ紙が書かないプロ野球“裏相関図”<セ・リーグ編>(2)「原巨人が息巻く“落合潰し”」

アサ芸プラス / 2014年03月26日09時57分

コーチ人事も、戦略コーチの橋上秀樹を打撃コーチに配置転換。その余波で、野村克則二軍バッテリーコーチはヤクルトに放り出した。清武英利元GMの遺産を一掃しているのも、原カラーを打ち出そうとする表れのようだ。 巨人の場合、日本一を逃したら、大幅にコーチ人事が動く。誰かが責任を取らなければいけないという不文律があるからだ。 今シーズンの原巨人があえてそれをしなか [全文を読む]

巨人VS阪神「7位争いの死闘失笑中継」(2)巨人に一触即発内紛の動き

アサ芸プラス / 2013年06月19日09時59分

これに対して、橋上秀樹戦略コーチ(47)が反発。『特に指示はしてない。(ソフトバンクの)先発だった帆足(和幸=33=)くらい(選手なら誰でも)知ってるやろ! 俺が(WBCで)いない間にオープン戦をやってるんでしょ? 対戦していない坂本が3安打してるんだから関係ない!』と反論。一枚岩だった巨人に内紛の雰囲気が立ち込めました」(前出・スポーツライター) はた [全文を読む]

WBC高代延博コーチ 得意のノックで疲れて練習中に居眠りも

NEWSポストセブン / 2013年03月12日07時00分

ノックの巧さや三塁コーチとしての手腕に定評のある高代延博・内野守備走塁コーチ派と、野村克也監督のもとID野球を学んだ巨人の橋上秀樹・戦略コーチ派である。 巨人を日本一に導いた手腕をかわれて代表チーム入りした橋上コーチの“売り”は、データに基づいた予測により、「この場面ではこれが来るから、信じて振れ」と断言する指導だ。しかし高代派の選手たちはこう語っていると [全文を読む]

二宮清純が語る巨人をVに導いた「ノムさんの愛弟子」

アサ芸プラス / 2012年11月21日09時59分

今季から戦略コーチを務める橋上秀樹氏(47)がその人。野村克也監督時代の楽天でヘッドコーチを務め、野村流の“配球学”をみっちり学んだ。今季はスコアラー登録だったためユニホームこそ着ていなかったが、チームへの貢献度は計り知れないものがあった。 「たとえ見逃し三振でも、狙ったボールが来なかった結果であればOKという“根拠野球”を巨人に植え付けた。阿部慎之助が2 [全文を読む]

プロ野球コーチ人事「指導力より人脈で決まる」と広澤克実氏

NEWSポストセブン / 2012年11月17日07時00分

「今年でいうと、巨人快進撃の立役者といわれた橋上秀樹戦略コーチ。ただ、橋上が指導者として野村監督の采配に接したのは2006年から楽天のコーチを務めた3年間だけ。野村野球を名乗れば今の球界では重宝がられる、ということでしょうね」(江本氏) その巨人の原監督の派閥も強力だ。第一次監督期に解任されたときには吉村禎章、村田真一、斎藤雅樹らも揃って退団したが、第二 [全文を読む]

野村克也氏 育てた指導者の数は王・長嶋に勝ったと自負する

NEWSポストセブン / 2012年11月01日07時00分

今年、巨人の戦略コーチとして優勝に導いた橋上秀樹も同じだ。 ではONはどうか。確かに長嶋からは中畑清、西本聖らが巣立っているし、王からは秋山幸二が育ってはいる。だが、ごく少数だ。今後はもしかしたら遺した人材の数で抜かれるかもしれないが、少なくとも現段階では私は自分を褒めてやってもいいと思っている。なぜこんな話をするのかといえば、これが現在のプロ野球の危機に [全文を読む]

スクープ三冠王!巨人「ぶっちぎり優勝」記念座談会(2)

アサ芸プラス / 2012年10月02日10時59分

天才肌にIDデータの武器を A 阿部は三冠王も狙えるほどの活躍を見せてMVPの筆頭候補ですが、阿部自身が「真のMVP」としてあげるのは安田学園高の先輩でもある、橋上秀樹戦略コーチ(46)だった。 B スタートダッシュに失敗した巨人が交流戦前から快進撃を続けたのは、野村ID野球の申し子・橋上コーチがデータの使い方を浸透させたからだもんな。 C そうですね。巨 [全文を読む]

フォーカス