山岡鉄舟のニュース

【江戸クイズ】松下村塾で学んでいないのは誰?幕末に関するクイズ4問

サライ.jp / 2017年06月02日21時00分

)(い)武市半平太(ろ)清河八郎(は)芹沢鴨(に)山岡鉄舟【クイズ4】開国に際して西洋式の近代的軍隊に刺激された幕府は、教育・演習施設として講武所を開設しました。佐倉藩中屋敷を上地にして敷地を確保したのですが、その場所として正しいのは次のうちどこでしょう?(い)石川島(ろ)越中島(は)筋違門外(に)築地以上、4問です。いかがでしょうか?解答は次のページで発 [全文を読む]

【日本人が知らないニッポン】週末は「東海道歴史散歩」に出かけよう

GOTRIP! / 2017年02月07日05時30分

ですがそれに代わり、東海道最大の拠点である駿府では山岡鉄舟と西郷隆盛の会談が行われています。 ここで約束されたことを一言で表せば、「徳川慶喜の身柄を保証すれば江戸と東海道は新政府軍に引き渡す」。 じつはこの時、江戸では小栗上野介忠順が「箱根の関所で官軍を迎え撃ち、駿河湾から艦砲射撃する」というプランを立てていました。ですが徳川慶喜はそれを採用せず、代わりに [全文を読む]

【おんな城主直虎】春風亭昇太=今川義元が視聴者を恐怖のどん底に

しらべぇ / 2017年01月15日10時00分

それが分かっているから、戊辰戦争の際には山岡鉄舟が今の静岡市で西郷隆盛を待ち構えていた。しかも駿府や三河は、気候が温暖な上に海洋資源にも恵まれている。この地を制した者が大勢力の盟主にならないはずがない。■昇太が怖すぎる!さて、先週の『おんな城主直虎』でもっとも存在感を発揮したのは、やはり春風亭昇太が演じる今川義元だろう。Twitterユーザーの間からも、「 [全文を読む]

安倍首相が座禅組む禅寺 中曽根元首相も在職中に通っていた

NEWSポストセブン / 2016年01月04日07時00分

幕末から明治にかけて活躍した幕臣・山岡鉄舟が、維新に殉じた人々の菩提を弔うために建立した臨済宗の禅寺である。 同寺院の住職で『「見えないもの」を大切に生きる。』(幻冬舎刊)の著者でもある平井正修氏が、首相が来た当時を振り返る。 「安倍首相は短命に終わった第一次政権の後、月に1度いらして座禅を組むことを習慣にされていました。第二次政権発足前には、石破茂さん( [全文を読む]

東出昌大「やはり歴史オタクとしては織田信長はやってみたい」

ダ・ヴィンチニュース / 2015年09月06日11時00分

幕末なら山岡鉄舟。身長が190cm近くあったそうですし」 鉄舟は剣・禅・書の達人だった幕臣で、江戸城無血開城の立役者とも言われる。 「戦国時代なら、豊臣秀吉に仕えた名将・大谷吉継とか。あと、やはり歴史オタクとしては織田信長はやってみたい。なんかマニアックな話になっちゃってすみません(笑)」 (取材・文=松井美緒) ■東出昌大 ひがしで・まさひろ●1988年 [全文を読む]

【無料版】【66%オフ】映画『幕末高校生』をより楽しむ!『幕末志士伝シリーズ』無料ダイジェスト版&『佐幕の志士たち』セール!

PR TIMES / 2014年07月11日13時24分

●掲載人物 勝海舟/山岡鉄舟/高橋泥舟/榎本武揚/山田朝右衛門吉利/榊原鍵吉/天野八郎/今井信郎/佐々木唯三郎/男谷精一郎/伊庭八郎/渋沢栄一/中野竹子 ◇Kindleストア http://amzn.to/1lSEBQI ◇楽天kobo電子書籍ストア http://bit.ly/TRH1bu ◇BookBeyond http://bit.ly/1qTTJ [全文を読む]

イケメンは国境も時代も超える!リアル『薄桜鬼』 幕末イケメンランキングにフランス人の反応は?

おたぽる / 2014年04月03日13時00分

第5位 山岡鉄舟くん(やまおかてっしゅう)現代に続く剣道観を築くほどの剣の達人。また大の酒豪でもあったそうです。第4位 水野忠敬くん(みずのただのり)彼がランクインしたのは鋭いまなざしと、完璧な髪型が所以でしょうね。 [全文を読む]

「徳川家康は教育パパだった」等歴史上人物の逸話満載した本

NEWSポストセブン / 2013年11月22日16時00分

山岡鉄舟に見る武士道と貧乏――。歴史上の人物から江戸時代の出産、家庭教育、ペット事情、結婚と離婚など興味深い逸話が満載のエッセイ集。 ※週刊ポスト2013年11月29日号 [全文を読む]

政治・経済が好きになる電子雑誌「政経電論」創刊

PR TIMES / 2013年11月13日12時25分

・ソニー「スマートフォンに装着する高画質カメラや高性能ズームカメラにするレンズスタイルカメラが誕生」 <全生庵便り> 山岡鉄舟が明治16年に建立した禅寺「全生庵」。多くの政治家や経済人が禅を組みに来ることで知られる寺の住職に話を聞く。 <損得舎活動報告> 電子雑誌「政経電論」の発行元である株式会社損得舎の活動を紹介。佐藤尊徳編集長が取材する勉強会等、読ん [全文を読む]

フォーカス