丸田佳奈のニュース

妊活の次は産活! より安全に産みたいと願うすべての妊婦さんのバイブルとなる一冊 『間違いだらけの産活』発売!

PR TIMES / 2014年12月18日14時21分

そんな中、著者である産婦人科医の丸田佳奈先生は言います。「妊娠して大喜びして、そこで満足してしまっている人が多い」と。妊娠してから、実際に赤ちゃんが生まれるまではとても大切な時期。その時期の過ごし方や妊婦さんの心構え、知識などが意外に間違っていることも多く、ぜひ、そんな妊婦さんたちに警鐘を鳴らしたいということで書かれた一冊です。 たとえば、妊娠したら車は危 [全文を読む]

これなら続けられる!「モチベーション維持のための」プチプラご褒美3つ

BizLady / 2016年10月28日07時45分

産婦人科医の丸田佳奈先生の著書『キレイの秘訣は女性ホルモン 女医・丸田佳奈が答える47の悩み相談』によると、アロマオイル選びのポイントは以下のとおり。<アロマ選びで大事なのは、自分が快感と感じリラックスできること。女性ホルモンに良いといわれるアロマでも自分にとって不快に感じる香りでは意味がありません。>同著では、女性ホルモンの分泌を促すアロマオイルとして“ [全文を読む]

なぜかイライラが止まらない…!「気分の凸凹」とサヨナラする方法

BizLady / 2016年08月31日11時30分

産婦人科医の丸田佳奈先生の著書『キレイの秘訣は女性ホルモン: 女医・丸田佳奈が答える47の悩み相談』によると、<感情に波が出ることは、女性ホルモンと密接に関係しています。ホルモンバランスが乱れていたり、正常に保てていてもプロゲステロンがさかんに分泌される月経前には珍しくないことです。(略)まずは女性ホルモンを改善させる必要があるので、規則正しく、栄養バラン [全文を読む]

毎月憂うつな生理…!「心と体の不調を乗り越える」対処法3つ

BizLady / 2016年08月21日18時00分

しかし、産婦人科医の丸田佳奈先生によれば、“薬に頼ること=悪いこと”ではないそう。丸田先生の著書『キレイの秘訣は女性ホルモン: 女医・丸田佳奈が答える47の悩み相談』では、鎮痛剤の体への影響について次のように説明されています。<現代の医療では、「痛みは我慢しない」というのが主流。薬に体が慣れて効かなくなるということはありません。また、生理期間だけ服用する程 [全文を読む]

夏の休日は自宅でのんびり…猛暑を乗り切る「温泉ごっこ」でリフレッシュ!

BizLady / 2016年08月13日20時00分

産婦人科医の丸田佳奈先生も著書『キレイの秘訣は女性ホルモン: 女医・丸田佳奈が答える47の悩み相談』の中で、美容健康のためのアロマオイルの活用を勧めています。 <香りは嗅覚を通じて大脳や視床下部に作用し、ホルモン分泌や自律神経の働きを良くするといわれています。(略)アロマ選びで大事なのは、自分が快感と感じリラックスできること。> そして正しい入浴法につい [全文を読む]

露出の季節!今度こそ挫折しない「ツラくないダイエット」術

BizLady / 2016年08月09日20時00分

産婦人科医の丸田佳奈先生の著書『キレイの秘訣は女性ホルモン: 女医・丸田佳奈が答える47の悩み相談』によると、ベストタイミングは“生理の後”。 [全文を読む]

「生殖に適した年齢はいつの時代も変わらない」「妊娠に安定期はない」 産婦人科医が語る「産活」の真実

ダ・ヴィンチニュース / 2015年01月08日11時30分

そのため何の根拠もなく「私も高齢出産できる」と考えがちだが、『間違いだらけの産活』(丸田佳奈/学研パブリッシング)によると「その考えは甘い」という。また、医学的には間違っていることが一般的には常識としてまかり通っているらしい。そこで本書を執筆した産婦人科医の丸田佳奈さんに、今どきの妊婦に対する思いや、妊娠・出産の間違った常識について伺った。森三中・大島妊活 [全文を読む]

女性ホルモン分泌量キープするための「いい生活習慣」21選

NEWSポストセブン / 2016年03月09日07時00分

『キレイの秘訣は女性ホルモン』(小学館)の著書を持つ産婦人科医、モデル、タレントの丸田佳奈さんによると、女性ホルモンの状態を知るには、生理周期のリズムを把握することが、いちばん早くて確実な方法だという。それを踏まえた上で、適正なホルモンの分泌量をキープする方法について、丸田さんに解説してもらった。 * * * 女性ホルモン、特にエストロゲンが女性らしい体 [全文を読む]

女性のホルモン状態 基礎体温から分かる情報は多い

NEWSポストセブン / 2016年03月02日11時00分

そこで、週2回36時間の当直を含む病院勤務をしながら、タレントとしても精力的に活動する産婦人科医で『キレイの秘訣は女性ホルモン』(小学館)を上梓した丸田佳奈さんに、ホルモン状態を知るための方法を聞いた。 * * * ホルモンバランスを整えるには、今の自分のホルモンの分泌状態を知ることが肝心となります。そのために推奨しているのが基礎体温。なぜなら、2つの女性 [全文を読む]

女性ホルモン 増やしても美につながらず健康損なうリスクも

NEWSポストセブン / 2016年03月01日11時00分

「そうした悩みには女性ホルモンが関係していることが多い」と指摘するのは『キレイの秘訣は女性ホルモン』(小学館)の著書がある、産婦人科医の丸田佳奈さん(34才)。 自身、週2回36時間の当直を含む病院勤務をしながら、タレントとしても精力的に活動。多忙を極める中、女性ホルモンを活用しながら、キレイを目指しているという。その秘訣は何か? ダイエットにも効果絶大と [全文を読む]

旦那の年収は合計数億? 才色兼備美人妻がバッチバチ

Smartザテレビジョン / 2015年06月08日05時00分

セレブ妻は初登場のアパホテル社長・元谷芙美子氏、夫は三重県知事という武田美保、元ミス日本の産婦人科医でモデルの丸田佳奈ら。 対するママタレント代表はオリエンタルラジオ・中田敦彦の妻で横浜国立大卒の福田萌、東京学芸大卒の優木まおみというインテリ芸能人。 一方の予選Bブロックは、元テレビ東京アナウンサーで横浜DeNAの林昌範投手夫人・亀井京子、巨人・長野久義選 [全文を読む]

身長171センチ 元「ミス日本」美人女医のスレンダーボディ

NEWSポストセブン / 2013年04月05日07時00分

それを記念して、これまで登場した人たちのなかから選りすぐりの美人女医として、産婦人科医・丸田佳奈先生(31)を撮り下ろしした。 * * * 「高度医療の設備も整っており、ベッドが空いている限りは患者さんの受け入れを断わらない病院のため、難しい管理が必要な妊婦さんもたくさん来院されます」(丸田先生。以下「」内同) 彼女を撮影したのは約3年前。研修医だった彼女 [全文を読む]

フォーカス