石川牧子のニュース

伝説のクイズ番組「ウルトラクイズ」から超最新クイズまで!ファミリー劇場にて2か月連続クイズ特集!

PR TIMES / 2017年04月27日09時19分

■クイズ特集特設サイト http://www.fami-geki.com/quiz/[画像1: https://prtimes.jp/i/8885/63/resize/d8885-63-732582-0.jpg ]【CS初・33年ぶりのTV放送】『史上最大!第8回アメリカ横断ウルトラクイズ』 放送日:[#1]5/11(木)21:00-22:55 [#2]5 [全文を読む]

伝説の「アメリカ横断ウルトラクイズ」がCSでよみがえる

dwango.jp news / 2017年04月26日20時40分

【CS初・33年ぶりのTV放送】「史上最大!第8回アメリカ横断ウルトラクイズ」 放送日:[#1]5/11(木)21:00-22:55 [#2]5/18(木)21:00-22:30 [#3]5/25(木)21:00-22:30 [#4]6/1(木)21:00-22:30 ほか 出題・レポーター:福留功男/総合司会:高島忠夫、石川牧子/1984年初放送 10 [全文を読む]

“元祖どっきりカメラ”あの野呂圭介に「陶芸家転身18年生活」を直撃!

アサ芸プラス / 2017年04月19日12時57分

ちなみに、去年の出席者は錠さん、林家ペー、ガッツ石松、石川牧子アナ。あとはスタッフですね。総勢で40~50人は集まります。去年の会場は有楽町のガード下、その前は交通会館だったかな? 貸し切りでね。飲んだり食ったり、昔のVTRを流したり。スタッフは大半が日テレを辞めて隠居した連中ですから、家にいてもしょうがないので、同窓会を楽しみにしてる。同窓会が30年以上 [全文を読む]

『史上最大!第7回アメリカ横断ウルトラクイズ』7月7日七夕に、伝説の超大型クイズ番組の第7回を33年ぶりにCS初放送!

PR TIMES / 2016年06月29日12時28分

[画像1: http://prtimes.jp/i/8885/33/resize/d8885-33-941022-1.jpg ]■『史上最大!第7回アメリカ横断ウルトラクイズ』7/7(木)より 毎週(木)21:00-22:30(全4部)【国外レポーター】:福留功男 【国内レポーター】:徳光和夫【総合司会】高島忠夫、石川牧子1000問以上という史上最大のクイ [全文を読む]

「終電過ぎまで説教」元日テレ・宮崎宣子が局アナ時代のイジメを暴露告白

アサ芸プラス / 2016年05月30日09時59分

これに“女子アナはタレントじゃない”と猛反発したのが当時、キー局女性初のアナウンス部長だった石川牧子。だけど、女子アナの中にはタレント化してチヤホヤされる他局の人を羨ましがる人もいた。宮崎アナもその1人です。その指導が深夜になってしまったのは、人前で注意をしない先輩アナの思いやりですよ」 結局、“指導”を“イジメ”と思うか否かは、本人次第ということか?(李 [全文を読む]

水ト麻美に続き日テレアナが共演タレントと交際!問われるアナウンス部の倫理観

アサ芸プラス / 2015年12月15日17時59分

かつては“民放のNHK”とまで称されていた日テレのコンプライアンスは一体どうなっているのだろうか?「局の女子アナのタレント化が問題視されるようになった90年代、日テレは石川牧子をキー局で初めての女性アナウンス部長に抜擢しました。石川は他局と一線を画するように女子アナのタレント化を嫌い、厳しく教育してきました。その成果が“民放のNHK”と称されることになっ [全文を読む]

大炎上の永井美奈子、日本テレビ局アナ時代からの高飛車ぶり「タレント気取りで……」

日刊サイゾー / 2015年07月13日09時00分

そんな永井への嫌悪感が局内に充満、元アナウンス部長の石川牧子は、その反動で永井と正反対の地味なタイプとして、河合彩を採用したというエピソードもあるほど。 在社時代から当時ときめくIT長者との交遊に精を出し、フリーとなった後に、堀江貴文(当時ライブドア)、三木谷浩史(楽天)とともに“ヒルズ三羽ガラス”と呼ばれた若手実業家、サイバードの堀主知ロバート氏と結婚。 [全文を読む]

日テレ・笹崎里菜アナはあっという間に“干されアナ”になる!?

アサ芸プラス / 2015年06月07日09時58分

「日テレは、97年に石川牧子がアナウンス部長になって以来“アナウンサーのタレント化”を嫌う傾向にあります。『アナウンサーの基本はニュースを正確に伝える』という石川さんの意向は、同局最古参女子アナの井田由美、元アナウンス部部長の木村優子らにも引き継がれていきました。それゆえに教育には厳しく、特に女子アナには普段の振る舞いまでも注視されます。そんなお局アナたち [全文を読む]

顎関節症で自殺考えた元日テレアナ「歯では死なないは錯覚」

NEWSポストセブン / 2014年03月03日07時00分

30代で顎関節症による不調に悩まされ「自殺を考えた」と明かすのは、元日テレアナウンサーでタレントやアナウンサーなどの人材育成を行う日テレ学院院長の石川牧子さん。そんな石川さんが顎関節症を通して知った歯の重要性について、小顔トレーニング本『若返りあごトレ』(小学館)の監修者で“Dr.ドラゴン”ことトルナーレデンタルクリニックの龍信之助院長と語り合った。石川: [全文を読む]

フォーカス