高野文子のニュース

「第7回MOE絵本屋さん大賞2014」決定! 第1位は、安里有生/詩 長谷川義史/画 『へいわってすてきだね』(ブロンズ新社)。

DreamNews / 2014年12月19日18時00分

(MOE 2015年2月号 受賞インタビューより) ●第5位 「しきぶとんさん かけぶとんさん まくらさん」高野文子/作・絵(福音館書店) 受賞の言葉 高野文子 白と黒だけで絵を描いてきましたからね。色のついた絵も描いてみたいなあと思っていたところに、ちょうどお話をいただいたんです。小さいお客さんを想定して絵を描いたことがなかったので、難しんじゃないかと思 [全文を読む]

NADiffが選ぶ夏休みに大人と子どもで楽しめるアートな絵本4選【SUMMER BOOK】

FASHION HEADLINE / 2016年08月13日18時00分

『水の生きもの』ランバロス・ジャー(Rambharos Jha) 訳:市川恵里 『ドミトリーともきんす』(高野文子/発売:中央公論社) 絵本、というより漫画に近いのですが、ぜひ夏休みにおすすめしたい1冊。実在の科学者たちが、もし学生寮「ドミトリーともきんす」に住んでいたら?という架空の設定で描かれたもの。朝永振一郎、牧野富太郎、中谷宇吉郎、湯川秀樹が学生 [全文を読む]

『AKIRA』から30年! 江口寿史、岸本斉史、松本大洋、貞本義行、浦沢直樹…超豪華作家80人が大友克洋ワールドを描き下ろす!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年12月21日17時00分

■執筆作家陣(順不同) 浅田弘幸、江口寿史、五十嵐大介、上條淳士、桂正和、岸本斉史、松本大洋、望月峯太郎、村田蓮爾、弐瓶勉、貞本義行、士郎正宗、田島昭宇、高野文子、竹谷隆之、谷口ジロー、寺田克也、浦沢直樹、吉田戦車 ほか ■大友克洋 漫画家・映画監督。宮城県出身。1973年『漫画アクション』にてデビュー。代表作に『童夢』『AKIRA』など。1988年、自 [全文を読む]

2017年1月26日(木)『TRIBUTE TO OTOMO』発売!世界の一線級の作家たち約80人か゛トリヒ゛ュートイラストて゛大友克洋の世界を描き下ろす!

PR TIMES / 2016年12月16日15時48分

2017年の「アンク゛レーム国際漫画祭」開催日に、フランス版・日本版を同時発売! ●執筆作家陣(順不同) 浅田弘幸、江口寿史、五十嵐大介、上條淳士、桂正和、岸本斉史、松本大洋、望月峯太郎 村田蓮爾、弐瓶勉、貞本義行、士郎正宗、田島昭宇、高野文子、竹谷隆之、谷口シ゛ロー 寺田克也、浦沢直樹、吉田戦車 ほか ●正式製品名:TRIBUTE TO OTOMO ● [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】乃木坂・西野七瀬を推すと宣言した佐藤二朗 元SKEからまさかの横やりが

TechinsightJapan / 2016年10月04日20時30分

西野の本棚には他に『黄色い本』(高野文子)、『耳かき仕事人 サミュエル』(堀道広)、『ランド』(山下和美)、『子供はわかってあげない』(田島列島)などが見受けられ、入りきらないものは実家に送るそうだ。生駒里奈、白石麻衣が「ちょっと変わったところがある」と認める彼女はなかでも『ジョジョの奇妙な冒険』について語り出すと別人のようになる。MCの上田晋也(くりぃ [全文を読む]

【新企画】マンガ家・鈴木みそ先生に読者がマンガをオススメしてみる

まぐまぐニュース! / 2015年11月20日03時30分

昔、高野文子さんの本を読んだ時に感じた、なにか変わった空気をマンガに閉じ込めた感じがあります。 介護四コマ! 新しいジャンルが色々でてくるなあ。介護ものではビックコミックの「看護助手のナナちゃん」が有名ですね。あのぴちょんくんみたいなキャラが、見慣れると人間に見えてくるというあたりに、人の脳みそのポテンシャルを感じさせてくれます(笑)。 いや、上の4コマで [全文を読む]

人気作家11名が谷崎文学にオマージュを込めたマンガ化企画「マンガアンソロジー 谷崎万華鏡」

ダ・ヴィンチニュース / 2015年06月11日18時00分

■「マンガアンソロジー 谷崎万華鏡」参加作家 榎本俊二/今日マチ子/久世番子/近藤聡乃/しりあがり寿/高野文子/中村明日美子/西村ツチカ/古屋兎丸/山口晃/山田参助(敬称略・名前順) 第1回として公開されたのは久世番子氏の「谷崎ガールズ」。軽快なタッチで、3人もの妻をもった谷崎の女性観について描いている。第2回は、近藤聡乃氏の「夢の浮橋」。血の繋がりのな [全文を読む]

今、この瞬間一番おもしろいマンガを選ぶ!「マンガ大賞2015」発表!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年03月24日16時00分

今、この瞬間一番おもしろいマンガを選ぶ!書店員を中心にした各界のマンガ好きが選ぶ、「マンガ大賞2015」が2015年3月24日(火)に発表された!大賞作品をはじめとした14位までを速報でご紹介しよう! 自伝的漫画『かくかくしがじか』 ■今、この瞬間一番おもしろいマンガを選ぶ!「マンガ大賞2015」 大賞 『かくかくしかじか』 東村アキコ/集英社 2位 『子 [全文を読む]

文芸アイドル・西田藍が読み解く『まーどぅー本』ハロプロ特有の箱庭感がもたらす幸福とは?

エンタメNEXT / 2014年11月17日22時00分

漫画では吾妻ひでお、高橋葉介、高野文子などを好きな作家として挙げる。『ダ・ヴィンチ』誌の企画「私を救った本」ベスト5にてヴィクトール・フランクルやミヒャエル・エンデの著作に並べて『道重さゆみ写真集「20歳7月13日」』を第3位に挙げている。 [全文を読む]

私たちを理科好きにする4人の“人間くさい”科学者たち

ダ・ヴィンチニュース / 2014年10月02日05時50分

高野文子の最新コミックス『ドミトリーともきんす』(中央公論新社)は、まさにこれを体現している。 誰もが知る、朝永振一郎、牧野富太郎、中谷宇吉郎、湯川秀樹の科学者4人。私たちが「天才」ともてはやし畏怖する彼らが、じつは“非常に庶民的な一面”を持っているとしたら。考えてみれば、庶民的な一面くらい、誰しも持っていて当然だが、科学の天才である4人であることの意味が [全文を読む]

フォーカス