国定忠治のニュース

アヘン戦争!メタ推理!騎兵隊!過去の「必殺スペシャル」を振り返ってみた

デイリーニュースオンライン / 2015年12月20日16時00分

日本にまで娘を追ってきたイギリス人と中国人から逃げる途中、国定忠治や遠山金四郎に助けられ、協力を申し出た平賀源内と共に熱気球で旅立つ。さらにナポレオンと合流し、敵の襲撃を受けながらも仕事人たちは清へ上陸。アヘン商人たちを暗殺して娘の恨みを晴らした。 かつての必殺スペシャルには歴史上の有名人を節操無くゲスト登場させる風潮がありました。しかし、国定忠治や遠山金 [全文を読む]

中井貴一 父の職業・役者は最も遠い商売だった

NEWSポストセブン / 2016年10月10日07時00分

国定忠治』ごっこをした時は、僕が忠治になって『赤城の山も今宵限り』ってやる時に笠さんと三井さんが子分役で隣に座ってくれて。『かわいい子分のお前たち』って言って竹光を渡したら笠さんが懐から紙を取り出して、拭いてくれました(笑)」 そんな中井だったが、大学在学中の二十歳の時に、松林宗恵監督の映画『連合艦隊』で俳優としてデビューしている。「親父の十七回忌に、僕 [全文を読む]

鼠小僧、忠臣蔵の吉良上野介、四谷怪談の伊右衛門…。浮世絵と悪人度から見る、江戸時代の人々がとらえた「悪」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年08月08日06時30分

悪人と呼ばれる中にも、盗んだ金を貧しい人に与えたという鼠小僧のような「義賊」や、博徒だが飢饉の折に農民を救済したという国定忠治のような「侠客」といった存在がいた。また『忠臣蔵』の吉良上野介は悪人として描かれることが多いが、近年は再評価され名君とする傾向もあるのだ。おそらく今後も、我々の悪人に惹かれる「性」というものは変わらないだろう。しかし時代と共に「悪」 [全文を読む]

講談師が語る真田幸村 映画「講談・難波戦記 -真田幸村 紅蓮の猛将-」のDVD 2016年1月20日(水)DVD発売!

PR TIMES / 2016年01月18日20時19分

演目は、主に歴史に関するもので、真田幸村はもちろん、水戸黄門、大岡越前、国定忠治、柳生十兵衛などの時代劇ヒーローが誕生しています。 <旭堂南湖 (きょくどう・なんこ)プロフィール> 講談師。古典講談の継承、探偵講談の復活、新作講談の創造に意欲的に取り組んでいる。日本全国の講談会、落語会で活躍中。平成14年度「大阪舞台芸術新人賞」受賞。平成22年度「文化庁芸 [全文を読む]

<放送作家・高橋秀樹の本気提案>テレビ番組企画「カヴァーズ(COVER's)」を公開提案!

メディアゴン / 2015年09月25日16時00分

長谷川伸原作の時代劇『一本刀土俵入り』や『瞼の母』『切られ与三郎』、歌舞伎の『忠臣蔵』、講談から『国定忠治』、名作『月形半平太』などが、コント芝居にして演じられました。昔の人はこういう芝居の物語のスジをたいてい知っていましたが、その元になった歌舞伎を見ているわけではなく、こう言う軽演劇で見ていた。僕ら昭和30年世代はそれがテレビで演じられていたから知ってい [全文を読む]

<勘違い?それとも幻想?>子どもの頃に見た「仮装行列」はどこに消えた?

メディアゴン / 2015年09月23日12時00分

また、今のような、アニメのキャラとか、ディズニーキャラクターじゃなく、妖怪とか、国定忠治とか、土俗性とか神話性が高かったことだろうか。格好良いとか、今っぽい感じじゃなくて、それこそ百鬼夜行のように、どこからかぼーわーんと出てきた。そのような感じでやっていた手作りの仮装行列。確か、今くらいの秋にやるものだったような気もする。だが、あれはどこから来て、どこに行 [全文を読む]

<NHK「これがホントのニッポン芸能史」>「今、落語を勉強している」と語るビートたけしのコント観・芸能観

メディアゴン / 2015年07月15日07時10分

この軽演劇の設定に使われたのは当時の人には人物設定がわかりきっている「国定忠治」や「瞼の母」「月形半平太」などの時代劇。長谷川伸さんへの挨拶とか著作権料を払うとか言う意識は全くない。長谷川さんも文句は言わない。役者は筆頭に池信一、今の人でも知っていると思われるのは渥美清、東八郎である。この主舞台であった東洋劇場にたけしさんが入ったときには、軽演劇の主な人は [全文を読む]

<決定版・欽ちゃんインタビュー>萩本欽一の財産(30)「欽ちゃんが使う笑いの形は5種類」

メディアゴン / 2014年12月06日04時42分

」 ⑤浅草軽演劇のギャグ 「ストーリーがある芝居のギャグ、時代劇をベースにしたものが中心だった『国定忠治』『瞼の母』『一本刀土俵入り』明治物では『金色夜叉』時代劇のパターンは全部長谷川伸さんが書いちゃったなあ」 僕「長谷川伸全集持ってます!」 「役に立たなかったねえ」軽くいなされる。 「さっきも言ったけど、浅草の軽演劇の人はボケもツッコミもできるように修行 [全文を読む]

<決定版・欽ちゃんインタビュー>萩本欽一の財産(29)「浅草家演劇の至芸『月形半平太』」

メディアゴン / 2014年12月04日17時12分

幕末維新の動乱を描く、行友李風作のこの戯曲、『国定忠治』とならぶ新国劇の代表作品だ。戦前戦後を通じ何度も映画化テレビ化され、月形半平太を演じた役者には、長谷川一夫、阪東妻三郎、大河内伝次郎、嵐寛寿郎、月形龍之介、市川右太衛門、大川橋蔵、辰巳柳太郎、市川海老蔵と言ったスターが並ぶ。変わったところでは森川信、寅さんの初代おいちゃん、大将が入門した浅草軽演劇のス [全文を読む]

『仁義なき戦い』は現役のヤクザが所作を教えに撮影所に来た

NEWSポストセブン / 2013年12月07日07時00分

新国劇とは『国定忠治』や長谷川伸原作の股旅モノを中心とした時代劇を得意としてきた劇団で、辰巳柳太郎・島田正吾の二大ベテラン俳優が率いていた。 新国劇の舞台に立つのと同時期に、伊吹は映画では東映と契約。『仁義なき戦い』(深作欣二監督)を始め、幾多のヤクザ映画・時代劇に出演している。 「本番を終えると、深作監督はとりあえず『オッケー』と言うんですよ。なので、『 [全文を読む]

フォーカス