松岡功のニュース

松岡修造、報道陣に激怒&説教し謝罪を「強要」

Business Journal / 2015年12月03日22時00分

また、実業家・松岡功と元宝塚歌劇団星組男役スターであった千波静の子どもとして生まれ、阪急東宝グループ創始者の小林一三を祖父に持つという生い立ち、さらに兄の松岡宏泰氏は東宝の中核を担う映画営業部に在籍するなど、名門の出自としても知られている。 そんな松岡が11月25日のP&G「リオデジャネイロ五輪 ママの公式スポンサー」キャンペーン発表会にテニスの錦織圭、 [全文を読む]

DAIGOよりも金持ち? 芸能界で最もお嬢様・お坊ちゃまなのは誰?

tocana / 2015年10月01日15時00分

曾祖父は阪急東宝グループ創業者の小林一三氏、父親は東宝名誉会長の松岡功氏。さらに、関係者によれば、「親族には企業の役員や国会議員までいるという噂です」とのこと。 そして次に名前があがったのが千秋だった。彼女の父親は東証一部上場企業・日本板硝子の会長まで務めた藤本勝司氏。さらに親戚筋には元三菱電機社長・会長の谷口一郎氏(故人)がいる。 他にも、竹下登元首相の [全文を読む]

視聴率壊滅のフジ、訴訟バトルの異常事態 32年間役員君臨の日枝会長と株主の争い

Business Journal / 2015年06月23日06時00分

ほかにも松岡功(80歳)が、27年間も取締役を務め、監査役でも茂木友三郎(80歳)が12年間、尾上規喜(80歳)が10年間、南直哉(79歳)が9年間在任。役員の長期滞留の状況を打破して、時代の変化に即応できる経営体制を構築することが急務である」 これに対しフジHD取締役会は、「その適性は在任年数だけで判断すべきものではない」として、株主提案に反対している。 [全文を読む]

緊急追悼連載! 高倉健 「背中の残響」(14)東映スターからの転換期

アサ芸プラス / 2015年01月13日09時56分

石原裕次郎さんがサファリラリーをテーマにした『栄光への5000キロ』(69年)を作った時、私がチーフ助監督だった経験を買われてのことです」 87年5月、東宝・松岡功社長や脚本の倉本聰も同席する異例の規模で製作発表が行われた。そして高倉は、異様な緊迫感を身にまとっていた──。 [全文を読む]

【ウラ芸能】松岡修造、暑苦しいだけじゃなかった

NewsCafe / 2014年11月21日15時00分

1本あたりのギャラは3000万程度と見られますが、今回の錦織関連で臨時収入も入って、年収5億円レベルに達しそうです」デスク「松岡本人もテレビで『(世界ランク)46位の自分が5位の錦織に…』なんて謙虚な口ぶりだったけど、中身がないことをペラペラしゃべる感じじゃなく、素人にも分かりやすい解説をしてたよね」記者「父親が東宝名誉会長の松岡功氏(79)で、阪急創業者 [全文を読む]

タモリ、加藤茶、倍賞千恵子他 感動を呼んだ弔辞の例を紹介

NEWSポストセブン / 2013年01月16日16時00分

【著名人弔辞リスト】 ※故人(弔辞を読んだ人)の順 ■中村勘三郎(大竹しのぶ、野田秀樹など) ■安岡力也(内田裕也) ■横山やすし(横山ノック、西川きよし) ■市川森一(西田敏行) ■森繁久彌(松岡功・東宝名誉会長) ■渥美清(倍賞千恵子) ■植木等(小松政夫) ■荒井注(いかりや長介) ■いかりや長介(加藤茶) ■坂上二郎(萩本欽一) ■美空ひばり(中 [全文を読む]

フォーカス