中曽根弘文のニュース

政府は知らずに叩き墓穴? 前川前次官「華麗なる経歴」に元首相の名

まぐまぐニュース! / 2017年06月03日22時59分

しかも喜平氏の祖父である喜作氏が目白に創設した学生寮『和敬塾』で世話になった卒業生たちは、政財界の要職に就く者も多く、三島由紀夫氏と一緒に市ヶ谷の自衛隊基地に突入できなかった『楯の会』の元メンバーも、喜平氏を貶めた事に憤ってますよ!どうでもいいような投稿を連日繰り返す貴女もまた、御主人同様、救いがたい人ですね!」(注・正しくは中曽根弘文) もともとテレビの [全文を読む]

元厚生労働副大臣中野清氏『川越を愛し、国政に尽くした菓子屋と政治家の八〇年』出版記念会を盛大に開催 その2

クオリティ埼玉 / 2016年04月04日11時15分

(先述) 発起人代表 元外務大臣・参議院議員中曽根弘文氏、地元発起人代表 川越市長川合善明氏をはじめとする総勢28名の発起人のほか、国政、県議会、市議会などからの多くの来賓が駆けつけ、熱気溢れる出版記念会となった。 中曽根弘文参議院議員は「川越への尽きることのない郷土愛、政治家38年の功績や施策は多くの人にとって参考書となるもの」、太田昭宏前国土交通大臣は [全文を読む]

超党派ゴルフ議員連盟総会開催

PR TIMES / 2014年10月09日17時53分

引き続いてゴルフ界からの税廃止要望、出席議員の質疑応答の後、中曽根弘文会長代行が税廃止に向けた決議文を読み上げ、満場一致で採択されました。 10月9日午前、衆議院第1議員会館会議室にて「超党派ゴルフ議員連盟」(以下「議員連盟」)の総会が開催されました。会議には、衆参両議員のほか、所管官庁である文部科学省、ゴルフ関連17団体等が出席しました。 会議では、議 [全文を読む]

加計学園問題 「あったものを、なかったことにする」総理周辺の“見過ごせない発言”

文春オンライン / 2017年06月03日07時00分

中曽根弘文元外相は二階派の会合で、イギリスのアクトン卿の「絶対的な権力は絶対的に腐敗する」という言葉を引用し、「今がそう、ということじゃありませんけど、常に謙虚に政治を行っていかなければ」と語った(朝日新聞 6月1日)。ちなみに中曽根氏の妻は前川氏の実妹である。 「あったものを、なかったことにできない」と前川氏は語ったが、官邸も官僚も「なかった」の大合唱 [全文を読む]

トランプが怯える特別検察官ムラー!圧力にひるまぬ海兵隊出身の鬼軍曹タイプ

J-CASTテレビウォッチ / 2017年05月26日17時32分

前川の妹・真理子は中曽根弘文元文相夫人。ひょっとすると中曾根康弘がバックにいるのかもしれない。出会い系バーによく行っているのかと質問されると、「女の子に食事をさせたりお小遣いをあげたのは貧困の女性の実態調査だった」と答えた。やや苦しいいい訳に聞こえるが、そんなことはどうでもいい。ここまで次官経験者が証言したのだから、心あるメディアは安倍首相を追い込み、妻・ [全文を読む]

自民単独過半数届かず、改憲勢力3分の2獲得へ 参院選2016「当確予測」発表

ニコニコニュース / 2016年07月10日20時00分

■政党別合計 当確予測 ※実際の当選結果と比較すると、的中率は95.04%自民党 54 ※実際の当選結果は、55公明党 12 ※実際の当選結果は、14与党合計 66 ※実際の当選結果は、69民進党 30 ※実際の当選結果は、32共産党 10 ※実際の当選結果は、6おおさか維新の会 7社民党 1生活の党と山本太郎となかまたち 1日本のこころを大切にする党 0 [全文を読む]

安倍政権は倒れるのか。共産党の英断で自公過半数割れの悪夢

まぐまぐニュース! / 2016年03月29日19時00分

合わせて28で、残りの4つの1人区からもこれから動きが出て来るかもしれないが、例えば群馬のように自民党の中曽根弘文が圧倒的に強くて民主党は候補者も出せないでいたようなところが多いので、あまり可能性はない。 そこで、この●の11選挙区で野党が確実に勝てそうで、さらに◎や○の17でも少なくとも半分くらいは勝てる見込みがないわけでないという状態で7月を迎えられ [全文を読む]

『報道特集』だけでなく「朝日新聞」もようやく慰安婦の軍主導の証拠を報道! 歴史修正の動きは止められるか

リテラ / 2015年07月26日21時00分

海外に向けて慰安婦問題の軍関与や強制性否定と慰安婦像の撤去などを働きかける方針を打ち出し、その委員会の特命委員長に中曽根元首相の息子である中曽根弘文参議院議員を就けていたからだ。 おそらく、今後、日本政府や自民党がどんなロビイング活動をしようが、海外では、息子が父親の"戦時性暴力"を隠蔽するために動いているとしか受け取られないはずだ。そういう意味で、この日 [全文を読む]

『報道特集』 がついに中曽根元首相の「土人女を集め慰安所開設」文書を報道! 息子の弘文が慰安婦否定の責任者ってなんの冗談?

リテラ / 2015年07月25日22時00分

それは、安倍政権が慰安婦問題をなかったことにするために立ち上げた自民党のプロジェクト「日本の名誉と信頼を回復するための特命委員会」の委員長に中曽根の息子である中曽根弘文が就任したからだ。 「名誉回復とか言う前に、まず、父親の責任を明らかにしろ」というまるで冗談のような話だが、この報道で、彼らがいかに卑劣なやり口で"やったこと"を"やっていない"と言い張って [全文を読む]

小渕優子氏出馬で中曽根元首相孫らとの「新・上州戦争」勃発

NEWSポストセブン / 2014年12月03日07時00分

「党群馬県連は小渕さんの出馬断念を見越し、5区からは県連会長の中曽根弘文・参院議員の長男で秘書の康隆さんの擁立を考えていた。言わずとしれた中曽根康弘・元総理の孫で、外資系金融会社出身のイケメン。小泉進次郎さんとはコロンビア大学大学院で共に学んだ親友だ。党としては2人を総選挙で前面に押し出し、アベノミクス批判を跳ね返すつもりだったのに、まさかの小渕さんの出 [全文を読む]

フォーカス