徳川斉昭のニュース

茨城県は女子ドライブにうってつけの場所!

Walkerplus / 2016年02月03日11時41分

■ 偕楽園 水戸徳川藩第9代藩主徳川斉昭が、自ら構想を練り創設した、日本三名園の一つに数えられる巨大庭園。約13ヘクタールの園内に、約100品種、3000本の梅が植えられており、早春の開花時期に壮大な景観を作り出す。2月20日(土)から3月31日(木)までは、水戸の梅まつりが開催され、野点茶会や野外琴の会などを実施。大勢の見物客が集まり、イベントを楽しん [全文を読む]

地域密着で大手に勝つサザコーヒーの秘密

プレジデントオンライン / 2017年05月12日09時15分

当時の文献を調べると、江戸幕府15代将軍・慶喜(水戸藩9代藩主・徳川斉昭の七男)がフランス人の料理人を雇い、1867年に大坂(現大阪)の晩餐会で欧米の公使をもてなし、コーヒーを出した献立も残っていた。「当時は世界のコーヒー流通の6割をオランダが占めていた」という歴史にちなみ、江戸末期に飲まれたコーヒーを現代風に再現したのだ。 当時オランダ領だったインドネシ [全文を読む]

茨城県、魅力度全国最下位に茨城県人が反論!知られざる「スゴイ魅力」

Business Journal / 2017年02月22日06時00分

さらには水戸光圀、徳川斉昭、水戸生まれではないが幼少期に水戸で教育された斉昭の息子、最後の徳川将軍である徳川慶喜。 歴史上の人物だけではピンとこなければ、タレントの鈴木奈々、渡辺直美。梅宮辰夫は一時、茨城県に転居し中学時代を過ごす。『仁義なき戦い』シリーズで知られる深作欣二監督も茨大附属中から水戸一高を経て日本大学芸術学部へ入学。そして2016年、サッカー [全文を読む]

実はスタバやコメダをしのぐ人気の個人経営のコーヒー店が存在した!そのこだわりがハンパない

Business Journal / 2016年12月21日06時00分

江戸幕府15代将軍・慶喜(水戸藩9代藩主・徳川斉昭の七男)がフランス人の料理人を雇い、1867年に大坂(現大阪)で欧米の公使をもてなした歴史にちなみ、江戸末期のコーヒーを再現した。 インドネシア産の最高級マンデリンを用い、慶喜の曽孫にあたる徳川慶朝氏がサザコーヒーで焙煎技術を学び、製造したものだ。店舗では「徳川将軍カフェオレ」の名前で提供して人気商品に育て [全文を読む]

「こんにちは」と「お母さん」は同じ語源だった。意外な日本語のルーツ

まぐまぐニュース! / 2016年01月18日19時00分

日本の将来は古代から日本人がいのちの恩として愛してきたかがやく太陽のようでなければならぬ・・・[2,p61] そして水戸藩主・徳川斉昭が「長い間日本人が用いてきた日の丸こそ日本を代表するに相応しい」として、日の丸を「日本総船印」とするよう決断したのである。 「そしたら、『私の子だから』といってくれました」 境野氏の本は、高校生に講演した内容である。自分たち [全文を読む]

【ドライブで行く】茨城の人気観光スポット~西行法師も絶賛!?名瀑・庭園をドライブ~

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2015年05月22日09時00分

1842年に水戸藩第九代藩主・徳川斉昭が開園した。 本園の広さは約13haだが、拡張部を含めた「偕楽園公園」は300haで、都市公園としてはニューヨークのセントラルパークに次いで世界第2位! 約100品種、3,000本の梅の名所として有名だが、桜、キリシマツツジ、孟宗竹や杉林、萩の花やモミジと、四季を通して植物が見ごろとなる。 別墅「好文亭」のみ有料だが [全文を読む]

歴代天皇の質素な生活 外交評論家 加瀬英明

クオリティ埼玉 / 2014年02月06日06時06分

慶喜公といえば、水戸藩主の徳川斉昭の子として生まれ、分家の一橋家を嗣いだが、幼少から食事といえば一汁一菜だった。鳥肉か、魚が月に3日ついた。布服や、蒲団は木綿か、麻で絹は使われなかった。 美食や贅沢は、町民が行うものだった。武士は生活の規範として、質素であることを求められた。もっとも、庶民も日常の食事は一汁一菜だった。 もちろん、武士のなかにも華美の風俗 [全文を読む]

ねばっぺねばっぺねばっぺよー♪ 茨城が生んだ「水戸ご当地アイドル(仮)」

日刊サイゾー / 2013年05月13日11時00分

また、観光地や名物の数々を紹介しながら、“オセロ発祥の地”“ルーズソックスも水戸生まれ”といったトリビアも次々とスピットし、果ては「水戸藩第9代藩主徳川斉昭公マジリスペクト!」とまで言い放つ振り切ったラップがたまらない。僕が一番好きなのは、サビ前の「水戸ナンバーで繰り出せ東京へ」というフレーズで、北関東特有(?)のヤンキーすらもひとつの文化として受け入れ、 [全文を読む]

フォーカス