藤岡好明のニュース

【DeNA】藤岡好明はベイスターズの「サムライソウル」だから

文春オンライン / 2017年05月28日11時00分

人の良さが滲み出ている藤岡好明の笑顔 雨ニモマケズ、風ニモマケズ、慾ハナク、決シテ瞋ラズ、イツモシヅカニワラッテヰル。 小学生くらいでしょうか、この詩を初めて読んだ私はどうして作者が「そういうものに私はなりたい」と思うのか、全然理解できませんでした。だってお金持ちになりたいし、自分を勘定に入れて欲しいし、そこまで人助けをしてるのにデクノボーなんて呼ばれたく [全文を読む]

巨人・内海&相川が昇格!DeNAは須田とエリアンを抹消 20日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年05月20日13時30分

代わってこのあとの試合で先発するクラインと藤岡好明が一軍に昇格している。 13時現在のプロ野球公示は以下の通り。 <5月20日の公示情報> ※再登録=5月30日以降 ■ 東北楽天ゴールデンイーグルス -登録- 50 入野貴大/投手 =抹消= 21 釜田佳直/投手 ■ オリックス・バファローズ -登録- 20 近藤大亮/投手 68 鈴木 優/投手 =抹消= [全文を読む]

今季のFA人的補償で唯一の若手 広島・一岡が活躍する可能性

NEWSポストセブン / 2014年02月08日07時00分

一岡竜司(巨人→広島)、脇谷亮太(巨人→西武)、中郷大樹(ロッテ→西武)、藤岡好明(ソフトバンク→日本ハム)、鶴岡一成(DeNA→阪神)だ。3年目を迎える23歳の一岡を除けば、ベテランや中堅クラスの選手が指名された。あるスポーツライターは人的保証についてこう話す。 「人的補償を要求するチームは、FA流出による痛手に即効性を求めるため、計算できる選手を獲得す [全文を読む]

オリックス・安達が復帰!ソフトBは摂津を抹消 25日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年05月25日15時05分

<5月25日の公示情報> ※再登録=6月4日以降 ■ 北海道日本ハムファイターズ -登録- 36 中村勝/投手 ■ 福岡ソフトバンクホークス -登録- 48 岡本健/投手 =抹消= 50 摂津正/投手 ■ オリックス・バファローズ -登録- 3 安達了一/内野手 =抹消= 33 縞田拓弥/内野手 ■ 横浜DeNAベイスターズ -登録- 1 熊原健人/投手 [全文を読む]

【5月23日プロ野球全試合結果】筒香嘉智が特大アーチ、菅野智之が今季6勝目、首位楽天が16安打の猛攻で快勝

サイクルスタイル / 2017年05月23日22時45分

投げては、3番手の藤岡好明投手が今季初勝利。対する中日は序盤にリードを奪うも投手陣が踏ん張りきれず、連勝は4でストップした。■巨人、完封リレーで阪神を下す…菅野智之が7回無失点で今季6勝目巨人は5月23日、甲子園球場で阪神と対戦。先発の菅野智之投手が7回無失点の好投を見せ、1-0で勝利した。巨人は0-0で迎えた7回表、走者一、二塁の場面で小林誠司捕手が適時 [全文を読む]

DeNA、投打がかみ合い快勝…筒香嘉智が弾丸ライナーで右翼最上段へ突き刺す

サイクルスタイル / 2017年05月23日21時34分

投げては、3番手の藤岡好明投手が今季初勝利。 対する中日は序盤にリードを奪うも投手陣が踏ん張りきれず、連勝は4でストップした。 [全文を読む]

【プロ野球】さすが育成のハム!日ハムから他球団に渡った選手たち

デイリーニュースオンライン / 2016年05月20日16時04分

人的補償は藤岡好明(今季開幕直後、DeNAへ移籍)。今季成績は、29試合/打率.300/0本塁打/3打点。 ※各成績は5月17日現在 このほかにも、日本ハムからキャリアスタートして他球団に渡った選手は、金森敬之(ロッテ)、鵜久森淳志(ヤクルト)、矢貫俊之、實松一成(ともに巨人)、八木智哉、工藤隆人(ともに中日)らがいる。 今年4月11日、乾真大が大累進との [全文を読む]

【プロ野球】FAの人的補償をチャンスに変えた選手たち

デイリーニュースオンライン / 2015年01月12日11時50分

1996年 川辺忠義投手(河野博文の補償で巨人→日本ハム) 2002年 平松一宏投手(前田幸長の補償で巨人→中日) 2002年 ユウキ投手(加藤伸一の補償で近鉄→オリックス) 2006年 小田幸平捕手(野口茂樹の補償で巨人→中日) 2006年 江藤智内野手(豊田清の補償で巨人→西武) 2007年 吉武真太郎投手(小久保裕紀の補償でソフトバンク→巨人) 2 [全文を読む]

岡田阪神JFK誕生が分岐点か FA人的補償の約6割が救援投手

NEWSポストセブン / 2014年02月14日16時00分

一岡竜司(巨人→広島)、脇谷亮太(巨人→西武)、中郷大樹(ロッテ→西武)、藤岡好明(ソフトバンク→日本ハム)、鶴岡一成(DeNA→阪神)だ。 鶴岡はDeNAの正捕手、脇谷もかつて巨人のレギュラーを張った選手。中郷、藤岡は2年連続30試合以上に登板している貴重な中継ぎである。彼らのようなレギュラー級の選手が人的補償として移籍することになった要因には、投手の分 [全文を読む]

FA人的補償 移籍後もっとも在籍年数が長い選手は中日・小田

NEWSポストセブン / 2014年02月12日16時00分

一岡竜司(巨人→広島)、脇谷亮太(巨人→西武)、中郷大樹(ロッテ→西武)、藤岡好明(ソフトバンク→日本ハム)、鶴岡一成(DeNA→阪神)らが、すでに新天地でスタートを切っている。 今年を除けば、過去15選手がFAの人的補償による移籍を果たしている。FA選手と人的補償選手を、単純に移籍先での在籍期間で比べてみよう(年はオフ、現役選手の在籍年数は今年も含む)。 [全文を読む]

フォーカス