宇津木妙子のニュース

【プロ野球】篠田麻里子、倖田來未…開幕戦の始球式で成功したのは!?

デイリーニュースオンライン / 2015年04月02日10時50分

【巨人】宇津木妙子(元ソフトボール女子日本代表監督) 80点 昨年はケネディ駐日大使を起用するなど、政治色の強い印象が強い巨人。今年は世界野球ソフトボール連盟理事で日本ソフトボール協会副会長の宇津木妙子氏を招き、始球式を行った。背番号は東京五輪での野球・ソフトボール競技復活の願いを込めた「2020」。ボールは山なりで内角低めに。捕手の手前でワンバウンドし [全文を読む]

絆・感謝・信頼・勇気など 心をふるわせるフェアプレイ・ストーリーを募集 「日本フェアプレイ大賞」創設

PR TIMES / 2014年06月04日18時18分

宇津木妙子理事が選考委員長、為末大氏も特別選考委員に ~大賞作品は漫画化して全国の小中学校へ~ 日本体育協会(東京都渋谷区/会長 張 富士夫)では、2011年より、「フェアプレイ」が社会に浸透することを目指し、全国で「『フェアプレイで日本を元気に』キャンペーン」を展開していますが、2014年、キャンペーンを更に広める企画として、「日本フェアプレイ大賞」を創 [全文を読む]

【プロ野球】土屋太鳳、藤原紀香…開幕戦の始球式を勝手に採点

デイリーニュースオンライン / 2016年03月30日16時04分

今年も『週刊野球太郎』では、独断で開幕戦始球式を採点してみた! ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! 【巨人】桃田賢斗 (NTT東日本バドミントン部)<95点> 昨年の宇津木妙子(元ソフトボール女子日本代表監督)に引き続き、アスリートを招聘した巨人。桃田は2015年にバドミントン界の最高峰のひとつであるBWFスーパーシリーズで優 [全文を読む]

「キリトルTV」でスポーツ界の裏側を紹介!

Smartザテレビジョン / 2015年10月02日23時28分

その時、マウンドへ駆け寄った宇津木妙子監督は、何事かを選手に語り掛け、選手たちも祈りのように何かをささやきながら強敵に立ち向かう。 そして、度重なるピンチにも選手全員が一つにまとまり、30年ぶりにアメリカに勝利。決勝ではアメリカとの再戦に惜しくも敗れ、銀メダルに終わったものの、選手たちは一丸となって戦えた喜びに晴れやかな笑顔を見せた。 そして、8年後の北京 [全文を読む]

「努力は報われる」か否か…永遠のテーマに賛否

NewsCafe / 2015年05月16日12時00分

先日、巨人開幕戦の始球式を務め注目を浴びた宇津木妙子氏。2000年シドニー五輪・2004年アテネ五輪で日本代表を率いたソフトボールの名将であり、昨年には世界野球ソフトボール連盟の理事に就任するなど活躍中の彼女は、著作も豊富だ。なかでも2001年に幻冬舎から出版された単行本「努力は裏切らない」は、教育者・ビジネスマン必読の書として人気が高い。この「努力は裏切 [全文を読む]

大谷翔平と上野由岐子が東京五輪に向けエール交換

Smartザテレビジョン / 2015年01月26日10時00分

ソフトボールからは、北京オリンピックで金メダルを獲得した宇津木妙子監督、上野由岐子投手が登場し、競技復活をアピールした。東京オリンピックで競技復活の可能性があるというニュースを聞いた時「オリンピックの舞台を知っているだけに気持ちも高ぶった」と話す上野投手。宇津木監督も「もう一度オリンピックで優勝したい」と競技復活を願った。 この後、上野投手と大谷選手は、 [全文を読む]

心をふるわせるフェアプレイ・ストーリーを募集!「日本フェアプレイ大賞」創設

ITライフハック / 2014年06月11日17時00分

大賞を選考する選考委員会は、日本体育協会理事で元女子ソフトボール日本代表監督の宇津木妙子氏を委員長とし、陸上競技でトップアスリートとして活躍された為末大氏やスポーツジャーナリストなど計5 名で構成される。日本フェアプレイ大賞の選出作品は、日本体育協会発行の「体協フェアプレイニュース」特別版として2015 年2 月に漫画化され、壁新聞として全国の小中学校約3 [全文を読む]

祝・第二子出産! 長谷川京子の「美しすぎるマタニティ」独占撮。2月1日発売「Grazia」3月号に掲載。

PR TIMES / 2012年02月01日11時07分

■Grazia3月号 内容■ ・長谷川京子 美しすぎるマタニティ ・私が変わる! おしゃれの挑戦 ・リン・チーリンが着る「イージーシック」 ・「リップ×チーク」で新しい私 ・ブランド適齢期へようこそ 松雪泰子×カルティエ ・いい女には、いい男友だちがいる 内田恭子×古田敦也/伊勢谷友介×丹羽順子/沢村一樹×JUJU ・速水もこみち シルクロードを旅して感 [全文を読む]

フォーカス