尾崎士郎のニュース

徒歩圏内に見どころ満載! 大森の歴史・文化スポット

Walkerplus / 2015年08月19日07時00分

尾崎士郎記念館 「尾崎士郎記念館」は、馬込文士村の大将と呼ばれた文豪の晩年の自宅を復元・公開したもの。尾崎は昭和初期、大田区山王に居を構え、萩原朔太郎、広津和郎ら親しい文人たちを呼び寄せて「馬込文士村」と呼ばれる一大文士集団を形成した。建物の外側から当時のままに、原稿や酒瓶などが置かれた室内を見渡せる。 ■ 馬込文士村 資料展示室 その馬込文士村の主 [全文を読む]

「くじけるな。くじけたら最後だ。堂々とゆけ」(尾崎士郎)【漱石と明治人のことば71】

サライ.jp / 2017年03月12日06時00分

よしんば、中道にして倒れたところで、いいではないか」 --尾崎士郎 ベストセラー『人生劇場』で知られる作家の尾崎士郎は、明治31年(1898)愛知・横須賀村に生まれた。 大の相撲好き。大森・馬込に文士仲間と集っていた若き日には、山本周五郎、今井達夫らを率いて大森相撲協会を組織。自らマワシをしめ、「夕凪」という四股名(しこな)で本気で相撲に明け暮れていた。「 [全文を読む]

歴史と自然あふれる大森の文化施設を散策

Walkerplus / 2015年08月30日07時00分

近所に住んでいた尾崎士郎は、駆け出しの頃、広大な山王草堂を羨望の眼差しで眺めていたこともあったようです。後に尾崎は『人生劇場』などで成功を収め、旧宅が現在記念館として復元されています。2013年、『カタルパの小径』開通により、山王草堂記念館と尾崎士郎記念館が徒歩数分の場所として結ばれました」(大田区立山王草堂記念館学芸員・黒崎力弥)。 山王に住んだ蘇峰に思 [全文を読む]

NHK朝ドラ「花子とアン」聖地巡礼ガイドの決定版! 『「花子とアン」のふるさとから』 馬込文士村散策マップ&文士人名解説つき!

PR TIMES / 2014年10月31日11時10分

<<目次>>一の章 ドラマ『花子とアン』の魅力を語り尽くす“重症”朝ドラマニアが見た『花アン』の魅力/あえて疑問点をさがすと…/韓流演出をうまく咀嚼した中園脚本/(人名解説)村岡花子/柳原燁子=百蓮/片山廣子/吉高由里子/中園ミホ/村岡恵理二の章 三島由紀夫はなぜ、馬込に居を構えたのか?環七は「谷中通り」だった/自決の日、馬込界隈にて/意外と付き合いの良か [全文を読む]

離婚を恐れない生き方 いい男は昔の男を忘れ去った頃にやってくる

ウートピ / 2016年08月24日20時00分

作家の尾崎士郎氏や画家の東郷青児氏、小説家の北原武夫氏など、才能あふれる男性陣との華麗なる恋愛・結婚遍歴を持ち、その人生は波乱に満ちている。 [全文を読む]

愛国心ということ

クオリティ埼玉 / 2015年07月05日00時32分

私は彼のユニークな読書論の感想を述べたが、盛り上がったのは二人の母校と縁が深い『人生劇場』(尾崎士郎)が話題になった時だった。 (山田 洋) [全文を読む]

工藤美代子が語る 宇野千代は100年程時代を先駆けた人

NEWSポストセブン / 2015年05月17日16時00分

「最初の夫と気持ちよく別れた、と彼女は書いているけど、尾崎士郎の小説を読むと、夫は北海道から東京に出てきてしっかり嫌味を言っているんです。彼女が『関係を持たなかった』と書いている梶井基次郎についても、尾崎は煙草を投げつける決闘場面を書いています」 男から見た宇野千代像が非常に頭が良い理詰めの女性になる、というのも面白い。彼女自身、決して作品の中で見せなか [全文を読む]

フォーカス