河井継之助のニュース

ソニン、ブロードウェイの新進気鋭演出家に「いい意味で裏切られた」

Entame Plex / 2015年03月06日18時47分

“最後のサムライ”と呼ばれ、動乱の時代に最後まで武士道を貫いた越後長岡藩の河井継之助の一生を描いている。 主人公:河井継之助を演じた市原は、舞台への出演は約5年ぶり。とはいえ、彼自身舞台への思いは強く、「(舞台は)とても重要な場所。舞台に上がれる喜び、楽しさ、ありがたさを感じながら、日々精進して最後まで気を緩めずいきたい」と熱弁。 また、今回市原は自ら長岡 [全文を読む]

市原隼人、初主演舞台で侍を怪演!

Smartザテレビジョン / 2015年03月07日06時27分

本作は、300年続いた徳川幕府が終わり、明治維新の荒波が日本を揺るがした時代に存在した“最後のサムライ”と呼ばれた男・河井継之助(市原)の一生を描く。アメリカ・ブロードウェーで活躍するイヴァン・キャブネットが演出を手掛けることでも話題となっている。 市原は、激動の日本をいち早く察知し、画期的な改革を成し遂げつつも武士道を守り抜いた男・継之助という人物を演 [全文を読む]

東出昌大が語る司馬遼太郎の魅力――人生を変えた司馬文学

文春オンライン / 2017年06月11日17時00分

“司馬ファン”になるきっかけ―『峠』に酔いしれた 『峠』は幕末の長岡藩で家老を務めた河井継之助が主人公の小説です。世の中が明治新政府中心に変っていく中で、それを良しとせず、最後は旧幕府側として戦い亡くなるまでを描いています。 負けるとわかりながらも、自分の信念を貫いた河井のような生き方をした人が、今から百数十年前に実際にいたことにまず衝撃を受けました。 [全文を読む]

「尊敬する人物は親です」という答えが損な理由/増沢 隆太

INSIGHT NOW! / 2015年09月15日06時40分

間違ってもその際に大村益次郎とか河井継之助とかアフマド・マスードとかでは説明が難しいだろうと想像したからです。自分の言いたいことや、正直な思い「だけ」を伝えるのが面接ではありません。「相手」によっても伝え方を変える、コミュニケーションの原則をしっかりと踏襲して意思疎通を図ることが面接というコミュニケーションの目的です。親を尊敬しているかどうかは面接の目的で [全文を読む]

6月は「こころの旅路」を辿って~西会津 大山祇神社への道

クオリティ埼玉 / 2014年06月16日13時00分

只見町で思いがけず戊辰戦争で長岡藩を率いて戦い会津へ逃れる途中で没した河井継之助の墓(記念館も併設)を目にしたので、この英傑に心から手を合わせた事を良く覚えている。 これ以降、毎年六月には車で大山祇神社詣でを続けている。大震災以降は東北道はやめて関越道新潟回りなのだが、今回、この大山祇神社へと続く道こそが心の旅路そのものだと気づいたのである。参拝以外の予定 [全文を読む]

【全ビジネスパーソン必読!】『人を動かす 超訳 勝海舟の言葉』発売【どんな逆境でも勝ち続けた男の名言集】

PR TIMES / 2013年10月22日14時19分

著書に『水の旅立ち』(文藝春秋)『北越の龍 河井継之助』(角川書店)『福沢諭吉』『小栗忠順』(共に作品社)『今こそ知っておきたい災害の日本史』(PHP研究所)、訳書に『ガンジー』(潮出版社)ほか。本書が百三十七冊目の著書となる。 【商品情報】 著 者:岳 真也 定 価:1470円 ページ数:256 判 型:四六判 初版発行:2013/10/25企業プレスリ [全文を読む]

フォーカス