木村和司のニュース

1月に脳梗塞と診断された木村和司氏、5月より解説業復帰

ゲキサカ / 2015年05月12日17時21分

1月に脳梗塞と診断され、リハビリを行っていた元日本代表の木村和司氏(56)が、5月より解説業に復帰している。所属事務所の有限会社シュートは、1日に『ご報告と御礼』と題したリリースを更新。「今年2月より治療とリハビリに専念しておりました木村和司ですが、5月の海外サッカー解説から仕事に復帰いたしますことをご報告させていただきます」と発表した。 木村氏は1958 [全文を読む]

木村和司氏が脳梗塞…現在は回復傾向と所属事務所

ゲキサカ / 2015年03月06日19時03分

元日本代表の木村和司氏(56)が脳梗塞で搬送されていたことが分かった。所属事務所の有限会社シュートが発表している。 所属事務所によると、木村氏は今年1月20日に体調不良を訴えたといい、搬送された病院で脳梗塞と診断された。現在は投薬治療、リハビリの成果もあり、順調に回復に向かっているという。本人は現場復帰したいとの意向を示しているが、しばらくの間を休養にあて [全文を読む]

史上5人目の4試合連続ゴールを狙う原口「ギラギラした部分を僕は持っている」

ゲキサカ / 2016年11月10日21時10分

明日のオマーン戦でも取りたい」 長い歴史のある日本代表でも、4試合以上連続でゴールをマークしている選手は意外に少なく、6試合連続の木村和司をトップに、5試合と4試合連続3度の釜本邦茂、同じく4試合連続の渡辺正、FW三浦知良と、わずかに4人。現代表で最多の通算49得点を決めているFW岡崎慎司も原口と同じ3試合が最高だ。 4試合連続ゴール達成へ、追い風もある。 [全文を読む]

【日本サッカー見聞録】望月三起也さんを偲ぶ会に思う

超ワールドサッカー / 2016年07月08日11時50分

▽会には「ゴルゴ13」で有名なさいとう・たかを氏、お別れの言葉を述べた「ロボタン」などのギャグ漫画を描いた森田拳次氏を始め、サッカー界からは付き合いの深かった三菱サッカー部の監督の二宮寛氏や、杉山隆一氏、森健兒氏、田口光久氏の他、三起也さんのサッカーチーム「ミイラ」に縁のある奥寺康彦氏、早野宏氏、前田秀樹氏、木村和司氏、水沼貴史氏を始め、芸能界からも多くの [全文を読む]

W杯予選5戦連発の新記録にも淡々…本田「意外なんですよね」

ゲキサカ / 2015年11月18日04時41分

W杯予選での5試合連続ゴールは、85年のメキシコ大会予選で木村和司氏が記録した4戦連発を超える新記録となった。 報道陣にそのことの感想を聞かれた本田は「意外なんですよね、それを聞いて。アジア予選は今までもあったわけでしょ」と返答。むしろ先人たちが過去に記録していなかったことを不思議がった。 「今日の課題は明らかに前半だった」。前半を終えてピッチから引き上げ [全文を読む]

サッカーにおける“エースナンバー” 背番号10の系譜

ゲキサカ / 2015年05月22日12時15分

日本代表では木村和司、ラモス瑠偉(現岐阜監督)、名波浩(現磐田監督)、中村俊輔(横浜FM)らが歴代の10番を務め、現在は香川真司(ドルトムント)が歴史を受け継いでいる。 サッカーで「背番号10」の価値を確立させたのは元ブラジル代表のペレだと言われている。4度のFIFAワールドカップに出場し、3度の優勝に導いた「サッカーの王様」は、17歳で出場した1958年 [全文を読む]

アディダスのW杯カフェ、六本木ヒルズに限定オープン。EXILEイメージソング公開

FASHION HEADLINE / 2014年06月02日18時00分

アディダス契約アドバイザーの木村和司、名波浩、小倉隆史、宮本恒靖の監修による、これまでのFIFA ワールドカップにおける名シーンを放映する他、今回のブラジル大会にちなんだ特別メニューを提供する。 またアディダスジャパンのみならず、大会をサポートする企業が最新の商品やテクノロジーを紹介する展示やイベントを実施。「サッカーショップ カモ(KAMO)」では、限定 [全文を読む]

4年に1度の祭典を盛り上げる“特設カフェ”が六本木ヒルズに登場!「2014 FIFA World Cup Brazil(TM) STADIUM」5月31日(土)より期間限定オープン!

PR TIMES / 2014年05月14日09時36分

カフェ内では、アディダス契約アドバイザーの木村和司氏、名波浩氏、小倉隆史氏、宮本恒靖氏が監修した、これまでの “FIFA ワールドカップ”における名シーンを放映するほか、”2014 FIFA ワールドカップ ブラジル”にちなんだ特別メニューを提供する予定です。サッカー日本代表戦を含めた”2014 FIFA ワールドカップ ブラジル”公式戦のパブリックビュー [全文を読む]

フォーカス