坂田利夫のニュース

【エンタがビタミン♪】マチャミ、噂になった芸人の名に動揺 “久本雅美を好きそうな男性有名人 TOP10”

TechinsightJapan / 2016年07月10日20時20分

黒島は正解できず時間切れで「9位 坂田利夫」と発表されると「出たー!」と再び大騒ぎ、陣内智則や有吉から「もう、一緒になりなはれや」「結婚の噂は根強いですよ」と冷やかされ、久本は全力で手を横に振り「ええ人やけど、ホントにごめんなさい!」と否定するのだった。 2014年11月、坂田利夫が『坂田利夫50周年記念公演』で明石家さんまを迎えてトークした際に、「師匠、 [全文を読む]

<イベント開催レポート>芸能界、大物独身貴族のひとり坂田師匠へ、未知やすえさんがデートテクニックを指南!

PR TIMES / 2015年11月18日09時47分

心斎橋人気カフェとコラボ!ジェットスターカフェ期間限定オープン記念イベントジェットスターグループは、このたび11月17日(火)に、坂田利夫さん、未知やすえさんをゲストにお招きし、大阪心斎橋「W CAFE」にて「ジェットスターカフェ期間限定オープン記念イベント」を開催いたしました。ジェットスターグループは、このたび11月17日(火)に、坂田利夫さん、未知やす [全文を読む]

ビジネス関西人には必須!? LINE「よしもと芸人 飛び出て喋るスタンプ」登場!

ガジェット通信 / 2016年08月12日10時00分

桂文枝(旧・桂三枝)、坂田利夫、間寛平など大御所からトレンディエンジェル、渡辺直美など今をときめくスターまで多彩なキャラクターが、キャッチフレーズとともにスマートフォンホン画面から飛び出すかのような新感覚の“ポップアップスタンプ”だ。 筆者が確認した限り実用的なものは 「あ~りが~とさ~ん」(坂田利夫) 「おはようBaby(後略)」(NON STYLE) [全文を読む]

「追悼特別番組 ありがとう花紀京さん」GAORA SPORTSでの緊急放送が決定

PR TIMES / 2015年08月26日13時23分

さらにVTRで西川きよし、坂田利夫、花紀さんの付き人だった間寛平の追悼コメントもお届け。 よみがえる絶妙のボケの数々、新喜劇の笑いの教科書となった珠玉の芸を、今一度、ご覧ください。 【司会】 小籔千豊、 宇都宮まき 【出演】 内場勝則、 すっちー、 池乃めだか、 チャーリー浜、 やなぎ浩二、 島田一の介、 末成由美、 浅香あき恵、未知やすえ 【VTR出演 [全文を読む]

<「めちゃイケ」は末期症状?>「嘘熱大陸」企画は番組終焉への序章か

メディアゴン / 2017年07月31日07時40分

①ジミー大西②山田親太朗③アニマル浜口④坂田利夫⑤松野明美⑥森脇健児⑦エスパー伊東⑧細川たかし全体的にはどういう画を撮りたいのかがいまいち伝わってこなかったが、この8人への密着には、色々な企画意図のものが混じっていると感じた。①ジミー大西、②山田親太朗、③アニマル浜口、⑤松野明美、⑦エスパー伊東の5人は、おそらくターゲットたちの天然ボケを撮りたかったのだろ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】今田耕司&東野幸治「よしもとは年金方式」「互いのギャラ知らない」

TechinsightJapan / 2017年06月08日18時00分

そこで今田が「70代の師匠がみんな幸せそうなんですよ」と先輩に触れると、東野が「坂田師匠(=坂田利夫・75)なんて朝起きてNGK(なんばグランド花月)行って、横向きに歩いて帰っていくだけですから。幸せじゃないですか」と爆笑させた。今田と東野は「我々は上の人のために働くみたいな」「年金システムです」「我々のギャラが安いのは坂田師匠がご飯食べるためです」と2人 [全文を読む]

明石家さんまら大物芸人が山口組幹部と密接交際の過去発掘

デイリーニュースオンライン / 2017年06月03日12時10分

「『烈俠外伝』には、間寛平や坂田利夫、B&B、月亭八方らが加茂田組の地蔵盆に参加していたときの写真が掲載されていますが、それもほんの一握りです。実際には、吉本興業が組織を上げて、加茂田組といい付き合いをしていた。明石家さんまに至っては、加茂田家親族の結婚式の司会までしていますからね。ヤクザとの交際や商取引が半ば公然として認められていた、牧歌的な時代だった [全文を読む]

「肋骨9本骨折」から復帰の間寛平に吉本芸人が施していた“治療”とは?

アサ芸プラス / 2017年06月01日09時58分

ほかにも、家族しか面会できない当初から坂田利夫が連日見舞いに訪れたりもしていたようですよ。痛めた体の治癒には笑いが有効という説もある。さんまを始め、芸人仲間たちの見舞いのおかげで、思いのほか早く復帰ができたのかもしれませんね」(芸能記者) 記者会見でも、痛い体で報道陣を笑わせ、いつも笑いの渦の中にいる寛平だけに、今後の回復も早まるのでは?(伊藤その子) [全文を読む]

アラフィフ独身のナイナイ岡村隆史が婚活に本気になれない“2つの理由”

アサ芸プラス / 2017年03月10日09時58分

それは、事務所の大先輩、坂田利夫。岡村同様、まるで女に縁がない独身中高年だ。芸能ライターが苦笑しながら続ける。「地震があったら電話がきて、『大丈夫か、岡村。大丈夫か。大丈夫やな。でも、気ぃつけなあかんで』って。で、最後の最後に『エエか。結婚だけはすなよ。ワシを裏切ったら知らんで』と毎回念押しするそうですから」 岡村の嫁取りの道は遠く険しい。(塩勢知央) [全文を読む]

「べっぴんさん」感謝祭“THE男会”で濃厚トーク!

Smartザテレビジョン / 2017年01月16日19時39分

出演者の皆さんに坂田利夫さんの歩き方を教えたんです。『これかできたら大阪で結構エエで』と。一番上手にできたのは土村(芳)さん。現場で皆さん、見せてもらってください」と土村の新しい特技を明かした。 ほか、自分が女性だとしたら誰が一番好みですか?と聞かれた高良は、悩んだ後に「龍ちゃん」と回答。「えっ」と驚く森永悠希に、高良は「…好き」とぽつり。「どのあたりが? [全文を読む]

維新・足立議員が「アホは関西では敬称」と主張 関西人に聞いた結果

しらべぇ / 2016年05月17日17時30分

これは15日に行なわれた大学生らとの交流の席で述べたとされるもので、上方の大物芸人である坂田利夫氏の名を挙げて釈明した流れ。大阪育ちの足立議員としては「あくまで方言であり、悪い意味ではない」と主張したかったのかもしれないが、逆効果だったよう。ネット上ではさらに批判の声が強まっている。今後、足立議員(@adachiyasushi)に言及するときは、「アホの足 [全文を読む]

仁鶴師匠、さんま、ダウンタウン、ナイナイに聞く「生まれ変わっても芸人やりますか?」

Business Journal / 2016年02月25日07時00分

「アホの坂田」でお馴染みの坂田利夫師匠は、レストランで母親とご飯を食べていたら、高校生が「アホがおるぞ」と騒ぎだしたことがあり、その時に母親が立ち上がって、「うちの子はアホと違います! 仕事です!」と顔を真っ赤にして言い返されたそうです。「親には悪いことをした」と言っていました。芸人には、そういう苦労があることもわかってもらいたい。若手だと、「前説に行った [全文を読む]

はんなり京美人のおもてなしに岡村隆史らがニヤケ顔

Smartザテレビジョン / 2015年10月19日21時00分

10月25日(日)に放送される「なるみ・岡村の過ぎるTV」(ABCテレビ)は、ナインティナイン・岡村隆史と坂田利夫、池乃めだかの3人が秋の京都を満喫するツアーをスペシャルで放送する。 今回は坂田師匠の快気祝いと、めだか師匠の芸能生活50周年を祝し、岡村が二人の師匠と共に京都の風情をのんびりと楽しむ。スタジオでは、なるみとすっちーが“ちっさいオッサン”の3人 [全文を読む]

モーニング娘。ヒット曲、シャ乱Qの歌だった!?

Smartザテレビジョン / 2015年10月10日03時02分

ダンスのイメージは坂田利夫による“アホの坂田の歩き方”だったという。つんく♂からそれを聞かされた直後のことを振り返った飯田圭織は「つんく♂さん何の冗談ですか?」と思ったことを明かした。 また、「LOVEマシーン」から加入した後藤真希について、当時、安倍が複雑な思いを持っていたことを告白。保田圭も後藤がセンターに入ることに驚いたことを打ち明けた。 番組の最 [全文を読む]

千原ジュニア、麒麟・川島に続く吉本興業「超大物お笑い芸人」電撃結婚説

アサ芸プラス / 2015年10月07日09時58分

「アホの坂田こと、坂田利夫師匠ですよ! 長年、独身を貫かれている師匠ですが、70歳を過ぎていよいよ寂しくなったようで、本気で結婚を考えているみたいです。その気になれば、相手はいくらでもいるでしょうし」 10月に74歳を迎える坂田。実際、坂田は今年9月に行われたイベントで結婚に意欲を見せ「マンションでもダイヤの指輪でも買うたるでー」と「未来の妻」に向け、財力 [全文を読む]

[10月7日 今日のバースデー]

ゲキサカ / 2015年10月07日06時00分

Others 坂田 利夫(タレント、1941) 桐野 夏生(作家、1951) 氷室 京介(ミュージシャン、1960) 叶 恭子(タレント、1962) 生田 斗真(俳優、1984) [全文を読む]

明石家さんま断言!アホの坂田に“モテキ”はなかった

Smartザテレビジョン / 2015年07月31日07時00分

8月1日(土)放送の「さんまのまんま」(関西テレビ)に、坂田利夫と間寛平がゲスト出演する。大腿(だいたい)骨骨折で入院していた坂田は、退院後初のテレビ出演。寛平と共に登場すると、坂田はさっそく「ええ部屋やね、家賃なんぼすんの?」とボケをかます。さらに骨折の真相について、ある朝寝起きに目まいを起こし、転倒した際に骨折したこと、床をはってドアまでたどり着き、お [全文を読む]

【独特過ぎて逆に面白い】紅白の裏で放送していた番組(超マニアック編)

しらべぇ / 2014年12月28日12時00分

なぜか、千葉テレビは 20:00 「関西オープンボウリングトーナメント」 21:30 「杉原輝雄ゴルフ万才」 22:00 「おとなのえほん拡大版▽坂田利夫・桂小枝」 なんという独特すぎるラインナップだろうか。ちなみに今年の紅白の時間帯は、テレビ神奈川は高校野球神奈川県大会を振り返る番組、ハワイの紹介番組などを放送。千葉テレビはパチンコ番組、バイクの番組な [全文を読む]

実娘が監督・主演の映画『0.5ミリ』に、父・奥田瑛二が“仕込んだ”シロモノとは?

日刊サイゾー / 2014年12月22日19時00分

これだけファミリー色が映画は、これまでにないですね」(映画関係者) ほかには津川雅彦や坂田利夫、東出昌大、浅田美代子らが出演しているが、これらの出演者もすべて“家族”で決めたのだという。 「まあ、原作が桃子監督の小説ですから、当然、キャスティングには彼女の意向が強く反映されるのですが、まだ監督2作目の作品ですからね。そういった意味では、映画業界では奥田さん [全文を読む]

安藤サクラが「和製女デ・ニーロ」と呼ばれるワケ

アサ芸プラス / 2014年11月13日09時59分

津川雅彦、坂田利夫らが演じる老人たちに接近、言葉巧みに取り入り、押しかけ介護士として働くサクラが抜群にいい。桃子監督は自他ともに認めるシスコン。サクラのことが大好きで、目に入れても痛くないほどかわいがってきた。奥田瑛二が仕事と女遊びでほとんど家に帰ってこなかったためか姉妹の絆は強い。桃子監督は『サクラマニア』を自称するだけあって、一番いい表情を知っており、 [全文を読む]

フォーカス