愛染かつらのニュース

木村拓哉『ALIFE~愛しき人~』は『白い巨塔』『愛染かつら』を超えるか?

メディアゴン / 2017年02月03日07時40分

数有る医療ドラマの走りは、川口松太郎原作の『愛染かつら』(フジ1965・1968・1974、NHK1976)だろう。医師と看護婦のラブストーリーを縦糸に、彼らを取り巻く人間ドラマを横糸に織り成すメロドラマ的古典の名作だ。山崎豊子はそれを超えるべく『白い巨塔』(1963)を描いたとき綿密な資料と取材により、「これが医学界の実態だ!」と言わんばかりの迫真性を持 [全文を読む]

「家の美は心の美をつくる」(川口松太郎)【漱石と明治人のことば121】

サライ.jp / 2017年05月01日06時00分

翌年から婦人雑誌に連載した『愛染かつら』で流行作家となった。 川口はゴルフ好きだった。まだゴルフ人口が少ない戦前から、小金井カントリーの会員となってゴルフをはじめた。ところが初め、勝手がよくわからず、一番ティーグラウンドで素振りをして芝を削りとってしまいひどく叱責を受けた。以来、ゴルフのエチケットやマナーを徹底的に勉強し、頭の中に叩き込んだ。 戦後、作家の [全文を読む]

<予告編もドラマの一部>『ALIFE~愛しき人~』木村拓哉の名演技

メディアゴン / 2017年03月09日07時30分

【あわせて読たい】・<名作ドラマの条件>木村拓哉『 A LIFE~愛しき人~』の共感と幸福感・キムタクの演技が際立つドラマ「A LIFE~愛しき人〜」 ・「A LIFE ~愛しき人~」の沖田はキムタク以外に演じられない! ・<全力疾走のキムタクに共感>「A LIFE ~愛しき人~」を入院経験者として支持 ・ 木村拓哉『ALIFE~愛しき人~』は『白い巨塔』 [全文を読む]

<名作ドラマの条件>木村拓哉『ALIFE~愛しき人~』の共感と幸福感

メディアゴン / 2017年03月03日07時40分

【参考】木村拓哉『A LIFE~愛しき人~』は『白い巨塔』『愛染かつら』を超えるか?時代や世相による変化はあるものの、心の琴線に触れる名作ドラマとは、それを見た視聴者が、どれ程「共感できるか」によるのだろう。現在、筆者の琴線に触れ、長く記憶にとどめることになると思われる名作ドラマは、間違いなく木村拓哉主演のTBSドラマ「A LIFE~愛しき人~」だ。筆者が [全文を読む]

<ALIFE~愛しき人~>キムタクが叫ぶ堕落した医者達への警告

メディアゴン / 2017年02月07日07時30分

【参考】木村拓哉『ALIFE~愛しき人~』は『白い巨塔』『愛染かつら』を超えるか?日本全国、大小を問わずどこの医療現場にもいる。人間であるかぎり、功名心、出世欲、名誉欲は、誰しも持っている。人の健康、生命を守る医師とて例外ではない。医師が心の内で少しくらい費用対効果の算盤を弾いたとしても、何ら責められるべき言われはない。しかし、医師が己れの欲や功名心ばかり [全文を読む]

日本の母たちを最も泣かせた映画

クオリティ埼玉 / 2015年05月12日13時57分

「日本映画は生きている 第5巻 監督と俳優の美学」(岩波書店 2010年刊)の中で愛知県立大学の野沢公子教授は、川口を「1939年の空前のヒット作『愛染かつら』の原作者として大衆の感情に訴えるノウハウを熟知し、新生新派を統括する経営能力を見込まれた」として、「日本社会の激しい変化を視野に入れつつ、手馴れた『お涙もの』と『母もの』をメロドラマの図式にした」と [全文を読む]

ひと目逢いたい

クオリティ埼玉 / 2014年11月05日16時03分

愛染かつら」も「君の名」もひと目逢いたかったのだ。そしてひと目が果たされず悲恋としてその恋は散ってゆく。秋の枯葉のように。 枯葉といえば、シャンソンの名曲の一つにあるが「しかし、私は貴方を愛してきたが多くの誤解を与えてしまった・・・」という日本語訳があったが、恋は錯覚と誤解が溶け合って甘美な味を醸し出しているのかもしれない。五輪真弓の「枯葉散る・・・この [全文を読む]

昼ドラ200作の歴史“ドロドロ路線”になるまで

WEB女性自身 / 2013年07月05日07時00分

「『もしも……』の長内美那子さんは、『愛染かつら』(フジテレビ系・’65年)にも出演。ヨロメキ系の代表的な女優さんです。脚本も、実力派の作家さんが活躍された時代。『むらさき心中』『テネシーワルツ』などを執筆した佐々木守さんは、岡崎友紀主演でドラマ化された少女マンガ『ママはライバル』のような、コメディタッチのものを手がけています。『蒼ざめた午後』『愛の嵐』な [全文を読む]

フォーカス