橋本徹のニュース

橋本徹の「刺青職員外し」に小森純が「反旗」

アサ芸プラス / 2012年04月12日10時57分

橋本徹の「刺青職員外し」に小森純が「反旗」「ちゃんとした理由で入れている人もいる」 「タトゥは全然、悪いとは思わない。後悔しているとは言いたくない」 TBS系のバラエティ番組「私の何がイケないの?」で3月22日、女性の悩みワースト20を特集した。その中でワースト10に入ったのが、今流行のタトゥ。番組に出演したタレントの小森純(26)は、知る人ぞ知るタトゥ愛 [全文を読む]

USEN音楽放送にて、Free Soul 専門チャンネルをスタート

PR TIMES / 2014年07月01日11時55分

90年代から現在に至るまで、音楽カルチャーに絶大な影響を与え続ける、ミリオンセラー・コンピ・シリーズ『Free Soul』のグルーヴィー&メロウな世界観をそのままに、Free Soulの提唱者である橋本徹(SUBURBIA) 監修のもと、USENだからこそ可能になった選曲のフリー・ソウル・チャンネルとなっています。 コンピCDの収録曲に加え、CDには収録 [全文を読む]

キリンジ、 『フリー・ソウル・キリンジ』発売記念特設サイトでライナーノーツ募集企画スタート

okmusic UP's / 2014年03月19日11時00分

キリンジの珠玉の名曲の数々を橋本徹(SUBURBIA)氏が選曲・監修した『フリー・ソウル・キリンジ』が4月2日に発売される。 【その他の画像】キリンジ発売を記念して特設サイトでは、収録されている全31曲の各曲のライナーノーツ(解説文)を募集する企画がスタート。収録順に毎日1曲ずつライナーを31曲分(31日間)募集する。楽曲に対する思いや、エピソード、聴き所 [全文を読む]

ミリオンセラーコンピシリーズ『Free Soul』にキリンジ登場

okmusic UP's / 2014年01月31日15時00分

人気コンピレーションシリーズ『フリー・ソウル』からSUBURBIAの橋本徹が選曲・監修を担当した『フリー・ソウル・キリンジ』がリリースされる。【その他の画像】キリンジ本企画の発端となった橋本徹は『フリー・ソウル』のプロデュースをはじめ、洋邦問わずジャンル・時代を超えて世の中のグルーヴィー&メロウで良質な音楽を紹介し続ける“シブヤ系"と呼ばれるカルチャーの火 [全文を読む]

東国原英夫 橋本徹の「維新解体クーデター構想」を暴露(3)

アサ芸プラス / 2014年01月08日09時55分

辞める時に橋下さんと争ったことなどはまったくありません。離党を伝えると慰留されて、「辞めないでください、これから新党を立ち上げるために骨を折ってください、尽力してください」と言われましたが、僕は「限界ですわ」と答えました。そして、「一回僕は腹を切ります、もし来年、橋下さんが立ち上がるようであれば、応援させていただきます」とだけ言い残しました。 離党したら法 [全文を読む]

東国原英夫 橋本徹の「維新解体クーデター構想」を暴露(2)

アサ芸プラス / 2014年01月07日09時55分

インタビュー翌日に提出された辞職願は、即日受理され、維新の候補者が繰り上げ当選となった。この1年で東国原氏は維新らしさが喪失していく様を目の当たりにしたという。 日本維新の会では、石原慎太郎共同代表(81)をはじめとする旧太陽系議員と、橋下徹共同代表(44)の下に集った議員との対立が報じられている。離党の背景には、この確執があったという。 大阪維新の会では [全文を読む]

東国原英夫 橋本徹の「維新解体クーデター構想」を暴露(1)

アサ芸プラス / 2013年12月26日09時55分

◆アサヒ芸能12/24発売(1/2・9合併号)より [全文を読む]

小池知事の鼻を明かせ。私怨でIOCを動かす森元首相のノミの心臓

まぐまぐニュース! / 2016年10月30日08時00分

その手の政治家の典型と思えた小泉純一郎や橋本徹でさえも、小池の徹底した見栄え戦略にはおよばない。 公開される予定の四者協議が、はたしてどちらのペースで行われるのか。「海の森」のコストダウン案あたりを落としどころとし、テレビカメラがまわる四者協議は単なる友好セレモニーに終わりそうな気もするが、ぜひとも小池知事にはガチンコでのぞんでほしいものだ。 image [全文を読む]

新番組で何を語る?橋下徹の芸能活動再開は「国政進出」の布石か!?

アサ芸プラス / 2016年02月18日09時59分

昨年12月で大阪市長を退任した橋本徹氏が4月スタートのバラエティ番組にレギュラー出演することが発表された。この番組は、フリーアナウンサーの羽鳥慎一と共演すること以外、タイトルも内容も未定だという。 政界進出以前から歯に衣着せぬ物言いで大きな反響を得ていた橋下のバラエティ復帰に、他局のテレビ関係者も注目しているという。「以前は茶髪をトレードマークとして好き放 [全文を読む]

ぱるる、紗栄子、AKIRA…2015年“炎上BEST11を勝手に選出

デイリーニュースオンライン / 2015年12月31日16時00分

その後、所属していた維新の党の代表(当時)橋本徹氏の説得もむなしく(「法に触れない限りは議員の身分は奪われません」と主張したという)、党を除名して無所属に。8月21日にはフォト自叙伝「小百合」を刊行し、テレビ番組にも多数出演。だが情報バラエティ番組「上沼・高田のクギズケ!」(読売テレビ)では怒り心頭の上沼恵美子に「(国会議員を)1回辞めたらどう?」と迫られ [全文を読む]

フォーカス