濱野智史のニュース

「アイドルはクソ」発言で大炎上した濱野智史が「僕がクソ」と涙の公開生謝罪...アイドル共産党宣言とは何だったのか

リテラ / 2017年02月17日14時30分

「アイドルはもちろんクソなんかじゃありません! 僕がクソなだけです!」 社会学者・批評家にして、アイドルグループ・PIP(Platonics Idol Platform)のプロデューサーである濱野智史が、11日に配信されたニコニコ生放送の番組『濱野智史の告解と懺悔──PIPとは何だったのか』のなかで涙ながらこのように謝罪し、一時ツイッターでトレンド入りする [全文を読む]

「アイドルってクソ」濱野智史が暴言連発で大炎上!「アイドル共産党宣言」の志は一体どこへ?

リテラ / 2015年10月02日12時00分

アイドル業界に蔓延する「搾取」の構造を変革するというマニフェストを掲げ、PIP(正式名称Platonics Idol Platform)なるアイドルグループを自らプロデュースし戦ってきたはずの濱野智史が裏切った! 濱野といえば、『アーキテクチャの生態系──情報環境はいかに設計されてきたか』(NTT出版)などの著書で知られ気鋭の社会学者・若手批評家として注目 [全文を読む]

アイドルが運営に恋をしてしまったら…? 姫乃たまがPIP総合プロデューサー濱野智史に問う

リアルサウンド / 2014年08月30日17時38分

濱野智史さんは、近年のアイドルブームを終わらせます。少なくとも私はそう思っています。参考:アイドルが売れるには厄介オタも必要!? 姫乃たまが濱野智史に“ガチ恋の心理”を尋ねる 夏のはじめ頃、濱野さんが「誰でもアイドルになれる」をコンセプトに、アイドルグループの運営を始めるらしいという話を聞きました。AKB48を発端とする「会いに行ける」アイドル戦国時代が幕 [全文を読む]

著名人予想最多は指原!放送中に中村麻里子ハプニングも!

dwango.jp news / 2014年05月22日23時52分

ゲストは、青木宏行(光文社編集長)、青木篤志(全日本プロレスレスラー)、宇野常寛(PLANETS編集長)、高橋道雄 九段(将棋棋士)、濱野智史(「前田敦子はキリストを超えた」著者)、AKB48大好き芸人 ボン溝黒(カナリア)、北村洋平が出演。速報観戦直後ということもあり、興奮冷めやらぬままで議論は開始された。当日は、生放送視聴者からも意見を募集、途中にアン [全文を読む]

乃木坂46はAKB48を超えるか? 躍進の背景にテレビ重視のメディア戦略

リアルサウンド / 2014年03月10日17時05分

気鋭の批評家/情報環境研究者でアイドル文化にも詳しい濱野智史氏は、過去のリアルサウンドのインタビュー(参考:「みんなが疲弊しないアイドル環境を作りたい」濱野智史が“厄介ヲタ”になりかけて決意)において、乃木坂46の強みを次のように語っている。 「いわゆる在宅ヲタ――つまり、アイドルは大好きだけど、握手会やライブにはほとんど足を運ばないというファンにとって [全文を読む]

批評家・濱野智史がアイドルプロデューサー宣言! 新グループのコンセプトを明かす

リアルサウンド / 2014年02月14日15時04分

気鋭の批評家/情報環境研究者でありながら、重度のアイドルヲタクとしても知られる濱野智史氏が、新規結成アイドルグループの総合プロデュースをすることを発表し、その第一期生を募っている。情報環境に関する研究を専門としている濱野氏がプロデュースするというだけに、IT機器やWEBメディアを駆使した、これまでにないアイドルグループの結成が期待されているが、実際のところ [全文を読む]

こんな技術を待っていた!ドワンゴ×NTTのコラボ第一弾「全天周映像向けインタラクティブ配信技術」と「視聴品質最適化技術」

ITライフハック / 2014年02月05日06時00分

■NTT R&Dフォーラム2014「Co-Innovation ~あなたとともに、未来を創るR&D~」の概要開催期間:2014年2月13日(木)~2月14日(金)午前10時~午後5時開催場所:NTT武蔵野研究開発センタ(東京都武蔵野市緑町3-9-11) ■『NTT R&Dフォーラム2014 夜まで「Co-Innovation」直前生放送』概要放送日時:20 [全文を読む]

「顧客対応は大企業よりも優秀」サービス業化する地下アイドルが日本社会を変える!?

リアルサウンド / 2013年09月09日12時00分

アーキテクチャの視点からネット環境を分析する気鋭の批評家/社会学者で、近年はAKB48をはじめとするアイドルに関する著作や発言も増えている濱野智史氏が、地下アイドルシーンの魅力とその特徴を語り尽くす集中連載第3回。最終回となる今回は、自身の体験をもとにファンの行動原理を詳しく分析しつつ、アイドルによるファンサービスの高度化が日本の産業構造の変換を先取りして [全文を読む]

AKB48、東京ドームコンサートBlu-ray Discが本日発売、CMの長尺版も配信スタート

okmusic UP's / 2012年12月19日15時00分

「AKB48 in TOKYO DOME〜1830mの夢〜徹底討論!」と題した本作は、田原総一朗、小林よしのり、宇野常寛、中森明夫、濱野智史がAKB48について真剣な討論を繰り広げているというもの。アカデミックな部屋の中で約1時間、田原総一朗氏が主導となり、「AKBにとって前田敦子は何だったのか」「なぜこのDVD&Blu-rayがすごいのか」という2つのテ [全文を読む]

AKB48、東京ドームコンサートBlu-ray Discが本日発売、CMの長尺版も配信スタート

リッスンジャパン / 2012年12月19日15時00分

「AKB48 in TOKYO DOME~1830mの夢~徹底討論!」と題した本作は、田原総一朗、小林よしのり、宇野常寛、中森明夫、濱野智史がAKB48について真剣な討論を繰り広げているというもの。アカデミックな部屋の中で約1時間、田原総一朗氏が主導となり、「AKBにとって前田敦子は何だったのか」「なぜこのDVD&Blu-rayがすごいのか」という2つのテ [全文を読む]

AKB48、東京ドームDVD & Blu-rayのTVCMにて有識者5人がAKBをテーマに“激論”

リッスンジャパン / 2012年11月21日16時00分

田原総一朗、小林よしのり、宇野常寛、中森明夫、濱野智史の5名が出演するTVCMは、AKB48について真剣な討論を繰り広げているというもの。これはアカデミックな部屋の中で約1時間、田原総一朗氏が主導となり、「AKBにとって前田敦子は何だったのか」「なぜこのDVDなのか」という2つのテーマについてガチで討論している様子を撮影した前代未聞のTVCMとなっている。 [全文を読む]

濱野智史 × 渡辺淳之介が語る、アイドルとプロデューサーの関係性 濱野「なにかあったときは赦すべきでした」

リアルサウンド / 2017年02月09日06時00分

参考:『豆腐プロレス』AKB48グループの中で誰が一番強い? アイドルシーンの裏側、とりわけスタッフの過失に生々しく迫った本作を、誰よりも苦々しい思いで観たのは、濱野智史その人ではないだろうか。アイドル評論家として『前田敦子はキリストを超えた 〈宗教〉としてのAKB48』(ちくま新書)を刊行するなどして名を馳せ、自らアイドルグループ・PIP(Platoni [全文を読む]

アイドル業界、運営側とメンバーのトラブル頻発で縮小…崩壊寸前グループ、奇跡の物語始動

Business Journal / 2015年09月26日06時00分

PIP(Platonics Idol Platform:ピーアイピー)は、社会学者の濱野智史氏がプロデュースしたことで話題になったアイドルグループだ。9月22日、タワーレコード吉祥寺店(東京)を振り出しに、初めてのシングルCD『僕を信じて』(発売元:tokyo torico、販売元:ユニバーサルミュージック合同会社)のリリースイベントを開始した。PIPがデ [全文を読む]

日本のインターネットの「屈折」を読み解くキーワード

ニューズウィーク日本版 / 2015年09月04日17時26分

『アーキテクチャの生態系――情報環境はいかに設計されてきたか』(濱野智史著、ちくま文庫)は、2008年にエヌティティ出版から刊行された書籍を文庫化したもの。よくある情報社会論的なアプローチとは一線を画しているため、インターネットが普及したここ10数年のプロセスを振り返るにあたっては大きな役割を果たすだろう。 本書の主題は、主に二〇〇〇年以降、インターネット [全文を読む]

東京のカープ女子が、広島のカープファンとふれあい、見たものとは―広島FM・TOKYO FM共同制作特別番組「カープ女子、広島のその先へ」

PR TIMES / 2015年08月18日13時28分

戦後70年、節目となる今年の平和記念式典や、同日夜マツダスタジアムで行われた「ピースナイター2015」広島カープ対阪神タイガースの試合を観戦し、”元祖カープ女子”ら地元のファンたちとふれあい、感じたこととは?さらに、球団歌『それ行け!カープ』作詞者・有馬三恵子や「カープ女子」ブームの火付け役となったマンガ『球場ラヴァーズ』著者・石田敦子、社会学者でアイドル [全文を読む]

アイドル業界、衰退期へ突入?効率良く成功するための方法を、現役アイドルたちと考える

Business Journal / 2015年08月15日06時00分

そこに関して私はまだ足りていないと感じているので、私もセルフ・プロデュース力を上げたいです!」(森) 著名な社会学者でもある濱野智史氏が総合プロデューサーを務め、14年末から活動開始した「アイドルが自らアイドルをプロデュースしていく」という新しいかたちのアイドルグループPIPからは、濱野氏とメンバーの石川野乃花(リーダー)、空井美友、濱野舞衣香の4名。「グ [全文を読む]

供給過多アイドル界 関心つなぎにおかしな行動で注目集めも

NEWSポストセブン / 2015年06月24日16時00分

アイドル事情に詳しい社会学者・濱野智史氏はこう語る。 「地下アイドルの活動シーンは、一般に想像されている芸能界とはだいぶ違う。大手の事務所に所属しているグループはほとんどなく、活動は本人たちに任せきりのケースがほとんどです。 現在のアイドル界は明らかに供給過多です。地下アイドルたちは限られたファンの関心をつなぎ止めることに腐心し、精神的に追い込まれている。 [全文を読む]

速報後どこよりも早いAKB48総選挙予想が決定

dwango.jp news / 2015年05月22日21時26分

そのまま、会場となったニコファーレでは、倉持明日香、北原里英、そしてMCの吉田尚記(ニッポン放送アナウンサー)を残し、青木宏行(光文社編集長)、青木篤志(プロレスラー,世界ジュニアヘビー級37代目王者)、宇野常寛(PLANETS編集長)、濱野智史(社会学者、批評家)、ボン溝黒(AKB大好き芸人)、目黒スプリング 北村(北原里英大好き芸人)ら論客を招き世界一 [全文を読む]

指原、横山、木崎らAKBメンバーが“いじめ”を語る

Smartザテレビジョン / 2015年04月08日00時29分

また、“おじさん世代”代表のゲストには蛭子能収、論客にはAKBファンとしても知られる評論家・宇野常寛氏と、アイドルのプロデューサーとしての顔も持つ情報環境研究者・濱野智史氏が登場する。 収録終了後、指原は「テーマは『いじめ』だったのですが、こうしてメンバー同士で真面目な話をするのも、みんなの真剣な意見を聞くのも初めてでした。時にはお互いの意見を否定したり [全文を読む]

マクドナルド「異物混入対策」を発表、アルバイト15万人を「スマホ」で教育

弁護士ドットコムニュース / 2015年02月03日18時50分

そこに社会学者の濱野智史さんと、消費生活アドバイザーの蒲生恵美さんが、外部有識者として参加する。 日本マクドナルドでは、今年1月上旬に人気商品「チキンマックナゲット」にビニール片が混入していたことが発覚して以降、立て続けに「異物混入」が報告されていた。騒動を受けて、同社は1月7日に記者会見を開き、関係者や顧客に迷惑をかけたことを謝罪し、信頼回復を誓っていた [全文を読む]

フォーカス