山縣有朋のニュース

水屋を備えた日本を体感するスイートルームホテルのコンセプトルーム 和室スイート 誕生

PR TIMES / 2016年09月28日15時19分

山縣有朋の思いを馳せた庭園を見渡す和のしつらえ~ホテル椿山荘東京(東京都文京区・総支配人:本村 哲)では、2014年に客室の改装計画を発表し、同年11月に第一期、2015年9月に第二期改装を終え、2016年9月には第三期の客室改装を経て、「世界をもてなす、日本がある。」というホテルのコンセプトを体現した和室スイートが装い新たに稼動を開始いたしました。新し [全文を読む]

第21回「山本七平賞」受賞作が決定。正賞は川田稔著『昭和陸軍の軌跡』、奨励賞に中野剛志著『日本思想史新論』

PR TIMES / 2012年09月14日09時26分

近代日本の政治外交史、政治思想史を専門とし、原敬、濱口雄幸、山縣有朋など主に大正期の人物を中心に研究を行っている。また、柳田国男を政治思想史的観点から研究している。主な著書に、『柳田国男の思想史的研究』『「意味」の地平へ』(以上、未来社)、『原敬と山縣有朋』(中公新書)、『激動昭和と浜口雄幸』(吉川弘文館)などがある。◆奨励賞:『日本思想史新論』(ちくま新 [全文を読む]

「ほたるの夕べ」が60年以上続いているワケ 椿山荘で楽しめる幻想的な光景

東洋経済オンライン / 2017年05月26日08時00分

■演出で庭園に蛍を放ったことが始まり同社によると、そもそもホテルの立地は、南北朝時代から椿が自生する景勝地「つばきやま」として知られており、江戸時代は上総久留里藩黒田氏の下屋敷、明治維新後は元勲・山縣有朋の所有となった。その後、庭園をそのままに保存するべく、藤田財閥に委譲されるも、戦火によりほとんどが焼失してしまう。「藤田観光の創業者小川栄一が、“荒廃した [全文を読む]

【ホテル椿山荘東京】歩いて、食して、そして感じる…巡って楽しめるホテル!「楽焼」の展示、4/25開始

Digital PR Platform / 2017年05月01日11時31分

山縣有朋がこの地に感銘を受けて詠んだ言葉が記された碑や、伊藤若冲下絵によって作られたと言われる羅漢石、珍しい椿や滝の音、池の鯉などの自然も楽しみながら、竹の手すりの風情ある階段を登ると国の有形文化財の三重塔へ。高台で青空に包まれての深呼吸は、日ごろの疲れを癒すひとときをご提供します。織田有楽斎ゆかりの十三重の塔などのほか、樹齢約500年と言われる神々しい御 [全文を読む]

歩いて、食して、そして感じる…巡って楽しめるホテル 「楽焼」の展示、4/25開始 庭園散策の後は、宇治の魅力を味わい、日本を代表する楽焼を

PR TIMES / 2017年04月25日19時48分

山縣有朋がこの地に感銘を受けて詠んだ言葉が記された碑や、伊藤若冲下絵によって作られたと言われる羅漢石、珍しい椿や滝の音、池の鯉などの自然も楽しみながら、竹の手すりの風情ある階段を登ると国の有形文化財の三重塔へ。高台で青空に包まれての深呼吸は、日ごろの疲れを癒すひとときをご提供します。織田有楽斎ゆかりの十三重の塔などのほか、樹齢約500年と言われる神々しい御 [全文を読む]

文京区・目白台に肥後熊本の魅力が集結 東京都文京区「肥後細川庭園」誕生を記念して 「永青文庫」“熊本城-加藤清正と細川家-”展示と、「ホテル椿山荘東京」熊本を代表する“井上泰秋 小代焼”展示

PR TIMES / 2017年03月17日11時37分

細川家の庭園であった池泉回遊式の優美な「肥後細川庭園」、熊本と強く深いつながりを持ち細川家に伝わる文化財を保存・公開する「永青文庫」、明治の元勲 山縣有朋の残した庭園に起源を持ち、展示やイベントを通して伝統・文化・歴史を体感する機会を提供する「ホテル椿山荘東京」という文京区・目白台地域の3施設に、この春、熊本の魅力が集結します。[画像1: https:// [全文を読む]

文化発信のホテルとして 日本の工芸品の展示 初回は、ホテル椿山荘東京にゆかりある萩より萩焼「萩窯変花瓶」を

PR TIMES / 2017年02月16日12時21分

ホテル椿山荘東京の庭園は、山縣有朋が明治時代に邸宅とともに築き「椿山荘」と命名したことで知られるほか、造園の際に、出身地である萩の風景を再現したものと言われています。今回は、有朋の故郷の山口県は萩ご出身の陶芸作家 吉賀將夫氏の、普段はなかなか間近で鑑賞することのできない、窯変による色合いの変化が見どころの萩焼をご鑑賞いただきます。 この後も工芸品の展示、 [全文を読む]

谷亮子は大塩平八郎にソックリ!? 歴史上の人物に似ている有名人4選

tocana / 2016年08月22日08時00分

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/08/post_10625.html】■渡部陽一・山県有朋 2010年からバラエティ番組に出演するようになった戦場カメラマンの渡部陽一は元内閣総理大臣の山縣有朋に似ている。 山縣は幕末から明治・大正にかけて活躍した軍人であり政治家。長州藩出身の山縣は、吉田松陰の松下村塾に学び、高杉晋作らと [全文を読む]

[選手権]“狂うほど”の想いと“プロ並み”の走力強化、流経大柏が日本一へ挑戦

ゲキサカ / 2014年12月28日06時33分

07年度の全国高校選手権や昨年度のプレミアリーグチャンピオンシップで流経大柏を日本一へ導いている名将は、幕末に活躍した山縣狂介(山縣有朋)らが名に入れた「狂」という文字を計り知れないほどの強い想いと重ねた。「『キチガイだよ、アイツは』と言われるくらいの想いがないとダメじゃないのかと。何でもね、サッカーに限らず」。その“狂うほど”の想いが、流経大柏の強さの源 [全文を読む]

今年の夏休みは都会のオアシスで… ホテル椿山荘東京「Summer Splash~五感で満喫する夏~」 昨年好評の「シャンパン・ガーデン2014」も開催!

PR TIMES / 2014年06月30日14時55分

ひとつめは、明治の元勲・山縣有朋公の頃の名残を留める幽翠池と、勢いよく流れ落ちる五????滝(ごじょうだき)。つい眺めてしまう涼しげな光景は、辺りの深緑とあいまって、流水の音とともに五感を刺激します。また、弁慶橋の横に位置するほたる沢では、日に幾度か霧を発生させることで、雲海が広がる深山幽谷の世界を作り出しています。夜(日没~23:00)には雲海がライトア [全文を読む]

最高勲章「大勲位菊花章頸飾」 国家元首除く生前叙勲は6名

NEWSポストセブン / 2014年05月10日16時00分

皇族や外国の国家元首以外の叙勲は極めて少なく、生前に授与されたのは、伊藤博文、大山巌、山縣有朋、松方正義、東郷平八郎、西園寺公望の6名のみ。戦後の生前叙勲は一例もなく、内閣総理大臣を長く務めた吉田茂と佐藤榮作の没後叙勲にとどまっている。 「頸飾」とは頸飾りのことで、すべての勲章の中で唯一22金製。頸飾部分は古篆字の「明」と「治」。菊の花葉をそれぞれあしら [全文を読む]

世界の偉人たちの知られざる性癖

週プレNEWS / 2013年11月20日19時00分

有名なのが高杉晋作、伊藤博文、山縣有朋など明治政府の礎をつくったエリートらから「先生」と慕われた吉田松陰。さらに「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」でもおなじみの俳人・正岡子規も童貞容疑が濃厚だ。 「女とやったら負けだと思っている」と考えていた童貞原理主義系偉人も少なくなかった? (取材/コバタカヒト[Neutral]、尾谷幸憲) ■週刊プレイボーイ36号「12 [全文を読む]

二・二六事件で天皇が討伐を命じなければ内乱になった恐れも

NEWSポストセブン / 2013年01月23日16時00分

明治時代には山縣有朋、大山巌といった元老・軍人が軍部に重きをなしていたので、その矛盾は表に出ることはなかった。しかし昭和天皇には頼りとすべき重臣がいなかった。 そこから天皇の長く孤独な戦いが始まった。 昭和天皇が即位してまもない昭和3年(1928)、張作霖爆殺事件が発生する。日本、満州、中国を揺るがす大事件に、田中義一首相は「首謀者を徹底的に処罰します」と [全文を読む]

フォーカス