本多静六のニュース

「本多静六を支えた妻銓子と養父晋」企画展開催

クオリティ埼玉 / 2015年11月11日13時05分

久喜市の本多静六記念館では、企画展「本多静六を支えた妻銓子と養父晋」を開催する。 本多静六の妻銓子(せんこ)は、日本で4番目に公認女医になった人物で、英語にも堪能だったそうだ。養父晋は、一橋家の家臣で、後に彰義隊の頭取を務めた人物。久喜市(旧菖蒲町)で生まれ、「公園の父」として、明治神宮をはじめ、日本全国の公園設計や風景策を設計した、本多静六博士を知る上で [全文を読む]

ロスチャイルド、豊臣秀吉、本多静六は、なぜ大富豪になれたのか? 『暴落を買え! 年収300万円から始める資本家入門』 インデックス投資と短期売買では資産家になれない

DreamNews / 2017年05月31日10時00分

◎本書の要点富を築きたいなら「株」しかない●資本家こそが一番大きな分配を受けられる●種銭作りは本多静六の「四分の一貯金」の実践を●好景気には勤倹貯蓄を、不景気には思い切った投資を●いい会社に投資するための7つの基準●インデックスファンドの投資先には問題企業も組み入れられている●普通の勤め人の多くが億万長者になった会社がある●「いい会社」を「割安な株価」で買 [全文を読む]

伝説の声優が再集結して!銀河英雄伝説でアニメ化していない原作を朗読化! 銀河英雄伝説ユリアンのイゼルローン日記&黄金の翼&ダゴン星域会戦記をキクボン限定配信!(http://kikubon.jp/)

DreamNews / 2016年01月04日15時00分

■kikubon(キクボン:http://kikubon.jp/)概要サイトURL:http://kikubon.jp/配信中作品一覧≪田中芳樹作品≫ 銀河英雄伝説本伝・外伝(朗読:下山吉光)、アルスラーン戦記(朗読:下山吉光)、薬師寺涼子の怪奇事件簿シリーズ(朗読:土師亜文)、創竜伝、ラインの虜囚(第22回うつのみやこども賞受賞作 朗読:浅井晴美)、タイ [全文を読む]

若き日のラインハルトとキルヒアイスの活躍を描いた「銀河英雄伝説 黄金の翼(著:田中芳樹)」を広中雅志のキルヒアイスと堀川りょうで、キクボン(http://kikubon.jp/)が初音源化!(敬称略)

DreamNews / 2015年12月24日16時00分

■配信中作品一覧≪田中芳樹作品≫ 銀河英雄伝説本伝・外伝(朗読:下山吉光)、アルスラーン戦記(朗読:下山吉光)、薬師寺涼子の怪奇事件簿シリーズ(朗読:土師亜文)、創竜伝、ラインの虜囚(第22回うつのみやこども賞受賞作 朗読:浅井晴美)、タイタニア(朗読:岸尾だいすけ)、アップフェルラント物語(朗読:吉崎亮太)、ゼピュロシア・サーガ 西風の戦記(朗読:浅井晴 [全文を読む]

待望の大作!唯一アニメ化されてない長編作品「銀河英雄伝説ユリアンのイゼルローン日記」がキクボン(http://kikubon.jp)にてアニメ版の声優を加えた豪華オリジナルキャストで音源化し販売開始!

DreamNews / 2015年12月21日13時00分

現在、キャンペーン中!フォームに「kikubon会戦」を入力する事でポイントプレゼント!配信中作品一覧≪田中芳樹作品≫ 銀河英雄伝説本伝・外伝(朗読:下山吉光)、アルスラーン戦記(朗読:下山吉光)、薬師寺涼子の怪奇事件簿シリーズ(朗読:土師亜文)、創竜伝、ラインの虜囚(第22回うつのみやこども賞受賞作 朗読:浅井晴美)、タイタニア(朗読:岸尾だいすけ)、ア [全文を読む]

“非貯金ループ”からの脱出法とは?「お金がないから結婚できない」は間違い?結婚で貯金増

Business Journal / 2014年07月21日14時00分

それは本多静六博士という人です。--林学博士の本多静六氏ですか?小山 そうです。本多氏は東京帝国大学農科大学(現東京大学農学部)の教授で日本初の林学博士です。帝大の教授ですから、それなりの収入があったのですが、それを目当てに本多氏の家には親戚が転がり込み、結局貧乏生活が続きました。 [全文を読む]

由布院、屈指の人気温泉を「つくった」90年の裏歴史…3人の「うるさい立役者」の戦い

Business Journal / 2017年02月10日06時00分

日本で最初の林学者と呼ばれた本多静六博士(明治神宮や日比谷公園などの設計者)が1924年10月に当地で語った講演をまとめた「由布院温泉発展策」です。それには「ドイツのバーデンバーデンに学べ」「町中が公園のようであればいい」「地場の産物を研究開発する」といった多くの提言がされています。爺さまの世代が感動して記録に残したのです。――そうした教えが1971年、当 [全文を読む]

この秋、行ってみたい!紅葉がきれいな都内のレストラン3選

ANGIE / 2016年09月30日15時00分

仕事帰りにおいしい食事を楽しみながら秋を満喫しちゃいましょう! パワースポット・首賭けイチョウも人気の「松本楼」 Seiji Narada(楢田誠治)さん(@aisunmoon)が投稿した写真 - 2015 12月 4 6:40午後 PST 公園の設計者である本多静六博士が、別のところにあった木を「自分の首を賭けても移植を成功させてみせる」と宣言したことか [全文を読む]

遂に完結!アニメ出演声優が再集結し田中芳樹の原作小説『銀河英雄伝説 ユリアンのイゼルローン日記』のオーディオブックが完成。朗読配信サイト「キクボン!(http://kikubon.jp/)」にて配信中

DreamNews / 2016年03月31日15時30分

潘恵子) <田中芳樹以外の著者作品> タルト・タタンの夢、ヴァン・ショーをあなたに(著者:近藤史恵、朗読:青山桐子)、青空の卵、動物園の鳥、仔羊の巣(著者:坂木司、朗読:西山宏太朗)、あがり(著者:松崎有理、朗読:兼高美雪)、理由あって冬に出る、さよならの次にくる〈卒業式編〉(著者:似鳥鶏、朗読:別府なるみ)、ゴースト≠ノイズ(リダクション)(著者:十市社 [全文を読む]

また金欠かよ…って人必見!世界の富豪が実践する「お金との付き合い方」

WooRis / 2015年04月08日21時00分

次に、林学者・投機家で莫大な財産を形成した本多静六氏は、25歳から“給料の4分の1”を貯金し、“残りの4分の3”で生活していたといいます。そして、ある程度まとまったお金ができては、投資していたとのこと。この2つのエピソードからは、収入をすべて使い切らず、1~2.5割ほど貯蓄に回すことの重要性や、まとまったお金ができたら、何らかの資産形成を考え実行することの [全文を読む]

雪んこの頑張ろう!

クオリティ埼玉 / 2014年05月25日10時22分

博士の名は本多静六。 現在の久喜市(旧菖蒲町)に生まれ、日本最初の林学博士として、明治神宮の森の造営、日比谷公園、大宮公園等全国各地の都市公園の設計を手がけるなど、数多くの功績を残した偉人だった。 さらに本多博士の眠る墓地を調べてみたところ、青山墓地にあるとのこと、足を運んでみた。 田舎の緑とはちがい、ここの緑はこの墓地を惹きたてる宝石のような美しさを醸 [全文を読む]

チョコバナ 2014/05/09

クオリティ埼玉 / 2014年05月09日00時39分

(ムッチー) ・ 日本の公園の父といわれ、日比谷公園や明治神宮の森をつくった林学博士・本多静六博士。昨年、博士の故郷である久喜市・菖蒲総合支所5階にその記念館がオープンした。ぜひこの機会に本多博士の歴史をたどってみてはいかが。(林まなぶ) [全文を読む]

お金と品性

クオリティ埼玉 / 2014年04月13日12時55分

久喜出身の偉人、本多静六博士。 「日本の公園の父」と呼ばれるが、清貧の思想を貫き私財を投じて「奨学金」を生みだした。その制度は今でもなお受け継がれ平成24年までに2000人に近い学生をサポートしている。本多博士の顔はネット検索で見ることができるが、本当に品性のあるきっちりとした顔立ちだ。 やはりお金がうなるほどある人こそ、品性を磨いていかなければならない。 [全文を読む]

注目の久喜市長選!

クオリティ埼玉 / 2014年04月10日14時56分

埼玉の生んだ偉人、本多静六は久喜の人だ。この屈指の博士の有名を後世に響かせていける人でなければならない筈だ。選挙はその都市のレベルをはかるバロメーターだ。だからこそ注目される市長選であることだけは事実だ。 [全文を読む]

林家きく姫も納得 明治のハイカラな若者たちが愛した味「ハイカラビーフカレー」

ぐるなび / 2013年10月16日19時10分

日比谷公園は、明治36(1903)年に本多静六さんの設計によって、日本初の洋風近代式公園として開園した。敷地は約16万平方メートル。3200本の樹木が植えられ、都会のオアシスとして親しまれている。 [全文を読む]

自伝執筆中の元SB小久保裕紀 朝5時起きでPCに向かう日々

NEWSポストセブン / 2012年12月08日16時00分

それ以来、『これだ!』と思う本に出会ったら、最低でも7回は読むようにしています」 現役引退間際に読みふけっていたのは、『人生と財産』(本多静六・著)。10月に福岡ヤフードームで行なわれた小久保の引退セレモニーでの挨拶は、この書の一節を引用したという。 「お借りした一節は『理想は結局理想であって、けっして実現されるべきものではない。すなわち、実現すればもはや [全文を読む]

フォーカス