木村剛のニュース

アボット、日本初となる溶ける冠動脈ステントAbsorb(R)の製造販売承認を取得

PR TIMES / 2016年11月07日11時43分

」京都大学の循環器内科長で、本邦での承認申請を目的に実施されたABSORB Japan臨床試験(AVJ-301治験)の治験責任医師を務めた木村剛教授は述べています。「国内38医療機関において400症例を登録した本治験で、Absorbステントの安全性および有効性は現在の冠動脈疾患の標準的治療法として用いられている金属製ステントのXIENCE(ザイエンス)薬剤 [全文を読む]

世界16ヵ国のテストユーザーが体験!法域を越えて世界中の弁護士を繋ぐSNS「JURISTERRA(ジュリステラ)」説明会を開催!

PR TIMES / 2016年06月27日15時57分

本説明会では、CRGのCOOで、米国において開発の総合ディレクターとして全面的に関わり、西村あさひ法律事務所にて職務経験を持つ弁護士 木村剛史氏により、サービス概要のほか、効果的な利用方法などを解説いたします。[画像1: http://prtimes.jp/i/3670/698/resize/d3670-698-747780-3.jpg ]本サービスは、弁 [全文を読む]

エリート日銀OB、私利私欲にまみれた金銭スキャンダルの全貌…振興銀破綻の裏で蓄財

Business Journal / 2016年05月25日06時00分

旧日本振興銀行の経営破綻をめぐる民事訴訟で、東京地裁は5月19日、木村剛元会長(53歳)に対し5億円の損害賠償を命じる判決を下した。裁判は破綻処理に入った整理回収機構(RCC)が関与者責任を問うため2012年8月に起こしたもの。一審判決が出るまでじつに4年近くかかったが、請求額のすべてが裁判所によって認められたかたちだ。 日本銀行出身の著名金融コンサルタン [全文を読む]

元エリート日銀マンの転落人生 過剰な自信崩壊、悪徳企業に騙され巨額賠償請求裁判も

Business Journal / 2015年08月16日06時00分

2010年に経営破綻した日本振興銀行から損害賠償請求権を譲り受けた整理回収機構が、木村剛元会長ら旧経営陣7人に50億円の賠償を求めた裁判で、社外取締役だった作家の江上剛(本名・小畠晴喜)氏ら3人の和解が7月16日、東京地裁で成立した。 ほかに和解したのは、自民党の平将明衆院議員と公認会計士の森重榮氏。3人は社外取締役としての責任遂行が不十分だったことを認 [全文を読む]

石原慎太郎の国賊的罪、1400億円の都民血税をドブに捨てた銀行“素人経営”

Business Journal / 2015年06月23日06時00分

2つの銀行は旗振り役を務めた人物の名前を冠してそれぞれ、「木村剛銀行」「石原慎太郎銀行」と呼ばれた。新銀行東京は、当時東京都知事だった石原慎太郎氏の肝いりでつくられた。 その後、両行とも当初の目的を果たすことはできなかった。日本振興銀行は10年9月、東京地裁に民事再生法を申請して経営破綻。清算会社となり、優良資産はイオン銀行に譲渡された。一方の新銀行東京は [全文を読む]

粉飾容疑のインデックス、循環取引が明るみに 裏金、利益水増し…銀行関与の疑いも

Business Journal / 2014年06月03日01時00分

日本振興銀行は中小企業の振興を旗印に03年に設立され、日本銀行出身で金融監督庁(当時)の金融監査マニュアル策定にもかかわった木村剛氏が創業メンバーに名を連ねるなどして当時、話題を呼んだ。 [全文を読む]

アボット バスキュラ― ジャパン 生体吸収性薬剤溶出スキャフォールド (BVS) 国内臨床試験の症例登録が完了

PR TIMES / 2014年02月12日14時05分

京都大学医学部附属病院 循環器内科教授の木村剛医師が、本治験の治験調整医師にあたられています。注1) 出典:Coronary Artery Disease. National Heart, Lung and Blood Institute. May 2011.http://www.nhlbi.nih.gov/health/health-topics/top [全文を読む]

『ホンマでっかTV』 安心感あるためマツコにはカンペ出さぬ

NEWSポストセブン / 2013年10月14日07時00分

『ホンマでっか!?TV』総合演出の木村剛さんは、マツコの凄さをこう話す。 「毎回、『ストレス』や『ダイエット』といった大きなテーマは伝えますが、細かい打ち合わせはしません。カンペ(出演者への指示が書かれた用紙)もマツコさんには一切出しませんし、安心しておまかせしています。なんといっても、マツコさんの凄さは、テレビで一喝できるところです。怒っても視聴者に嫌が [全文を読む]

アボットが生体吸収性薬剤溶出スキャフォールド国内臨床試験を開始

PR TIMES / 2013年06月12日10時53分

京都大学医学部附属病院 循環器内科教授であり、本治験の治験調整医師である木村剛医師は、「アボットの生体吸収性薬剤溶出スキャフォールド(BVS)は、最終的に完全に生体吸収され血管壁に異物を残さないことで*2、従来の金属製ステントではなしえなかった、血管本来の機能を回復させる治療法として、新たな治療選択肢となることが期待されます。これまでの海外におけるアボット [全文を読む]

フォーカス