豊川孝弘のニュース

【スルー推奨?】将棋・豊川孝弘七段に見るおやじギャグの対処法

しらべぇ / 2016年01月03日17時00分

■将棋棋士・豊川孝弘七段はスルーを推奨では「ない」と答えた人はどのような対応を取っているのだろうか。将棋解説でおやじギャグを連発し、『怒り新党』の新三大コーナーにも取り上げられた「おやじギャグ王」豊川孝弘七段のケースから探ってみよう。まずは、豊川七段が飛ばしてきたギャグを確認する。(1)そうか・・・越谷千住の先だったか「そうかあ」と東武鉄道草加駅(2)両取 [全文を読む]

ひふみん?桐谷さん?知名度の高い棋士はやっぱりこの人

しらべぇ / 2016年07月05日21時00分

以下、羽生三冠のライバルで十八世永世名人の森内俊之九段、現在序列ナンバーワンの渡辺明竜王、「桐谷さん」こと桐谷広人七段、棋界きってのエンターテイナー橋本崇載八段、マンモスオヤジギャグの豊川孝弘七段と続く。また、「誰も知らない」と答えた人も2割存在。これは少々悲しい数字といえる。■桐谷さんは棋士と思われていない?調査結果で意外だったのが、桐谷広人七段の知名度 [全文を読む]

「イケメンなら許されるのか!」松潤のダジャレにオヤジが激怒

しらべぇ / 2016年05月18日21時00分

■愛好家は激怒しているオヤジギャグを飛ばすことに命をかけているというTさんに話を聞いてみると...「私はオヤジギャグで有名な将棋棋士の豊川孝弘七段に感化され、『そんな手があったかご飯』『それはイカンガー』『人が大井競馬場』などと職場でさまざまなダジャレを飛ばし、場を和ませようとしています。しかし、鼻で笑われることも多く、とくに女性からは冷たい目で見られます [全文を読む]

これを使うとオヤジ認定!「死語ランキング」トップ4

しらべぇ / 2016年03月29日21時00分

「ナウい」は将棋棋士の豊川孝弘七段など、いまだに愛用している人も多いだけに、躊躇なく使っている人は注意したほうがいいのかもしれない。■他の「死語」は?死語と疑われる言葉は他にもたくさんある。主なものは以下のとおり。(1)アウトオブ眼中90年代によく使用された言葉で、「眼中にない」ことを表している。当時青春時代を過ごした世代を中心に使用している人もいるが、若 [全文を読む]

マツケン主演映画で人気上昇?将棋を愛する人の『魅力』に迫る

しらべぇ / 2016年03月07日16時00分

(5)豊川孝弘七段おやじギャグをまじえた解説が有名で、「おやじギャグ評論家」としてラジオ出演した経験も。『怒り新党』で取り上げられた際には、有吉とマツコに絶賛された。わかりやすくギャグにあふれた解説は絶品で、ギャグがきっかけで将棋に興味を持った人も多い。プロ棋士は将棋が趣味ではなく仕事だが、棋士に魅力あふれる人間が多いのだから、ファンもきっと魅力的なはず。 [全文を読む]

オヤジギャグ選手権開幕!もっとも「寒い」と判定されたのは…

しらべぇ / 2016年02月08日16時00分

12月に取り上げ好評だったオヤジギャグの天才将棋棋士豊川孝弘七段が開発したギャグを見てみよう。(1)そこが痛い、小結板井:痛いと元小結板井(2)ここで大技獏:大技と俳優の大和田獏(3)小技が効いてます、春風亭小技:小技と春風亭小朝(4)この手でもうシルヴィ・ヴァルタン:しびれると歌手シルヴィ・ヴァルタン(5)上部の厚みがきよしちゃん:厚みと俳優渥美清(6) [全文を読む]

振り駒は野球殿堂入りの古田敦也氏『電王戦 × TOYOTA「リアル車将棋」』詳細発表

ITライフハック / 2015年01月28日17時00分

<羽生陣営>監督・ドライバー:早稲田大学自動車部チームサポート棋士:長岡裕也五段<豊島陣営>監督・ドライバー:トヨタ自動車精鋭テストドライバーチームサポート棋士:船江恒平五段■将棋界、自動車業界、スポーツ界から集結した出演者陣(順不同)<出演者>糸谷哲郎竜王、森内俊之九段、中村太地六段、青野照市専務理事、脇阪寿一、中嶋一貴、ピストン西沢、小林和久(clic [全文を読む]

世界のアメージングな洞窟10 前編

GIGAMEN / 2014年09月09日17時30分

2.マンモス・ケーブ 将棋界の「マンモス」こと豊川孝弘七段もビックリの超ド級洞窟、「マンモス・ケーブ」である。氷柱のような、恐竜の牙のような物体が上から連なり、非常に恐ろしいロケーションとなっている。閉所恐怖症の人間には、かなり厳しい空間だ。 3.ソンドン洞 ベトナム最大の洞窟、「ソンドン洞窟」である。ちなみに、ソンドンヨルではない。世界遺産に登録されて [全文を読む]

カツラにギャグに生告白…将棋ブームで注目の“変”な棋士

WEB女性自身 / 2014年07月03日07時00分

敬虔なクリスチャンで、部屋から賛美歌が聞こえることもあります」 【豊川孝弘七段・47】「『ひふみん』同様、バラエティ番組にも登場回数増加傾向。その秘密が解説などで連発するオヤジギャグ。「定番は、駒を両方狙える『両取り』をもじった『リョードリー・ヘプバーン』ですね。『駒の数がタランチュラ(足らない)』とかもあります」 【山崎隆之八段・33】テレビ生中継中に、 [全文を読む]

フォーカス