徳川家斉のニュース

【挑戦!お江戸クイズ】ペリーも驚愕した力士の怪力の秘訣とは?外国人と交流のあった日本人に関するクイズ4問

サライ.jp / 2017年04月24日21時00分

【クイズ1】寛政5年(1793)、漂流民大黒屋光太夫らは、江戸城吹上で将軍徳川家斉に拝謁しました。このとき、ロシアで知られている日本人として、光太夫が中川淳庵とともにあげた人物とは、誰でしょう?(い)桂川甫周(ろ)塙保己一(は)徳川家斉(に)林子平【クイズ2】18世紀以降、日本と通商を求める列強は、漂流民の送還を幕府との交渉のきっかけにしようとしました。で [全文を読む]

好色一代男モデルの在原業平 女性への猛アプローチが凄かった

NEWSポストセブン / 2016年05月17日16時00分

3位になったのは、徳川幕府11代将軍の徳川家斉だ。将軍の正室を筆頭とし、数多くの側室たちのヒエラルキーが形成された江戸城の「大奥」。そこに40人以上の側室を置き、55人もの子供をもうけたのが徳川家斉だった。 その人数もさることながら、精力増強のために傾ける情熱も半端ではなかった。 「鎖国中の時代、オットセイのペニスを粉末にした精力剤を所望していたことが明 [全文を読む]

<消される笑い>日本の「風刺」の笑いがおもしろくない理由

メディアゴン / 2017年05月07日07時30分

徳川家斉がモデルなどの噂がでた、柳亭種彦の『偐紫田舎源氏』。著作が禁令を犯したということで、手鎖50日の刑を受けた山東京伝。これらは、江戸時代の日本では風刺が影響力のあるメディアとして、エンターテインメントとして庶民に広がったことを示す。しかし、明治維新になると、この風刺を行うことが急に窮屈になってくる。第二次大戦期に入ると更に窮屈になり、やがて敗戦後にな [全文を読む]

将軍様がアレにつき!武士が家計簿をつけるようになった意外すぎる要因とは【お江戸ルほーりーの時代劇、勝手に応援し隊 第六夜】

サライ.jp / 2017年04月15日17時00分

この“溶姫様”とは一体どのような人物なのか? 簡単に言うと11代将軍・徳川家斉(いえなり)の21女である。 誤植ではない。“21女”である。 実は家斉という人は、側室40人、子供が55人もいた、日本史上随一の“絶倫将軍”であったのだ。結果、側室たちが華美を競う大奥の経費や、たくさん生まれた子供達の養子先や嫁ぎ先への手当がかさみにかさんだ。ある年などは幕府 [全文を読む]

米倉涼子 13年ぶり時代劇は「米倉ドラマの集大成」の声

NEWSポストセブン / 2016年03月30日07時00分

ということは悪女じゃない!? 縫の前にたちはだかるのは、たくさんの側室を抱え、五十人以上も子がいたという前将軍徳川家斉(津川雅彦)や家斉の愛妾お美代の方の義父で闇の権力を握る中野石翁(國村隼)。美人大好きの津川家斉は、さっそく縫の美貌に目を留め、扇の先で縫のあごを持ちあげて「新顔じゃな」と好色モードに。米倉×津川の顔合わせは、『黒革の手帖』を思い出させる。 [全文を読む]

米倉涼子、松本清張「大奥」で勇猛果敢なヒロイン役!

Smartザテレビジョン / 2016年02月19日11時06分

■津川雅彦…徳川家斉(とくがわ・いえなり):在位50年、50人以上側室を持ち、50人以上の子をもうけ、将軍職を退いてもなお実権を握り続ける。 ■白石加代子…寔子(ただこ):家斉の正室でありながら、一度も愛されたことがなく、苦渋をなめ続けている。 ■高畑淳子…佐島(さじま):大奥の中枢を仕切る上臈(じょうろう)で、お美代の父が住職を務める感応寺への代参を熱 [全文を読む]

SMAPだけじゃない! AKB48メンバーが次々と公開処刑の餌食に「まゆゆの顔の大きさが……」

日刊サイゾー / 2016年01月28日11時00分

同作は、沢尻エリカ演じるお美代が、徳川家斉への復讐のために大奥入りし、史上最凶の側室に成り上がっていくというもの。注目は、時代劇初挑戦となったAKB48・渡辺麻友との禁断愛で、2人の濃厚なキスシーンは大反響を呼んだが……。 「それ以上に話題となったのは、沢尻さんとまゆゆの顔の大きさの違いです。まゆゆも顔は小さいほうだと思いますが、沢尻さんの極小フェイスに [全文を読む]

“急ごしらえ”じゃキツかった!? 沢尻エリカ『大奥』空振りの裏にあった“事件”とドタバタ劇

日刊サイゾー / 2016年01月25日20時30分

徳川家斉役を演じた成宮寛貴も、時代劇だとイマイチという声がチラホラ……。展開がジェットコースターのようで楽しんだ人もそれなりにはいたようですが、“悪女”として有名な史上最強の側室に成り上がっていく沢尻の姿も、どこか陳腐でしたね」(芸能記者) これまで、フジテレビのコンテンツの中でも「確実」に数字と評価を得てきた『大奥』シリーズだが、今回は上手く着地できなか [全文を読む]

渡辺麻友の初濡れ場「全裸レズシーン」に視聴者衝撃...清純イメージとのギャップに大絶賛

メンズサイゾー / 2016年01月25日18時00分

第一部は「最凶の女」と題され、江戸幕府第11代将軍・徳川家斉(成宮寛貴)の壮年期を舞台に展開。主人公のお美代(沢尻)が亡き両親の無念を晴らすために大奥に入り、家斉に復讐を果たしていくというストーリーが描かれた。視聴率は9.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)とそこそこだったが、数字以上に話題を集めている。 番組前半は周囲を惑わしながら復讐計画を進 [全文を読む]

『大奥』沢尻エリカ&AKB48渡辺麻友の艶めかしすぎるラブシーンに歓喜の声 「やっぱエリカ様は名女優」「来週も楽しみすぎる」

AOLニュース / 2016年01月25日12時00分

江戸幕府第11代将軍・徳川家斉(演・成宮寛貴)期の大奥を舞台に繰り広げれる愛憎劇を中心に描いたドラマ『大奥』、第一部の放送となったこの日、作中では沢尻演じる美代が復讐のために大奥へと入り、家斉に見初められ寵愛される日々を描いていた。劇中、美代と女中のお志摩(演・渡辺麻友)は親交を深めつつ、ついには"禁断の関係"に発展。人目を忍んでキスしたり、一緒に風呂を [全文を読む]

沢尻エリカの「最凶の女」ぶりが早くも話題に!11年ぶりの大奥に注目集まる

dwango.jp news / 2016年01月23日00時08分

舞台は50年にわたる長期政権を確立し、享楽的な暮らしぶりを好んだ江戸幕府第十一代将軍・徳川家斉の時代。 第一部「最凶の女」では、主演の沢尻エリカ演じるお美代が、家斉への復讐のために大奥入りし「悪女」として有名な史上最強の側室に成り上がっていく姿、そして時代劇に初挑戦となったAKB48の渡辺麻友が演じる奥女中のお志摩との禁断の恋愛関係が描かれた。「大奥」シ [全文を読む]

沢尻エリカ主演『大奥』 女の嫉妬、愛憎、入浴シーンも

NEWSポストセブン / 2016年01月20日07時00分

今回の舞台は、第11代将軍徳川家斉の治世。なんたってこの上様は、政治的な実績はほとんどないが、約五十年も将軍の座に君臨。40人もの側室を抱え、子供を50人以上も作って幕府の財政を圧迫したという、人呼んで「オットセイ将軍」。大奥の愛憎ドラマのためにいるような上様なのである。そのオットセイの相手役を務めるヒロインが沢尻エリカ。年は若いが、その目力、にらみの利 [全文を読む]

BoA、新曲が沢尻エリカ主演ドラマ『大奥』主題歌に決定!

Entame Plex / 2016年01月13日17時27分

舞台は50年にわたる長期政権を確立し、享楽的な暮らしぶりを好んだ江戸幕府第11代将軍・徳川家斉の時代。第1部「最凶の女」は「悪女」として有名な史上最強の側室・お美代を、第2部「悲劇の姉妹」は架空設定となる姉妹の激動のストーリーで、運命に翻弄される「聖女」のような優しい姉・梅が主人公である。想像を絶する野心やプライド、そして復讐心などが渦巻く大奥を生き抜く [全文を読む]

BoA 沢尻エリカ主演「大奥」主題歌に、歌詞は全編英語

dwango.jp news / 2016年01月13日12時34分

舞台は50年にわたる長期政権を確立し、享楽的な暮らしぶりを好んだ江戸幕府第十一代将軍・徳川家斉の時代。第一部「最凶の女」は「悪女」として有名な史上最強の側室・お美代を、第二部「悲劇の姉妹」は架空設定となる姉妹の激動のストーリーで、運命に翻弄される「聖女」のような優しい姉・梅が主人公である。想像を絶する野心やプライド、そして復讐心などが渦巻く大奥を生き抜く [全文を読む]

BoA、沢尻エリカ主演の「大奥」主題歌に決定! 全編英語の歌詞にも注目

Wow!Korea / 2016年01月13日09時16分

舞台は50年にわたる長期政権を確立し、享楽的な暮らしぶりを好んだ江戸幕府第十一代将軍・徳川家斉の時代。第一部「最凶の女」は「悪女」として有名な史上最強の側室・お美代を、第二部「悲劇の姉妹」は架空設定となる姉妹の激動のストーリーで、運命に翻弄される「聖女」のような優しい姉・梅が主人公である。想像を絶する野心やプライド、そして復讐心などが渦巻く大奥を生き抜く女 [全文を読む]

沢尻エリカ、主演ドラマで渡辺麻友と「全裸同性愛シーン」バッシング吹き飛ばした衝撃の内容

メンズサイゾー / 2015年12月27日15時00分

沢尻は江戸幕府11代将軍・徳川家斉(成宮寛貴)の愛したふたりの側室、亡き両親の復讐に燃えるお美代(第1部)と、将軍の寵愛をめぐって実の妹に嫉妬される梅(第2部)を演じる。 渡辺は22日の第1部に登場し、大奥での争いごとを冷めた目で見ている女中・お志摩を演じる。純粋なお志摩と触れ合ううちに心に平穏を感じるようになった沢尻演じるお美代が、恋愛関係に進んでしまう [全文を読む]

沢尻エリカと蓮佛美沙子が姉妹で「大奥」入り!

Smartザテレビジョン / 2015年12月15日13時48分

浅野は大奥を取り仕切る総取締・大崎局、成宮は第11代将軍で“オットセイ将軍”と呼ばれた徳川家斉を演じる。 さらに板尾創路、温水洋一、鷲尾真知子、山口香緒里、久保田磨希ら個性派キャストが脇を固める。 ■蓮佛美沙子コメント 時代劇はやってみたかったジャンルなので(今回の出演は)うれしかったです。歌は、ものすごく極端なことをしてしまう役なので、理解することは難し [全文を読む]

沢尻エリカ、11年ぶり復活の「大奥」で時代劇初挑戦!

Smartザテレビジョン / 2015年12月04日11時40分

【大奥】ドラマの舞台は在位50年という長期政権を握り、享楽的な暮らしぶりを好んだことで有名な江戸幕府第11代将軍・徳川家斉の「青年期」と「壮年期」。 10人以上の側室を持ち、50人以上の子供をもうけたことから“オットセイ将軍”とも呼ばれた家斉の時代の大奥には、想像を絶する野心やプライド、そして復讐(ふくしゅう)心などが渦巻いていた。そんな大奥で、時代に翻 [全文を読む]

オットセイ将軍“徳川家斉”のパワーの秘密は、大好物「生姜」の力にあった!?

アサ芸プラス / 2014年10月14日09時59分

55人の子持ちだったという第11代将軍徳川家斉は、1日たりとも生姜を欠かすことはなかったという。子宝に恵まれたのは、生姜の持つジンゲロールという成分のなせる業だったとも! 天明7年(1787年)4月、満年齢13歳で家治隠退の跡を継ぎ、第11代将軍となり、天保12年(1841年)に満67歳で他界した家斉。その生涯で、正室の他、側女40人に子供を55人産ませた [全文を読む]

フォーカス