谷口功一のニュース

石毛は8番、大竹は10番…岡山が2017シーズンの選手背番号を発表

ゲキサカ / 2017年01月15日18時15分

以下、2017シーズンの新体制 【スタッフ】 監督:長澤徹 コーチ:布啓一郎 コーチ:牧内辰也 コーチ:戸田光洋 コーチ(GK担当):富永康博 コーチ:若宮直道 チーフトレーナー:冨崎 裕一 トレーナー:松田拓也 トレーナー:片瀬裕己 トレーナー:室井純也 チーフマネージャー:谷口功一 チームマネージャー:富田悟 チームマネージャー:中屋友輔 アシスタン [全文を読む]

モスク幻像、あるいは世界史的想像力

ニューズウィーク日本版 / 2015年12月11日15時48分

同特集から、法哲学を専門とする首都大学東京准教授、谷口功一氏による論文「郊外の多文化主義」を4回に分けて転載した。ここに、パリ同時多発テロを受けて書き下ろされた補遺を掲載する。※第1回:郊外の多文化主義(1) はこちら※第2回:郊外の多文化主義(2) はこちら※第3回:郊外の多文化主義(3) はこちら※第4回:郊外の多文化主義(4) はこちら 2015年1 [全文を読む]

郊外の多文化主義(4)

ニューズウィーク日本版 / 2015年12月10日15時27分

同特集から、法哲学を専門とする首都大学東京准教授、谷口功一氏による論文「郊外の多文化主義」を4回に分けて転載する。(※転載にあたり、表記を一部変更しています)※第1回:郊外の多文化主義(1) はこちら※第2回:郊外の多文化主義(2) はこちら※第3回:郊外の多文化主義(3) はこちら福祉国家とナショナリズム わたし自身が日系ブラジル人問題を初めてはっきりと [全文を読む]

郊外の多文化主義(3)

ニューズウィーク日本版 / 2015年12月09日15時37分

同特集から、法哲学を専門とする首都大学東京准教授、谷口功一氏による論文「郊外の多文化主義」を4回に分けて転載する。(※転載にあたり、表記を一部変更しています)※第1回:郊外の多文化主義(1) はこちら※第2回:郊外の多文化主義(2) はこちら多文化主義は失敗していない? さて、以下では先に見たような「多文化主義は失敗した」という、ともすれば排外主義とないま [全文を読む]

郊外の多文化主義(2)

ニューズウィーク日本版 / 2015年12月08日15時58分

同特集から、法哲学を専門とする首都大学東京准教授、谷口功一氏による論文「郊外の多文化主義」を4回に分けて転載する。(※転載にあたり、表記を一部変更しています)※第1回:郊外の多文化主義(1) はこちら多文化主義の根源的問題性 以下では既に検討に付した英独仏に加え、今ひとつの事例として、オランダのケースを取り上げる形で多文化主義そのものが孕む根源的な問題性に [全文を読む]

郊外の多文化主義(1)

ニューズウィーク日本版 / 2015年12月07日16時05分

同特集から、法哲学を専門とする首都大学東京准教授、谷口功一氏による論文「郊外の多文化主義」を4回に分けて転載する(※転載にあたり、表記を一部変更しています)。北関東のルゾフォニア 上毛カルタに「つる舞う形の群馬県」とある通り、地図上、南東に向かって羽根をひろげて滑空する鶴の形をした群馬県の右下、頸部のあたりに邑楽郡大泉町は位置している。この町への鉄路での玄 [全文を読む]

「ゾンビ」の生活はエコ? ゾンビ発生を、国際政治から真面目に考える

ダ・ヴィンチニュース / 2013年08月17日07時20分

関連情報を含む記事はこちら もちろんこれらはフィクションの話だが、もしも生還率0%がリアルだとしたら? 俊足ゾンビが一気にドッと襲ってきたら、果たして私たちは逃げ切れるのだろうか? その問題を真面目に考えたのが、『ゾンビ襲来:国際政治理論で、その日に備える』(ダニエル・ドレズナー:著、谷口功一、山田高敬:訳/白水社)だ。著者のダニエル・ドレズナー氏は、タ [全文を読む]

大谷、藤浪は大丈夫? 「高身長投手は大成しない」説を検証

NEWSポストセブン / 2012年10月21日07時00分

天理高のツインタワーとして甲子園を沸かせた南竜次(193センチ、日本ハム)と谷口功一(191センチ、巨人)。彼らは未勝利のまま球界から去った。 また、「ジャンボ仲根」の愛称で親しまれた仲根正広(193センチ)のように、早々に投手に見切りをつけ打者に転向した例もある。そのジャンボ仲根と近鉄時代にチームメートだった野球解説者の金村義明氏は、高身長投手の弱点をこ [全文を読む]

フォーカス