野沢尚のニュース

野沢尚が遺した渾身の企画をWOWOWが奇跡の映像化!連続ドラマW「女と男の熱帯」1月放送!

PR TIMES / 2012年12月05日17時35分

ドラマ「眠れる森」「恋人よ」など、数々の名作を生み出した人気脚本家・野沢尚が遺した渾身の企画をWOWOWが奇跡の映像化!藤原紀香、渡部篤郎の出演で 展開する大人のラブサスペンス。 ドラマ「眠れる森」「恋人よ」「砦なき者」など、ラブストーリー、社会派ドラマ共に数々の名作を手がけた人気脚本家・野沢尚。2004年にこの世を去った野沢尚が生前、温めていた渾身の企画 [全文を読む]

比嘉愛未が元夫の「再婚相手」探しに奔走!

Smartザテレビジョン / 2015年02月04日06時00分

本作は「青い鳥」('97年、TBS系)や「眠れる森」('98年、フジテレビ系)といったドラマの原作・脚本で知られる、故・野沢尚の同名小説をドラマ化。“運命的な出会い”で結婚しながらも、ある悲しい出来事により離婚してしまった元夫婦が、ささいな口論がきっかけでお互いの再婚相手を探すべく奮闘するという、一風変わったラブストーリーとなっている。 本作で比嘉愛未が [全文を読む]

『名探偵コナン』誕生秘話インタビュー! 連載開始20年以上ヒットし続けるワケとは?【 第12回 昔の子ども、今の子ども。】

Woman.excite / 2017年04月28日06時30分

今観ても、良くできた作品だと思いますね」――そんな1作目は好評を博し、今回21作目を迎えるわけですが、転機となった作品はありますか?諏訪「野沢尚さんが脚本を手掛けた6作目の『ベイカー街の亡霊』(2002年)ですね。5作目までは古内一成さんが脚本を担当していたのですが、野沢さんが自分の子どもに見せたいから『コナン』を書きたいとおっしゃって。15年も前なのに仮 [全文を読む]

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

前述の『眠れる森』も、連ドラのスター中山美穂と木村拓哉を起用して、野沢尚サンの脚本で、当時としては珍しい「ミステリー」に挑んだ佳作だったし、新機軸を模索していた。で、この御仁――フジテレビの山口雅俊サンも、この時期、数々の話題作を輩出したのである。■異才・山口雅俊山口雅俊。灘高から東大法学部に進み、卒業後にコロンビア大学に留学してMBA(経営学修士)を取得 [全文を読む]

ドラマ化できないなら……フジテレビが“ミステリー作家の登竜門”『江戸川乱歩賞』後援撤退か

日刊サイゾー / 2016年09月27日21時00分

同賞は1955年から日本推理作家協会が主催、池井戸潤、森村誠一、野沢尚らを生んだ「売れっ子ミステリー作家」輩出の文学賞で、フジは92年から後援。これは実のところ「ドラマ原作」を獲得するためのものだとされ、実際に受賞作では95年の『テロリストのパラソル』(藤原伊織)、96年の『左手に告げるなかれ』(渡辺容子)、98年の『果つる底なき』(池井戸潤)、2002 [全文を読む]

派手さはないが実力派! 女優・佐津川愛美、確かな演技力で健気な肉食女子を好演

メンズサイゾー / 2015年05月03日12時00分

故・野沢尚氏の同名小説を原作とし、放送開始前から話題を集めたが、初回の平均視聴率は4.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、2話目以降も低迷するなど、放送時間帯が深夜とはいえ、厳しい戦いを強いられている。 本作は、比嘉演じるバツイチ女性が、元夫から再婚相手を紹介してもらうという大人のラブストーリー。俳優の佐藤隆太(35)や淵上泰史(ふちかみ・やすし [全文を読む]

西内まりや「可愛すぎるピアノ女子」新作MVで披露

dwango.jp news / 2015年04月08日17時38分

」 本楽曲は4月2日(木)より放送スタートした脚本家・小説家の野沢尚原作の読売テレビ・日本テレビ系連続ドラマ「恋愛時代」主題歌(毎週木曜23:59~)としてもオンエア中。 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】満島ひかりが見せた“親心”。弟・真之介出演の恋愛ドラマは「お家で正座して見てました」。

TechinsightJapan / 2015年04月08日11時25分

弟である満島真之介が主演を務める同ドラマは、野沢尚氏原作の同名小説をドラマ化したもの。とある理由から離婚した夫婦が、互いの気持ちを隠しながら新しい再婚相手を探し紹介するという切ないラブストーリーだ。弟が初めて演じる役どころに姉も緊張しているのか、「どきどきしたぜー」「親心だ、まだどきどきしてる」とコメントした満島。「お家で正座してみてました」と語り、弟を [全文を読む]

比嘉愛未、美しすぎるがゆえの悩み!? 新ドラマで同性からの支持拡大なるか

メンズサイゾー / 2015年04月03日21時00分

比嘉にとっては民放の連続ドラマ初主演となった同ドラマは、人気脚本で小説家の故・野沢尚氏が「第4回島清恋愛文学賞」を受賞した同名小説が原作となっている。 比嘉の相手を務めるのは、満島ひかり(29)を姉に持つ満島真之介(25)。初回の放送では、この2人の結婚記念日の食事シーンから始まる。しかし2人は2年半前にすでに離婚している「元夫婦」。別れた後もお互いに憎ま [全文を読む]

満島真之介、比嘉愛未との結婚式で手汗かきまくり?

Smartザテレビジョン / 2015年03月25日02時02分

野沢尚の同名小説が原作の同ドラマ。ある出来事から離婚してしまった元夫婦が、お互いの再婚相手を探すことを約束してしまい、未練を抱えながらもそれぞれの幸せのため奔走していく切ないラブストーリーとなっており、比嘉と満島は元夫婦役で共演する。クランクインでは、はる(比嘉)と理一郎(満島)が結婚式を挙げるシーンを撮影。初日からウエディングドレスを着用した比嘉は「やっ [全文を読む]

西内まりや 初の自作曲でピアノ弾き語り

dwango.jp news / 2015年03月19日11時47分

さらに、本楽曲は4月2日(木)より放送スタートする脚本家・小説家の野沢尚原作の読売テレビ・日本テレビ系連続ドラマ「恋愛時代」主題歌(毎週木曜23:59~)にも決定した。本楽曲についてドラマプロデューサーの西川氏は、「「キセキのようなあの瞬間に出会えたあなたに伝えたい ありがとうこれからもよろしくね同じ時間を過ごしたくてForever」、この歌詞はまさに、( [全文を読む]

魂を揺さぶる「46人の最後の言葉」を元に、彼らの人生を紐解いていく。『著名人が遺した最期の言葉~自殺、殉死、謎の死の果てに~』キニナルブックスにて9月2日にキンドル電子書籍としてリリースいたしました。

DreamNews / 2014年09月05日18時00分

■目次 ・円谷幸吉 東京五輪で銅メダルを獲得した、不世出のマラソンランナー ・アーネスト・ヘミングウェイ 現代文学の金字塔『老人と海』を上梓し、ノーベル文学賞を受賞した文豪 ・エルヴィス・プレスリー 「キング」の異名をほしいままにし、歌で世界を変革したロックスター ・太宰治 戦後文学の旗手となったベストセラー作家 ・フィンセント・ファン・ゴッホ 19世紀 [全文を読む]

新作上梓の元TBSキャスター「作家の力量問われるのが2作目」

NEWSポストセブン / 2013年10月16日07時00分

中でも僕に小説を書けと最初に勧めてくれたのが、『眠れる森』等で知られる人気脚本家で乱歩賞作家の故・野沢尚さんでした。 2004年にNYで訃報に触れた時は本当にショックで、先日も野沢作品へのオマージュでもある本書を墓前に捧げてきたんです。彼とはテレビが持つ面白さと、それとは裏腹に一瞬で消えてしまう切なさのようなものを共有していた気がする。 実は岡村が勤務する [全文を読む]

フォーカス