小島功のニュース

追悼・小島功先生 日本最長連載漫画「仙人部落」で美女を描ききった59年!(2)みんなでワイワイ騒ぐのが好きだった

アサ芸プラス / 2015年05月05日17時54分

漫画界に多大なる功績を残した小島功先生、2861回に及ぶ長期連載、本当にお疲れ様でした。合掌。 [全文を読む]

追悼・小島功先生 日本最長連載漫画「仙人部落」で美女を描ききった59年!(1)新年会では一升飲むまで帰れない

アサ芸プラス / 2015年05月05日17時53分

1956年10月7日号から約59年間、日本漫画史上最長の連載記録を更新し続けていた「週刊アサヒ芸能」人気連載「仙人部落」の作者・小島功氏が4月14日に死去。「れんさい2861回」をもって、87年の人生の幕を閉じた。オンナと酒を愛し、漫画を描き続けた小島氏の人生を振り返る。「スピードやリズム感を出すことを考えて、魔法が使える仙人の漫画にしたんです。そして女性 [全文を読む]

「ボイン」誕生50周年!あの「癒しのバスト」に会いたい!(4)バスト乱世50年のヒストリア

アサ芸プラス / 2017年01月13日12時57分

実際、当時は98センチのFカップあったのよ」 月亭可朝が「嘆きのボイン」を歌い、故・小島功画伯が「ヒゲとボイン」を連載し、完全にボインという言葉が定着した。 やがて70年代、日本初のポルノ女優と命名されたのが池玲子(63)である。東映の作品を中心に98センチの乳房を惜しげもなく披露し、コアな人気を誇った。82年の引退後、一切、姿を見せないのは寂しいかぎりだ [全文を読む]

夏木マリ、2017年3月に3年ぶりの新作! 印象派NEO vol.3「不思議の国の白雪姫」東京-京都-パリ3都市公演決定!

PR TIMES / 2016年10月31日16時16分

超個性派、異ジャンルのクリエイター、ゲスト出演者と共に、夏木マリ&マリナツキテロワール最新作、東京-京都-パリ ツアー決定![画像: http://prtimes.jp/i/12632/5/resize/d12632-5-278370-1.jpg ]夏木マリ 印象派NÉO vol.3「不思議の国の白雪姫」演 出:夏木マリ振 付:井手茂太(イデビアン・クルー [全文を読む]

第3回「漫画家による仏の世界展」開催のお知らせ 平成26年8月1日(金)~8月24日(日)成田山新勝寺参道「梅屋旅館」

PR TIMES / 2014年07月18日09時40分

《出展漫画家》 赤塚不二夫、天野誠、いがらしゆみこ、池上遼一、石川サブロウ、板橋しゅうほう、植田まさし、うえやまとち、ウノ・カマキリ、浦沢直樹、江口寿史、大石容子、桜夛吾作、荻野真、香取正樹、一峰大二、木村直巳、クミタ・リュウ、小島功、さいとう・たかを、佐伯かよの、里中満智子、志賀公江、ジョージ秋山、管ナオコ、ちばてつや、辻下浩二、土山しげる、手塚治虫、 [全文を読む]

第2回「漫画家による仏の世界展」開催のお知らせ 開催日程:平成26年5月1日(木)~5月13日(火)、開催場所:東京・増上寺

PR TIMES / 2014年04月16日18時25分

入場料 :大人800円 子供(中学生以下)500円 チケット:楽天チケット、ぴあ、イープラス、会場にて販売 《出展漫画家》 赤塚不二夫、いがらしゆみこ、池上遼一、板橋しゅうほう、植田まさし、ウノカマキリ、浦沢直樹、江口寿史、桜夛吾作、荻野真、一峰大二、神谷和子、木村直巳、クミタリュウ、小島功、さいとう・たかを、佐伯かよの、里中満智子、志賀公江、ジョージ秋 [全文を読む]

護留護(ゴルゴ)天やレレレ千手観音など「漫画家による仏の世界展」

Entame Plex / 2014年02月28日01時02分

(C) 護留護天(さいとう・たかを)、弁財天(小島 功)、レレレ千手観音(赤塚不二夫)、エル菩薩と春助地蔵菩薩(三浦みつる) [全文を読む]

漫画家による仏の世界展開催のお知らせ 開催日程:平成26年3月20日(木)~4月6日(日)、開催場所:京都・東寺

PR TIMES / 2014年02月26日16時42分

*コピーライト(C) 護留護天(さいとう・たかを)、弁財天(小島 功)、レレレ千手観音(赤塚不二夫)、エル菩薩と春助地蔵菩薩(三浦みつる) 出展漫画家 赤塚不二夫、いがらしゆみこ、池上遼一、板橋しゅうほう、植田まさし、ウノカマキリ、浦沢直樹、江口寿史、桜夛吾作、荻野真、一峰大二、神谷和子、木村直巳、クミタリュウ、小島功、さいとう・たかを、佐伯かよの、里中 [全文を読む]

笑って泣ける 感涙必至のこれぞナニワ家族小説! 山田隆道著『虎がにじんだ夕暮れ』を発売

PR TIMES / 2012年10月25日16時37分

――ふたば書房箕面店 小島功司「大阪」と「阪神タイガース」。この2つが揃えばこんなにも泥臭くて素敵な家族小説が生まれる。いいなぁ。思わず嫉妬します。 ――三省堂書店 新横浜店 店長 比嘉栄これぞ、山田隆道のフルスイング! アホすぎる登場人物も、暗黒時代のダメ虎も、なぜかたまらなく愛おしい――35歳 男性 野球ファン・・・・・・・・・・・・【特別推薦】・・ [全文を読む]

フォーカス