竹田圭吾のニュース

竹田圭吾と為末大が世界大戦を語る! ヒストリーチャンネル「ザ・ワールド・ウォーズ」試写会レポ

ITライフハック / 2014年08月01日17時00分

ゲストには「ニューズウィーク日本版」元編集長でジャーナリストの竹田圭吾氏と、元プロのアスリートで現在コメンテーターとして活躍中の為末大氏を招き、スペシャルトークショーが行われた。※世界12地域: アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、日本、イタリア、スペイン、南米、ポーランド、東南アジア、インド、カナダ■第一次および第二次までをひとつとした「ザ・ワールド・ [全文を読む]

『ニューズウィーク日本版』元編集長が明かす「コメント力」の磨き方とは? 竹田圭吾著『コメントする力』を発売

PR TIMES / 2013年08月27日13時00分

“情報がありすぎる社会”を生き抜くためのスキルとは? 株式会社PHP研究所(京都市南区・代表取締役社長 清水卓智)は、2013年8月24日、『コメントする力 情報を編集×発信する技術』(竹田圭吾・著)を刊行します。 コメンテーターでなくても、なにかとコメントする機会が増えている時代です。 ビジネスマンにしても、会議や飲み会での会話ばかりか、メールの返信に意 [全文を読む]

竹田圭吾氏の原点――天の邪鬼な魂よ、永遠なれ

ニューズウィーク日本版 / 2016年01月15日13時28分

竹田圭吾さんが亡くなった。51歳という若さである。まるで人生を駆け抜けたかのようにも見える。 1986年の創刊に携わり、その後一度は離れたニューズウィーク日本版の編集部に私が戻ったのは、1994年だった。その時に彼がいた。当時はまだ若手で、がっしりした体つきが印象的だった。一緒に仕事をした期間はほぼ10年になる。その間に、彼は副編集長になり、やがて私の後を [全文を読む]

【訃報】とくダネコメンテータ「竹田圭吾」氏が死去「早すぎる」と惜しむ声多数。

秒刊SUNDAY / 2016年01月10日21時40分

フジテレビのニュース番組「とくダネ」などに出演していたコメンテータの竹田圭吾氏が死去したと報じられた。51歳だった。以前からみずから「がん」を告白、そして頭にはズラを使っているなどもツイッターを通し発表していた。竹田圭吾さん、亡くなったのか、、、合掌。 竹田圭吾さん。残念。 え!竹田圭吾さん亡くなられたの… テレビでマトモなコメントをされる数少ないジャーナ [全文を読む]

ステキ過ぎる!がんとかつらカミングアウト「竹田圭吾」氏に応援メッセージが多く届く

秒刊SUNDAY / 2015年09月30日12時30分

とくダネ!などに出演し独特の切り口でコメントをよせるジャーナリストの「竹田圭吾」氏。昨日のMr.サンデーにおいては長期療養の理由を初めて報告。その内容は「がん」であることと、その影響によって失われた頭髪をかつらで補っていることも話した。それによりネットでは「じつにピュアな人だ」などと多くの反響の声が届いているようだ。そもそもがんを「告白」したり「闘病」した [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】「ふなっしーは、クソ仕事でも手を抜かない」。竹田圭吾氏が“ふなっしーの好きなところ”をツイート。

TechinsightJapan / 2015年05月07日20時55分

ジャーナリストの竹田圭吾氏が、「ふなっしーの好きなところ」をツイッターで答えてくれた。要点が簡潔にまとめられていて、鋭い洞察力はさすがである。またふなっしーファンからは、“好きな理由を聞かれても言葉にするのは難しく、今まで上手く伝えられないでいた”として喜ばれているのだ。 5月6日にテックインサイトの記事で紹介した、『ニューズウィーク日本版』元編集長の竹田 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】「ふなっしー気持ち悪い」から2年。ジャーナリスト竹田圭吾氏、今は「好きで好きで仕方がない」

TechinsightJapan / 2015年05月06日15時55分

情報番組でコメンテーターとして活躍しているジャーナリストの竹田圭吾氏は、2013年5月に自身のツイッターで「ふなっしーって気持ち悪い」とつぶやいた。それから2年、今ではふなっしーの虜になっている。 テレビの情報番組では鋭く冷静なコメントをし、自身のツイッターでは時々お茶目なつぶやきもある『ニューズウィーク日本版』元編集長の竹田圭吾氏。彼がツイッターで「ふな [全文を読む]

竹田圭吾(ジャーナリスト)×山本一郎(投資家・ブロガー)「ネット解禁で日本の選挙はもっとヒドくなる?」

週プレNEWS / 2013年02月07日13時00分

しかし、そこに待っているのは、本当にバラ色の未来なのだろうか? 『Newsweek日本版』元編集長で、日本のみならず各国の選挙事情に詳しいジャーナリストの竹田圭吾(けいご)氏と、膨大な選挙関連データを扱うリサーチ会社でアドバイス業務を行ない、ネット住民の“生態”にも精通する投資家・ブロガーの山本一郎氏に、「ネット選挙解禁後の日本政治」について語ってもらった [全文を読む]

妻・樹木希林と40年別居の内田裕也 最近は帰宅が増える

NEWSポストセブン / 2016年02月19日16時00分

集大成となるアルバムを発表した2日後に息を引き取ったイギリスの人気ロックミュージシャンのデヴィッド・ボウイ(享年69)や、亡くなる直前までテレビ出演を続けたジャーナリストの竹田圭吾さん(享年51)などを引き合いに、がん患者の終末期にスポットライトが当てられた。「私の場合は親も死に、子供も自立して、それこそいつどうなっても“大丈夫大丈夫”っていうようなね。う [全文を読む]

致死率99%、すい臓がんの恐怖 決定的な治療なし、原因はたばこ・肥満・飲酒

Business Journal / 2016年01月21日06時00分

1月10日、ジャーナリストの竹田圭吾氏がすい臓がんのために亡くなった。竹田氏は、『Mr.サンデー』(フジテレビ系)『情報プレゼンター とくダネ!』(同)などにコメンテーターとして出演していたが、2013年11月に病気療養のためにすべての出演番組を一時降板。14年2月に復帰したが、以前と違う衰弱した姿に心配する声が多く上がった。 昨年9月には、自身ががん患者 [全文を読む]

竹田圭吾氏の死 リツイートで供養させてもらった気になれた

NEWSポストセブン / 2016年01月16日16時00分

〈1月11日〉・英歌手デビッド・ボウイさんが死去 がん闘病の末に(10日死去)・声楽家の中沢桂さん死去 オペラ「夕鶴」つう役(10日死去)〈1月10日〉・ジャーナリストの竹田圭吾さん死去 がん公表しTV出演(10日死去)・元広島スカウト部長、村上孝雄さん死去 緒方監督ら発掘(8日死去) [全文を読む]

続報! 古賀茂明『報ステ』爆弾発言は菅官房長官の圧力が動機だった! 古賀批判は的外れ

リテラ / 2015年03月28日18時00分

ツイッターを見ると、『とくダネ!』や『Mr.サンデー』(ともにフジテレビ系)にレギュラー出演している『ニューズウイーク日本版』元編集長の竹田圭吾氏は「古賀茂明という人はテレビで発言する機会を与えられていることの責任と義務をまったく理解していない」とつぶやき、ジャーナリストの江川紹子氏も「公共の電波で自分の見解を伝えるという貴重な機会を、個人的な恨みの吐露 [全文を読む]

「未来世紀ジパング」が緊急生放送で“後藤メモ”公開

Smartザテレビジョン / 2015年02月02日18時55分

ゲストはジャーナリストの竹田圭吾氏、パックン、中東調査会研究員の金谷美紗氏、日本経済新聞編集委員の後藤康浩氏。 [全文を読む]

ホリエモンのメルマガ200号 津田大介メルマガ100号を達成 津田マガには豪華お祝いコメントが

ガジェット通信 / 2013年11月18日15時30分

津田マガには「100号おめでとう!――著名人が語る津田マガの魅力」と題して東浩紀さんや、池上彰さん、岩崎夏海さん、ドワンゴ会長の川上量生さん、くるりの岸田繁さん、佐々木俊尚さん、竹田圭吾さん、田原総一郎さん、茂木健一郎さんといった方々がお祝いを寄せている。 また、堀江貴文さんも 「いつも津田マガ楽しみにしています。興味があった特集と津田さんの近況ページは [全文を読む]

ネット選挙で「有吉、ロンブー淳が出れば当選確実」と太鼓判

NEWSポストセブン / 2013年04月30日07時00分

田村氏側からは期日までに回答なし) 著名人以外にも、ネット選挙ならではの候補者が浮上する可能性を指摘するのは、ジャーナリストの竹田圭吾氏。 「旧来型のドブ板選挙や旧来メディアだけを使った選挙運動では、政治的マイノリティの人たちは各地でバラバラに存在し、連帯しにくかった。しかし、ネットによって全国的な連帯が可能となり、その中から比例の候補者が出てくることはあ [全文を読む]

「日本維新の会」橋下・石原タッグは失敗だったのか?

週プレNEWS / 2012年12月25日06時00分

もし維新がみんなの党と選挙協力を維持していれば、さらに10議席前後の上積みも期待できたはずです」(古賀氏) 一方、元『ニューズウィーク日本版』編集長の竹田圭吾氏は別の視点で“維新の失敗”を語る。 「維新は国政に進出するのが早すぎた。私はそう思っています。大阪という地方自治体が抱える問題を大胆な手法で解決するとどうなるか? そのモデルが完成すれば、それを見た [全文を読む]

オバマ大統領の再選で野田首相が年内の解散総選挙を迫られる?

週プレNEWS / 2012年11月12日10時00分

その流れが変わることはありません」と語るのは『ニューズウィーク日本版』元編集長で国際ジャーナリストの竹田圭吾氏だ。 「短期的にはイランの核保有阻止、中長期的には中国とどのような関係を築いていくかがアメリカの外交問題なんです。今、アジアの中で中国の影響力が大きくなっています。そんな中国を牽制する意味で民主主義を共有している日本と韓国の存在は重要です」 そのた [全文を読む]

フォーカス