門博文のニュース

【永田町炎上】”衆愚政治”が生んだ間違いだらけの議員選び

デイリーニュースオンライン / 2016年03月03日12時00分

国会議員では中川郁子議員と妻子持ちの門博文との路上キスに加え、宮崎謙介議員が「育休」を宣言して物議を醸した挙げ句、妻の金子恵美議員の妊娠中に京都の自宅マンションに女性タレントを連れ込んだ“不倫疑惑”で議員辞職に追い込まれた。この件に関しては、党の重鎮たる溝手顕正自民党参議院会長までが「うらやましい人いるんじゃないの」などと軽口を叩き、顰蹙を買う有様だ。 [全文を読む]

肉食系派閥・自民党二階派の「出会い系」パーティーに注目せよ|プチ鹿島の『余計な下世話!』

東京ブレイキングニュース / 2015年05月26日17時00分

そのうち上半期をふりかえるとき、「そういえばあったなぁ」という話題といえば、自民党の中川郁子議員と門博文衆院議員の「路チュー」騒動ではないか。『週刊新潮』(3月12日号)のスクープだった。私があのとき気になったのは路チューの2人が自民党の二階派所属ということだった。トップの二階俊博氏は安倍一強といわれる自民党のなかで、今秋の総裁選出馬の噂もある人物。世間的 [全文を読む]

<政治家の座右の銘を調べてみた>問題渦中の政治家はなぜかみんな「誠」が大好き

メディアゴン / 2015年03月18日02時31分

その「路チュウ」の相手である自民党・門博文議員、オクサンと3人のお嬢さんのいるパパさんです。この方の好きなお言葉はなんと「至誠」。辞書には「極めて誠実なこと」とか「まごころ」とか書かれています。7つ8つ年上の未亡人とお手々つないでイチャイチャし、あげくに都会の真ん中で堂々と路チュウ。バレてもはじめは写真に写っているのは自分じゃないとシラをきったとか。さらに [全文を読む]

知名度低い自民若手 地元行かず政治活動費節約し貯金に励む

NEWSポストセブン / 2016年03月09日11時00分

妻子持ちの門博文衆議院議員(50才)との “路チュー”の現場を週刊誌に撮られた、中川郁子衆議院議員(57才)未公開株を巡る金銭トラブルが発覚し自民党を離党した武藤貴也衆議院議員(36才)、そして、育休取得宣言をしながら不倫が報じられて議員辞職した宮崎謙介元衆議院議員(35才)などは有名なところだろう。 もちろん、こういった議員の給料は国民の税金から支払わ [全文を読む]

政治家選ぶコツ 「顔つきや話し方、仕草見る」と政治評論家

NEWSポストセブン / 2016年03月08日07時00分

まずは昨年3月、妻子持ちの門博文衆議院議員(50才)との不倫が発覚し、“路チュー”の現場を撮られた中川郁子衆議院議員(57才)。 未公開株を巡る金銭トラブルが発覚し、未成年男性の買春疑惑まで報じられた武藤貴也衆議院議員(36才)。そして、今年2月に議員辞職した宮崎謙介元衆議院議員(35才)は “育休取得”を宣言しながら、出産のため妻が入院している隙に自宅マ [全文を読む]

自民党2012年問題「イケメンならOK」の大量当選の代償

NEWSポストセブン / 2016年03月03日07時00分

まずは昨年3月、妻子持ちの門博文衆議院議員(50才)との不倫が発覚し、“路チュー”の現場を撮られたばかりか、その後入院した禁煙の病室でたばこを吸っていたのがバレて謝罪した、中川郁子衆議院議員(57才)。スクープした週刊誌に直撃され、「私はもっと美人」などと訳のわからない否定をしたのと相まって大きな騒ぎとなった。 昨年8月に自民党を離党した武藤貴也衆議院議 [全文を読む]

宮崎謙介・中川郁子・武藤貴也… 自民党の2012年問題

NEWSポストセブン / 2016年02月23日07時00分

昨年3月に同僚議員・門博文氏(比例近畿)との不倫路チューを『週刊新潮』に報じられた中川郁子・農水政務官(当時。北海道11区)は、予算委員会への出席をドタキャンして緊急入院したかと思うと、禁煙の病室でタバコをプカリとしていたことがバレて国会でさらに謝罪。 未公開株をめぐる金銭トラブルで昨年8月に自民党を離党した武藤貴也・代議士(滋賀4区)は、未成年男性を議員 [全文を読む]

民主党・細野政調会長に"ゲス不倫"問題をぶつけて返ってきた反応は?

東京ブレイキングニュース / 2016年02月22日19時00分

同じ不倫の路チュー写真でも、中川郁子衆院議員と門博文衆院議員との路チュー写真は「美しい」という評価を聞いたことがない。その反対は聞いたことがありますけどね。また今回の宮崎氏の不倫事件でも、中川・門両氏の不倫は比較対象になっていません。彼らは同じ二階派の所属だったのに......。 ということで、政党支持率では自民党にはるかに負けている民主党も、この点だけは [全文を読む]

【宮崎議員辞職】で露呈した杜撰な公認候補選びの実態と、影に隠れた大臣らの失言

Business Journal / 2016年02月17日06時00分

この1年を振り返ると、・昨年3月、農林水産政務官だった中川郁子氏と、妻子がある門博文氏が路上でキスしている写真が「週刊新潮」(新潮社)に掲載された。・同6月、党内の勉強会で大西英男氏が「マスコミを懲らしめる」などと発言。・同8月、武藤貴也氏が「値上がり確実な新規公開株を国会議員枠で買える」などと持ちかけて金銭トラブルを起こしていたことが、「週刊文春」に報じ [全文を読む]

安倍政権お友達人事 政治的技量のなさ露呈するだけとの指摘

NEWSポストセブン / 2015年09月04日16時00分

今年2月23日、西川公也・農水相(72)が政治資金問題で辞任したその夜に自民党の門博文・衆院議員(50)との「不倫路チュー」姿が『週刊新潮』で報じられた。その後、会期中に都内の病院に突如として入院し、国会を欠席することとなった。 政治評論家の有馬晴海氏が安倍首相の「お友達人事」の問題点を指摘する。 「最初の政権時も政治家としての適性や能力よりもお友達かどう [全文を読む]

路チュー騒動の中川郁子農水政務官が「週刊新潮」記者の首に手を回し「チューしましょうか」と...

リテラ / 2015年07月24日08時00分

安保法案国会真っ只中の6月30日、中川議員はそんなの関係ないとばかりに門博文衆院議員と逢瀬を愉しんでいたのである。門議員は「週刊新潮」(新潮社)3月12日号で "不倫路チュー"をスッパ抜かれた相手。この2人、あれだけ世間を騒がせたにもかかわらず、いまだにその関係は続いていたらしい。 それを報じたのはまたもや「週刊新潮」。7月16日号で、路チュー報道から4 [全文を読む]

路チュー中川議員長女はフジ報道記者 騒動で局内で頭下げる

NEWSポストセブン / 2015年06月13日16時00分

「さすがの中川さんも、お母さんと門博文・自民党衆院議員の『不倫路チュー』が発覚したときは参っていましたね。騒動直後、“お騒がせしてすみません”と局内で頭を下げて回っていた。こちらも拳を振り上げて強硬に追及する気にはなれなかった」(同前) ※週刊ポスト2015年6月19日号 [全文を読む]

路チュー不倫の中川農水政務官 官邸の更迭論に二階氏が一泡

NEWSポストセブン / 2015年04月20日07時00分

路チュー相手の門博文・代議士は和歌山1区で落選して比例で復活。仮に中川氏が農水政務官を辞任し2人の連帯責任となれば、世耕さんには次の総選挙で衆院和歌山1区に鞍替えするチャンスがあった」 安倍晋三首相も「彼女の言い訳が見苦しく更迭に傾いていた」(同前)とされる。 それを阻止したのが二階氏である。同じ和歌山選出の世耕氏とは年の差があるものの長年ライバル関係にあ [全文を読む]

小島慶子のそこじゃない!「不倫スクープで美熟女代議士バッシングのもやもや」

週プレNEWS / 2015年03月25日11時00分

お相手の門博文衆院議員がまったくやり玉に挙がらないのは、彼女が美人で亡き夫・中川昭一氏の地盤を継いで政治家になった経歴へのやっかみもあるのだろうーー。 タレントでエッセイストの小島慶子が、世間の気になる話題に独自の視点で斬り込む! *** 先日、東京・六本木のおしゃれなビルのエレベーターに乗り合わせた熟年男女。「私のことはいいから、行ってきなよ…家族は大 [全文を読む]

国会での女性叩きは娯楽か 路上キス議員叩きに見る男尊女卑

NEWSポストセブン / 2015年03月20日16時00分

世間を騒がせた自民党の門博文議員(49才)と中川郁子議員(56才)との“不倫路チュー”報道。その後、中川議員は体調不良で緊急入院。退院後国会で謝罪するも、多くの怒号にさらされてしまった。さらには、入院時の病室での喫煙も追及され、集中砲火を受けている。 一方の門議員はというと、謝罪文をホームページで発表しただけで、その後は普通に議員活動を続けている。 両者の [全文を読む]

中川議員と路チューの門議員に地元からも疑問の声 家族は避難

NEWSポストセブン / 2015年03月19日07時00分

紀伊山地の麓に位置し、紀ノ川が南北を貫く和歌山県伊都郡に、自民党の門博文議員(49才)が妻子と暮らす自宅がある。中川郁子議員(56才)との“不倫路チュー”が報じられた3月初旬以降、この家から人の気配が消えたという。 「夜も明かりがつかなくて、雨戸も閉めっきりや。一家でどこかに避難したんやろね。そりゃ旦那があんなことしてくれたら、近所に合わす顔なくなるわな。 [全文を読む]

中川政務官以外にも路チュー目撃多数! 国会議員同士のキモすぎる恋愛事件簿

リテラ / 2015年03月17日20時00分

「週刊新潮」(新潮社)3月12日号に、中川郁子農林水産政務官と門博文衆院議員の路上での"不倫キス写真"が掲載された。中川は2009年に急逝した中川昭一元財務・金融相の未亡人で、12年には夫の地盤を継ぎ衆院議員に初当選、現在2期目を務める。 今回の一件では当事者二人がともに酒席での軽率な行動だと認めているにもかかわらず、批判のほとんどは妻子持ちの門ではなく、 [全文を読む]

在庫もゼロ! 「週刊新潮」完売がもたらした、未成年の実名報道の意義とは――

日刊サイゾー / 2015年03月17日13時00分

1つは亡くなった元中川昭一財務相の妻・郁子議員と自民党・門博文衆議院議員の不倫スクープだ。中川氏はあまりのショックに緊急入院し、農水政務官の続投を明言しているものの「逆風は強く、いずれ辞任することになると思う」(政治記者)。 だが、完売の原動力となったのは不倫スキャンダルではなく、川崎市で起きた中1殺害事件の主犯格・少年A(18)の実名報道だった。 同誌で [全文を読む]

スキャンダル対策入院議員に「医療制度崩壊導く」と医師憤慨

NEWSポストセブン / 2015年03月13日16時00分

“不倫路チュー”を『週刊新潮』にすっぱ抜かれた農水省政務官の中川郁子議員(56才)と自民党の門博文議員(49才)。中川議員は、同誌が発売された3月5日に速攻で入院。病名は発表されなかった。 「予算委員会で詰問されるのが必至なので、単に逃げただけでしょう。入院先は、1泊8万円という都心の大病院のVIPルームだといわれています」(全国紙記者) 5日に《私の軽率 [全文を読む]

中川郁子政務官が妻子ある自民議員と「路チュー不倫」 慰謝料請求されたらどうなる?

弁護士ドットコムニュース / 2015年03月11日11時03分

衆院議員の中川郁子農水政務官(56)が、自民党の同僚の門博文衆院議員(49)と路上でキスしている写真が、3月5日発売の『週刊新潮』に掲載されて、話題になった。同誌によると、中川政務官の「上司」にあたる西川公也農水相(当時)が辞任した2月23日の夜、2人は、東京・六本木の路上で互いに身体を寄せ合ってキスを交わした。中川政務官は、2009年に急逝した故・中川昭 [全文を読む]

フォーカス