小島武夫のニュース

「小島武夫の千里眼麻雀」ビデオマーケット配信記念!二階堂亜樹(日本プロ麻雀連盟所属)サイン入りポスタープレゼントキャンペーン開始!

PR TIMES / 2017年06月07日13時00分

株式会社ビデオマーケット(本社:東京都港区、代表取締役社長:高橋 利樹、以下当社)は、当社が運営する一般映像作品数No1※動画配信サービス『ビデオマーケット』(http://www.videomarket.jp)にて、「小島武夫の千里眼麻雀」の配信スタートを記念して、映画『女流闘牌伝 aki -アキ-』の二階堂亜樹(日本プロ麻雀連盟所属)サイン入りポスター [全文を読む]

岡本夏美 主演映画『女流闘牌伝aki-アキ-』の予告映像公開 麻雀に生きる少女の凛々しい表情が

GirlsNews / 2017年04月27日09時00分

だが、少女雀士・ひまわりと、ミスター麻雀・小島武夫との出会いが、彼女の人生と麻雀を大きく変えていくこととなる…。 岡本さんは、ファッション雑誌「Seventeen」の専属モデルとして活躍、ドラマ&映画『咲 -Saki-』など女優として活躍するほか、『ワイドナショー』(フジテレビ系)などバラエティで人気に。そんな彼女がイメージを大きく覆す新境地に挑み、勝負の [全文を読む]

“美しすぎるGカップ雀士”らがオトナのバトル?

Smartザテレビジョン / 2016年03月26日12時15分

男性プロからは麻雀界を率いてきた小島武夫らレジェンド雀士が登場。その実力を存分に発揮し、真の雀力を試す。 女流プロは、Gカップの美巨乳を武器にグラビアアイドルとしても活躍する“美人すぎる女流雀士”高宮まりなど、美しさと強さを兼ね備えたトッププロが出演。 さらに、男性タレントからは川合俊一、トータルテンボス・大村朋宏らが、女性タレントからは浅香唯、青木さや [全文を読む]

岡本夏美、元AKB48・増田有華に恐怖!?映画「女流闘牌伝 aki」で初共演

映画.com / 2017年06月03日22時55分

雀荘で生まれ育った亜樹(岡本)が、少女雀士・ひまわり(増田)やミスター麻雀・小島武夫(岩松了)らと出会い、人生を変えていく姿を描いた。 岡本は長編映画初主演。満場の観客が祝福の拍手を送ると、深々と頭を下げ、「公開日を待ちわびていました。こんなに多くの方に足を運んでくださって嬉しいです」と目を細める。原案・二階堂氏は「今日はリーグ戦で、朝からバタバタでしたが [全文を読む]

岡本夏美、共演の増田有華に最初恐怖心!? 「役のイメージで有華ちゃんを見てしまって しかも関西弁…」

GirlsNews / 2017年06月03日13時12分

だが、少女雀士・ひまわりと、ミスター麻雀・小島武夫との出会いが、彼女の人生と麻雀を大きく変えていくこととなる…。 岡本さんは演じるにあたって、「亜樹さんが壮絶な人生を歩んでおられるので、そこを丁寧に、真摯に向き合ってお芝居できたらという思いで演じました」と語った。 ライバルのひまわり役の増田さんとは今回が初共演。増田さんは「私と夏美ちゃんが一緒のシーンが3 [全文を読む]

女流雀士を熱演!岡本夏美主演作の予告編が解禁!

Smartザテレビジョン / 2017年04月27日18時00分

さらに“ミスター麻雀”こと小島武夫を岩松了が演じることでも話題となっている。プロ監修の下、岡本らがトレーニングを積んだ本格的な闘牌シーンが展開されていく。 [全文を読む]

増田有華、映画『女流闘牌伝 aki -アキ-』で岡本夏美のライバル役に「麻雀にあっという間にハマってしまいました」

GirlsNews / 2017年04月04日21時00分

増田さんのほか、亜樹の姉で現在もプロ雀士として活躍中の二階堂瑠美役を『仮面ライダーウィザード』などで知られる中山絵梨奈さん、ひまわりの母親・面影玲子役を彩輝なおさん、亜樹をプロ雀士へと導く小島武夫役を岩松了さんが演じることも今回発表された。 映画『女流闘牌伝 aki -アキ-』は2017年6月3日、シネマート新宿ほか公開。 (c)2017 花崎圭司・大崎 [全文を読む]

元AKB増田有華、余裕がないのに余裕を見せつける役に「十代の自分とそっくり」

Smartザテレビジョン / 2017年04月03日19時00分

ひまわりの母親・面影玲子を元宝塚歌劇団月組トップスターの彩輝なお、昭和50年代の麻雀ブームをけん引し、豪放磊落(らいらく)な雀士として一世を風靡(ふうび)した小島武夫役を「3月のライオン」の岩松了が演じることも発表されている。 [全文を読む]

岡本夏美主演!“麻雀界のアイドル”波瀾万丈の人生を熱演

Smartザテレビジョン / 2017年03月24日07時00分

だが、少女雀士・ひまわりと“ミスター麻雀”小島武夫との出会いが、彼女の「人生」と「麻雀」を大きく変えていくこととなる。 [全文を読む]

【著者に訊け】浜田文人氏 正統派ハードボイルド作『禁忌』

NEWSポストセブン / 2015年06月17日16時00分

ところが初めて住んだ神泉でプラッと入った雀荘がたまたまあの小島武夫の店で一緒に卓を囲んだらいきなり僕が11連勝。兄ちゃん強いなって小島さんに呑みに誘われたが最後、結局43までプロ雀士(笑い)。 当時の遊び仲間には色さん(色川武大)とか吉行さん(淳之介)とか、錚々たる作家がいてね。そのうちギャンブル記事や事件物をあちこちで書くようになり、例えば『公安捜査』は [全文を読む]

元プロ雀士が回顧 阿佐田哲也氏の苦悩とG馬場さんの打ち筋

NEWSポストセブン / 2012年10月12日16時01分

当時は先生が小島武夫さんや私と「麻雀新撰組」を立ち上げようとしていた時期で、目白にある先生の自宅に足繁く通っていたんです。 目白の部屋に行くと、毛布の上に麻雀牌が転がっていて、先生が「ウーン」と頭を抱えている。「なんですかコレ?」と私が聞くと、「『ポスト』の麻雀大会の牌譜で場の流れを再現しているんだ」というんです。 先生は4人分の牌譜をいちいちめくりながら [全文を読む]

フォーカス