小島武夫のニュース

岡本夏美、トレーニング積んで挑んだ闘牌シーン…イメージ覆す新境地

モデルプレス / 2017年04月27日18時00分

ほか、亜樹のライバル・ひまわりには、女優・タレント・アーティストとして活躍する増田有華、ミスター麻雀・小島武夫に岩松了、さらに、元宝塚歌劇団月組トップスターの彩輝なお、中山絵梨奈など豪華キャストが集結している。 ◆プロ監修のもとでトレーニング プロ監修のもとトレーニングを積んだ本格的な闘牌シーンも同作の見どころ。また、高宮まり、東城りおなど日本プロ麻雀連 [全文を読む]

岡本夏美 主演映画『女流闘牌伝aki-アキ-』の予告映像公開 麻雀に生きる少女の凛々しい表情が

GirlsNews / 2017年04月27日09時00分

だが、少女雀士・ひまわりと、ミスター麻雀・小島武夫との出会いが、彼女の人生と麻雀を大きく変えていくこととなる…。 岡本さんは、ファッション雑誌「Seventeen」の専属モデルとして活躍、ドラマ&映画『咲 -Saki-』など女優として活躍するほか、『ワイドナショー』(フジテレビ系)などバラエティで人気に。そんな彼女がイメージを大きく覆す新境地に挑み、勝負の [全文を読む]

“美しすぎるGカップ雀士”らがオトナのバトル?

Smartザテレビジョン / 2016年03月26日12時15分

男性プロからは麻雀界を率いてきた小島武夫らレジェンド雀士が登場。その実力を存分に発揮し、真の雀力を試す。 女流プロは、Gカップの美巨乳を武器にグラビアアイドルとしても活躍する“美人すぎる女流雀士”高宮まりなど、美しさと強さを兼ね備えたトッププロが出演。 さらに、男性タレントからは川合俊一、トータルテンボス・大村朋宏らが、女性タレントからは浅香唯、青木さや [全文を読む]

女流雀士を熱演!岡本夏美主演作の予告編が解禁!

Smartザテレビジョン / 2017年04月27日18時00分

さらに“ミスター麻雀”こと小島武夫を岩松了が演じることでも話題となっている。プロ監修の下、岡本らがトレーニングを積んだ本格的な闘牌シーンが展開されていく。 [全文を読む]

岡本夏美、麻雀界のカリスマを熱演 映画『女流闘牌伝aki -アキ-』本編初公開

ORICON NEWS / 2017年04月27日18時00分

増田有華(25)演じる少女雀士・ひまわりと、若松了(65)演じるミスター麻雀・小島武夫との出会いによって、主人公・亜樹の人生に変化が訪れていく様子を描く。 2011年に『ラブベリーモデル・オーディション』でグランプリを受賞し、現在は『セブンティーン』専属モデルとして活動。ほかにも映画やドラマ、さらには先日卒業した『ワイドナショー』をはじめとしたバラエティー [全文を読む]

増田有華、映画『女流闘牌伝 aki -アキ-』で岡本夏美のライバル役に「麻雀にあっという間にハマってしまいました」

GirlsNews / 2017年04月04日21時00分

増田さんのほか、亜樹の姉で現在もプロ雀士として活躍中の二階堂瑠美役を『仮面ライダーウィザード』などで知られる中山絵梨奈さん、ひまわりの母親・面影玲子役を彩輝なおさん、亜樹をプロ雀士へと導く小島武夫役を岩松了さんが演じることも今回発表された。 映画『女流闘牌伝 aki -アキ-』は2017年6月3日、シネマート新宿ほか公開。 (c)2017 花崎圭司・大崎 [全文を読む]

元AKB増田有華、余裕がないのに余裕を見せつける役に「十代の自分とそっくり」

Smartザテレビジョン / 2017年04月03日19時00分

ひまわりの母親・面影玲子を元宝塚歌劇団月組トップスターの彩輝なお、昭和50年代の麻雀ブームをけん引し、豪放磊落(らいらく)な雀士として一世を風靡(ふうび)した小島武夫役を「3月のライオン」の岩松了が演じることも発表されている。 [全文を読む]

岡本夏美主演!“麻雀界のアイドル”波瀾万丈の人生を熱演

Smartザテレビジョン / 2017年03月24日07時00分

だが、少女雀士・ひまわりと“ミスター麻雀”小島武夫との出会いが、彼女の「人生」と「麻雀」を大きく変えていくこととなる。 [全文を読む]

麻雀マンガ「aki」ワイドナ高校生・岡本夏美で映画化!原案の二階堂亜樹は驚き

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年03月24日07時00分

ボストンバッグひとつでやってきた大都会・東京の厳しさに打ちひしがれていたアキは、少女雀士のひまわり、そして「ミスター麻雀」こと小島武夫と出会うことで、その「人生」と「麻雀」を大きく変えていくこととなる……。 卓上では常にクールな亜樹だが、今回の映画化については「正直とても驚きました」と驚きを隠さない。「10代の頃にはまさかそんなことが自分の人生にあるなんて [全文を読む]

【著者に訊け】浜田文人氏 正統派ハードボイルド作『禁忌』

NEWSポストセブン / 2015年06月17日16時00分

ところが初めて住んだ神泉でプラッと入った雀荘がたまたまあの小島武夫の店で一緒に卓を囲んだらいきなり僕が11連勝。兄ちゃん強いなって小島さんに呑みに誘われたが最後、結局43までプロ雀士(笑い)。 当時の遊び仲間には色さん(色川武大)とか吉行さん(淳之介)とか、錚々たる作家がいてね。そのうちギャンブル記事や事件物をあちこちで書くようになり、例えば『公安捜査』は [全文を読む]

フォーカス