田中耕一のニュース

ノーベル賞・田中耕一さん、原発事故調で発言「未来への提言も任務」

ニコニコニュース / 2012年01月31日19時32分

国会が設置した東京電力福島第1原発事故調査委員会(委員長・黒川清元日本学術会議会長)の第3回委員会が2012年1月30日、福島県双葉町民らの避難先である埼玉県加須市で開催されたが、その終盤、同委員でノーベル賞受賞者の田中耕一氏が発言する一幕があった。 「一言すみません。みなさんが一番気にされていることはお子さん、あるいはお孫さんの健康だと思うのですが、みな [全文を読む]

認知症患者の救急医療について、94%の医療機関が困難を感じると回答

認知症ねっと / 2014年12月12日09時51分

田中耕一氏のグループと共同で開発愛知県の独立行政法人国立長寿医療研究センターらのグループは、血液を調べることにより、アルツハイマー病の原因となる物質が脳の中に蓄積しているかどうかを判定できる技術を開発したと、11月11日、日本学士院発行の専門誌に発表した。この技術は、国立長寿医療研究センターとノーベル賞を受賞した島津製作所の田中耕一氏のグループが、共同で開 [全文を読む]

ボブ・ディランのノーベル文学賞受賞に見る「ビジネスモデルとしてのノーベル賞」の凄さ

メディアゴン / 2016年10月15日07時40分

たとえば、田中耕一さん(2002年ノーベル化学賞)のように、同じ業界の中でも十分に知られていないような業績を掘り起こして受賞者に選ぶことで、「さすがノーベル賞」とその価値を高めてきた。今回のノーベル文学賞がボブ・ディランさんに決まったことは、「選考」の実質的な意味ということで、賞の価値を高めるだろう。選考委員会は、ボブ・ディランさんの「詩人」としてのすぐれ [全文を読む]

京都に残る唐代の面影を見て最初は誇らしかったが、もはやそんな気持ちにはなれなくなった―中国コラム

Record China / 2016年07月31日14時30分

島津製作所には田中耕一という普通のエンジニアがいたが、2002年にノーベル化学賞を受賞し、企業の技術の高さを証明した。 「京都の企業」は目立たないが、どうして成功しているのだろうか。個人的な意見だが、これは京都の人々の精神と関係があるように思える。京料理は日本の伝統料理の代表であり、あっさりとした上品な味で知られている。京料理店のほとんどが、数十年もしくは [全文を読む]

東京、外国人からみてここがイヤ&不便だ!住みやすさ順位は世界44位?

Business Journal / 2016年05月25日06時00分

マーサー ジャパンのコンサルタント、田中耕一氏は次のように説明する。「当社で提供しているのは、国をまたいで仕事をする場合の環境差を指標化したものです。ただ、それは駐在員の『インターナショナルな視点』の指標化が切り口で、日本人基準ではありません。査定に必要な39項目には、各項目ごとにウエイト配分があり、最終的な指標となります」 [全文を読む]

早稲田大もブラック企業? 内部で年収300万非常勤講師らが大学を刑事告訴

Business Journal / 2013年08月27日07時00分

旧帝大時代から研究第一を学風とし、ノーベル化学賞・田中耕一氏を輩出するなど、その実績も高い。しかし、07年に同大大学院薬学研究科で助手を務めていた男性が自殺。月100時間以上の時間外労働、副作用の強い抗がん剤実験にも駆り出され、換気も不十分な環境でひとりで実験を強いられる。また、指導教授からのパワハラも指摘されており、「新しい駒を探してください」という遺 [全文を読む]

子供向けサイエンス教室 人気なのは理系の正社員率高いから

NEWSポストセブン / 2012年11月15日16時00分

実にうまいビジネスです」 近年、田中耕一氏、小柴昌俊氏、そしてiPS細胞の山中伸弥氏と日本人科学者が相次いでノーベル賞を受賞したことも、人気に拍車をかけている要因だという。「未来の山中教授を目指せ!」というわけである。 しかし、学習指導要領で理科教育の強化が図られる中、学校の実習でもそれなりに事は足りるはず。わざわざ高い授業料を払ってサイエンス教室に通うメ [全文を読む]

東京都が訓練用の緊急速報メールを配信 「届かなかった」と不安の声も

ニコニコニュース / 2012年02月03日19時49分

(東京都)◇関連サイト・帰宅困難者対策訓練のお知らせ - 東京都防災ホームページhttp://www.bousai.metro.tokyo.jp/index.html・緊急速報メール - SoftBankhttp://mb.softbank.jp/mb/service/urgent_news/・緊急速報「エリアメール」 - NTT docomohttp:/ [全文を読む]

フォーカス