坂井三郎のニュース

今こそ読み返したい、史上最高の「ゼロ戦パイロット」の言葉

週プレNEWS / 2013年08月15日06時00分

伝説の操縦士、坂井三郎氏による「人生相談」だ。 ■先に敵機を見つけるための特訓法とは? 太平洋戦争において、「撃墜王」としてその名をとどろかせた、ゼロ戦のエースパイロットがいた。 そして、戦後50年を目前とした1994年―。その伝説のパイロット・坂井三郎氏は、週プレで人生相談『大空に訊け!!』を連載。大きな反響を呼んだ。例えば、仕事が長続きせず悩んでいると [全文を読む]

著名人が勧める“今こそ読みたい戦争を考える作品”森村誠一編

WEB女性自身 / 2015年08月01日06時00分

国家に翻弄された若者の思いに胸が締めつけられます」 次に挙げられた戦記『大空のサムライ』(坂井三郎著)は、ほかとは趣きが異なる1冊。 「『撃墜王』と呼ばれた坂井三郎さんは、60機以上の敵機を撃墜し、生き残りました。彼は亡くなった戦友たちのため、生き残った自分が経験を伝え続けるという使命に駆られました。その悲壮な心理状態も、戦争の本質なんです」 そして、開戦 [全文を読む]

“21世紀の魔法使い”落合陽一「完全自動運転カーが実用化されたら、公共財に近くなる」

週プレNEWS / 2016年09月24日15時00分

人間対人間のゲームって、基本的に相手の“ミス待ち”ですよね? ―太平洋戦争で活躍した伝説の零戦パイロット・坂井三郎さんも、「相手のミスを待つ、ミスさせるように持っていく」とおっしゃってます。 落合 でも、コンピューターはミスしないですからね。知り合いの研究室で「卓球ロボット」をつくってるんですけど、近い将来、卓球のチャンピオンもロボットに負けるかもしれない [全文を読む]

“キムタク超え”岡田准一に危機! 映画『海賊とよばれた男』主演決定で懸念される「モンスター」って?

日刊サイゾー / 2015年11月05日17時00分

「『永遠の0』は、同じく作家の浅田次郎氏の『壬生義士伝』(文藝春秋)と作品の骨格が酷似しているとされ、坂井三郎氏の『大空のサムライ』(講談社+α文庫)のエピソードを使いまわしているという話もあります。『海賊とよばれた男』も、木本正次氏の『小説出光佐三』(にっかん書房)との類似性を指摘されており、ネット上でも百田氏の“パクリ”疑惑は以前より叫ばれてきました [全文を読む]

百田尚樹×渡部昇一が語る「日本人とは何か」『ゼロ戦と日本刀』を発売 !

@Press / 2013年12月13日11時00分

また、『永遠の0』を読んで感動された渡部氏が、坂井三郎の貴重な英語初版本『SAMURAI!』を持参したり、『永遠の0』で描かれたエピソードを深く掘り下げたり…など、百田作品ファン必読のエピソードも盛り込まれています。■主な内容巻頭対談「世界最高なのになぜ負けた?」百田尚樹×渡部昇一/真珠湾奇襲攻撃は騙し討ちか(渡部昇一)/アメリカは一度も宣戦布告をしていな [全文を読む]

『週刊 永遠のゼロ戦プラモデル』創刊!男たちの「憧れ」だった零戦をあなた自身の手で甦らせて──。

PR TIMES / 2013年12月12日16時06分

実在のエースパイロット坂井三郎一飛曹、板谷茂少佐(いずれも当時)の搭乗機や、映画『永遠の0』(配給・東宝/12月21日公開)の主人公・宮部久蔵の搭乗機仕様などにできるデカールも用意! ■第1巻~第20巻購読で全員プレゼント! 塗装済み日本海軍搭乗員フィギュア5体セット(1/72スケール) 全20巻を購読された方全員に、特典として付録零戦と同じ1/72スケ [全文を読む]

フォーカス