伊東ゆかりのニュース

BS-TBS『Sound Inn “S”』~クリスマススペシャル

PR TIMES / 2016年12月16日11時46分

ゲストは、かつての、『サウンド・イン“S”』で、司会を務めていた伊東ゆかり、レギュラー出演者であった松崎しげるをはじめ、阿川泰子、和田アキ子。アレンジは、当時の音楽監督・アレンジを務めていた、前田憲男、服部克久。今宵限りの、洋楽スタンダードナンバー、クリスマスソング、メドレーなど、盛りだくさんの1時間となる。曲目は、阿川泰子が、「When I Fall I [全文を読む]

客船「飛鳥II」 2017年下期商品 スケジュール発表 ~季節の彩りとテーマに満ちた33クルーズ~

@Press / 2017年04月04日15時30分

このほか、伊東ゆかりさんとデューク・エイセス、司会に松島トモ子さんを迎え昭和の歌謡曲を楽しむ「昭和を歌おう ON ASUKAII」、今年で4回目となる好評の「ザ・グレン・ミラーオーケストラクルーズ」、夏川りみさんの歌声と「銀座レカン」高良シェフのフレンチで春を楽しむ「A-styleクルーズ~春彩~」など洋上での音楽の楽しみも様々です。また、毎年好評の「南西 [全文を読む]

スパーク3人娘完全燃焼宣言!「舞台で逝ってしまいたい」

WEB女性自身 / 2017年03月18日06時00分

伊東ゆかりさん(69)、中尾ミエさん(70)、園まりさん(72)からなる「スパーク3人娘」は、3人がレギュラー出演していたフジテレビ系『森永スパーク・ショー』に由来する。 62年に結成されて『NHK紅白歌合戦』にも出演。3年の活動で自然解散したが、 04年に再結成された。結成55年、 古希 を迎えた3人娘が結成当時のことから、これからのことを語り合ってくれ [全文を読む]

飛鳥クルーズ就航25周年記念 「アニバーサリークルーズ」に10月25日出港

@Press / 2016年10月19日16時00分

*帝国ホテル 田中健一郎総料理長によるアニバーサリーディナーのご提供*3人娘(伊東ゆかりさん、中尾ミエさん、園まりさん)によるスペシャルコンサート*田村能里子さん(飛鳥・飛鳥IIの壁画作家)によるトークショーまた、飛鳥IIの船内では、シャンパンタワーによるお祝いや、フォーマルナイトに開催されるアニバーサリー・パーティーなどが予定されているほか、生まれ故郷の [全文を読む]

BS-TBS『Sound Inn “S”』~クリスマススペシャル~

PR TIMES / 2015年12月17日17時34分

松崎しげるとの共演で一世を風靡したあの名ドラマ、「噂の刑事トミーとマツ」のトミーこと、国広富之とのデュエットや、その当時、アイドル歌手として絶大な人気を博した浅野ゆう子と松崎のデュエット、メイン司会を務めていた伊東ゆかりなどのシーンとともに、佐良直美、由美かおる、ジュディ・オング、美空ひばりなど、懐かしい顔ぶれがVTRでは多数登場する。そして、楽曲は、全員 [全文を読む]

【ホテルオークラ福岡】ホテルでクルーズ体験「CRUISE EXPERIENCE 2014」開催!

PR TIMES / 2014年06月04日10時32分

【会場】ホテルオークラ福岡 3F・4F 宴会場 【Dance Cruise Night】2014.8.12(火)・13(水) 参加料金:各日 15,000円(料理・飲物・サービス料、税込み)※18歳未満入場不可 16:00~17:30 プレダンスステージ 18:00~19:30 ディナータイム 19:30~21:30 ダンスパーティ プロダンサーによるデ [全文を読む]

TOKYO MXが贈る名物情報バラエティ番組『5時に夢中!』スペシャル対談・第5回 中尾ミエ×ミッツ・マングローブ

週プレNEWS / 2012年11月14日15時00分

私が感慨深かったのは、伊東ゆかりさんと園まりさんがゲストにいらっしゃったとき。だって、あの“三人娘”がコメンテーター席に勢ぞろいしたんだもん。若干、シュールだったわよ(笑)。 中尾 ゲストといえば、お店をやってる方だと、放送後にそこに遊びに行ったりして。ミッツのお店にも行きましたよ。でも、この人と一緒にいるとすごく目立つから電車に乗れないの。 ―え~っ! [全文を読む]

【和田アキ子と大友康平が持ち歌を交換】ジワジワ売れ続けている男女逆転カヴァーコンピの続編が登場

リッスンジャパン / 2012年10月12日01時00分

【リリース情報】『COVER WHITE 男が女を歌うとき 2-WISH-』 UICZ-8103 ¥2,500(税込) 2012年10月10日発売1. 徳永英明/雪の華 (中島美嘉) 2. 鈴木雅之/TAXI (mediumslow version) (鈴木聖美with RATS & STAR)3. 槇原敬之/traveling (宇多田ヒカル)4. 山崎 [全文を読む]

フォーカス