田中眞紀子のニュース

麦飯食べてた韓国新大統領・朴槿恵 会いたい人は田中眞紀子

NEWSポストセブン / 2012年12月27日07時00分

学生時代のお弁当なんか、いつも麦飯だったと有名ですよ」(韓国政界関係者) ちなみに、彼女が最も会いたい日本人は、境遇が似ている田中眞紀子さん(68才)だとか。 ※女性セブン2013年1月10・17日号 【関連ニュース】【ジョーク】イラン大統領「オバマ無能」への対立候補の反応かつて盧武鉉氏と激突した朴槿恵氏が女性大統領になる可能性激ヤセのクリントン氏 1回数 [全文を読む]

田中眞紀子氏 「ちょっとでも秘書がでしゃばればクビ」証言

NEWSポストセブン / 2012年12月13日16時00分

父・田中角栄元首相の威光もあって、選挙にはめっぽう強い田中眞紀子文部科学相(68才)だが、今回の総選挙ではそう簡単ではない。政治ジャーナリストの野上忠興氏(72才)が言う。 「非常に厳しい。新聞各社の調査でも自民党の長島忠美氏(61才)が一歩リードしています。かつて眞紀子さんを支えた後援会も父の代からの幹部が高齢化して、あまり機能していません」 危機感の表 [全文を読む]

田中眞紀子氏の異母きょうだい 父・角栄氏と母について語る

NEWSポストセブン / 2012年05月20日07時00分

何かと話題の民主党の田中眞紀子代議士(68才)とは異母きょうだいにあたる。このほど、母・昭(後に昭子と改名)と田中角栄氏について綴った著書『昭 田中角栄と生きた女』(講談社)を出版した。 「本の表紙になっている、オヤジとのツーショット写真が衝撃的だと、皆に驚かれるんですけど、その感想が私には新鮮でした。うちのアルバムの中に普通にあった写真の一枚でしたから」 [全文を読む]

「YKK秘録」にみる政治の活力―YKKの特質―

Japan In-depth / 2016年10月24日19時00分

自民党をぶっ壊すきっかけをつくったのは加藤であり、小泉政権の生みの親も田中眞紀子ではなく、加藤は期せずして小泉の踏み台になった。その媒介をしたのが私ということになるのかもしれない」と山崎氏は述懐している。▪️今は派閥も弱体化-政治の活力をどこで作るか―結局、森首相は退陣し、小泉氏が橋本龍太郎氏、麻生太郎氏を抑えて首相となり、山崎氏が幹事長に就任する。加藤氏 [全文を読む]

外務省が全額出資も編集部は独立している外交専門誌「外交」

NEWSポストセブン / 2015年09月09日16時00分

または都市出版株式会社に直接注文 発行元が外務省、と聞くと、あれから13年もの歳月が流れたというのに、記者の頭の中では「田中眞紀子」「鈴木宗男」「伏魔殿」「閣下」という文字に自動変換される。「何でも聞いてください」と、感じのいい笑顔を向ける中村起一郎編集長(44才)にそれを告げると、「うふふ。そうですか」と笑う。「でも、あれが今の外務省かというと、ちょっと [全文を読む]

河西智美の顔がパンパンのテカテカ!「曙?」「100点満点中2点」

messy / 2013年12月21日12時00分

そんな河西の現状を、ネット上では「曙に見えた」「田中眞紀子を少し可愛くした感じ」「100点満点中2点」「歌うゴリラ」と散々。 ちなみに8月に結成が発表され名称を公募していたファンクラブ名が「CHiyuu♡lris」に決定したことも発表されたが、公募の際もかつて表紙に男児に乳首を隠させている写真を使用したことが原因でセミヌード写真集が発売中止になった件や愛人 [全文を読む]

芸人と主婦を行き来する、清水ミチコの爆笑エッセイ

ダ・ヴィンチニュース / 2013年05月18日07時20分

そして愛しすぎるがゆえに毒がまわる、というねじれ現象が笑いを生んでいるのだ! ……いや「♪おっかないね、ゴリラ~」と揶揄するモノマネをする田中眞紀子は愛じゃない? あ、ユーミンには「山田邦子のモノマネには愛を感じるが、清水ミチコのモノマネには悪意を感じる」と言われてたっけ……。 そんな(?)清水が、雑誌『TVBros. (テレビブロス) 』(東京ニュース通 [全文を読む]

落選した田中真紀子氏 会合では「話のうまさは抜群」の声も

NEWSポストセブン / 2012年12月21日07時00分

※週刊ポスト2013年1月1・11日号 【関連ニュース】田中真紀子 大学不認可騒動で「官僚にしてやられた」と識者田中真紀子氏 首相「竹島日本領発言」は不適切と指摘した説田中眞紀子氏 「ちょっとでも秘書がでしゃばればクビ」証言田中真紀子氏 小沢氏の後ろ盾失い猫被り状態と後援会関係者田中角栄と「越山会の女王」の間に生まれた女性が綴った本 [全文を読む]

報道陣締め出し、代表者質問拒否……落選大物議員の舞台裏

週プレNEWS / 2012年12月19日06時00分

あの人は、比例復活のための惜敗率を計算してましたよ」(伸子さん) 新潟5区では、文部科学大臣・田中眞紀子氏が落選。父・角栄氏の初当選から65年、鉄壁の集票力を誇った後援組織「越山会」が完全崩壊した瞬間だった。 「週刊誌はダメと言われております!」という受付の人のひと言で、本誌と『週刊朝日』『FRIDAY』の記者は、田中氏の選対本部に入ることすら許されなかっ [全文を読む]

フォーカス