高田郁のニュース

高田郁(※)の電子書籍書き下ろし小説が朗読書籍アプリで登場!小説を読みながら毎日放送の水野晶子アナウンサーの朗読を再生できる新しい電子書籍アプリ!

@Press / 2012年07月18日11時00分

株式会社幻冬舎(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:見城 徹)は、高田郁(※)の電子書籍書き下ろし短編小説に毎日放送の水野晶子アナウンサーの朗読音声を加えたiOSアプリ『あなたへの伝言』をApp Storeにて本日発売いたします。本電子書籍アプリでは、小説を朗読に合わせて自動再生する「朗読を聞く」機能で、新たな電子書籍の読書体験をお楽しみいただけます。 ○ [全文を読む]

若手実力派女優・黒木華の3つの顔…『海辺のリア』では“期待を裏切る”○○を魅せる!

dmenu映画 / 2017年06月06日07時00分

女性料理人役でその腕前を披露 まず、5月にスタートしたNHKの土曜時代ドラマ「みをつくし料理帖」は、高田郁の同名小説のドラマ化。若くして大阪から江戸へと移り、一流料理人としてその才能を開花させていく主人公、澪の成長が描かれます。黒木が演じているのは澪。森山未來扮する店の常連客に“下がり眉”とからかわれる、困り顔が愛くるしい女性料理人です。料理人役となると [全文を読む]

飯テロ時代劇!ドラマ『みをつくし料理帖』が描く江戸のリアル【お江戸ルほーりーの時代劇、勝手に応援し隊 第七夜】

サライ.jp / 2017年05月25日17時00分

高田郁さんの同名の原作がそのまま立体化したような印象を受け、いち原作ファンとしてとても嬉しかった。また江戸時代の料理事情を丁寧に再現している点が非常に画期的である。例えば一般的な時代劇での飲食店のシーンには当然のように机や椅子が備え付けられているものだが、『みをつくし料理帖』で澪が務めている江戸の料理屋・つる家のセットにはこれが無い。外国の文化が本格的に流 [全文を読む]

黒木華主演「みをつくし料理帖」は現代と江戸がつながる時代ドラマ

Smartザテレビジョン / 2017年05月09日10時55分

同作は、高田郁の同名時代小説を原作に、2016年に木曜時代劇「ちかえもん」で向田邦子賞を受賞した藤本有紀が脚本を務める時代劇。黒木演じる大阪生まれの女料理人・澪が、江戸の板場で料理人の腕を磨きながら成長していく物語。 ヒロインを演じる黒木はNHKドラマ初主演。今作を演じるに当たって「愛されている原作があるので、これは頑張らねばならないぞと思いました。私も [全文を読む]

綾野剛、清水富美加ほか、4月新ドラマ1コマ相関図

Smartザテレビジョン / 2017年02月24日14時24分

高田郁の同名時代小説を原作に、大坂生まれの天涯孤独な少女・澪(黒木)が、江戸で一流の料理人となるまでを描く。黒木は、「時代劇の主演は初めてですし、料理という課題もありますが、一つ一つ心を尽くして頑張りたいと思います」とコメント。 ■ 綾野剛が日テレドラマ初主演で怪物役に! 日本テレビ系では、綾野剛が日テレドラマで初主演を務める「フランケンシュタインの恋」( [全文を読む]

~人生は予測不能。だから、おもしろい。あなたの心を揺さぶる一冊が見つかる~ 創刊20周年記念企画「幻冬舎文庫・感情辞典」全国1,400書店で展開開始!

DreamNews / 2016年10月31日16時00分

【無垢】/大事なことほど小声でささやく/森沢明夫【号泣】/銀二貫/高田郁【安らぎ】/週末、森で/益田ミリ【痛快】/貴様いつまで女子でいるつもりだ問題/ジェーン・スー【劣等感】/みんな邪魔/真梨幸子【大胆】/かもめ食堂/群ようこテーマ●将来の不安も、ややこしい人間関係も吹き飛ばしたいときは……。【爽快】/階段途中のビッグ・ノイズ/越谷オサム【懊悩】/もういち [全文を読む]

【プロ野球】『勇者達への伝言 いつの日か来た道』を阪急ブレーブスファンが読んでみた

デイリーニュースオンライン / 2016年08月23日17時05分

これまで、高田郁の『銀二貫』、三浦しをんの『仏果を得ず』、朝井まかての『すかたん』が受賞している。今回受賞した『勇者達への伝言』は、現在大阪の書店などで大々的に売り出されている。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■阪急ブレーブスに関する人々が登場 この小説のタイトルの“勇者”とはもちろん、阪急ブレーブスのことだ。ここには阪 [全文を読む]

みんなが選んだ、今年のブックランキング第1位は? 「ダ・ヴィンチ」BOOK OF THE YEAR 2014 発表!

PR TIMES / 2014年12月05日14時34分

「ダ・ヴィンチ」BOOK OF THE YEAR 2014 発表! 小説ランキング部門 第1位『マスカレード・イブ』東野圭吾 第2位『天の梯 みをつくし料理帖』高田郁 第3位『ペテロの葬列』宮部みゆき 第4位『明日の子供たち』有川浩 第5位『銀翼のイカロス』池井戸潤 ※本誌には50位まで掲載 コミックランキング部門 第1位『進撃の巨人』諫山創 第2位『O [全文を読む]

TOKIO・松岡、北川景子の着物姿を大絶賛!「ドキドキする」

WEB女性自身 / 2014年06月02日21時00分

原作は累計発行部数260万部を超える高田郁の同名小説シリーズ。2012年9月に第一弾が放送され、今作は第二弾。ドラマの内容にそって北川と松岡は着物姿で登場。松岡は薄ピンクの着物が映える北川を「お着物が似合う女性っていいですよね。“可愛い”から“きれい”に変わる」と絶賛。北川も松岡の着物姿をみて「すてきです」とほほ笑んだ。料理がメインということで、北川は「一 [全文を読む]

フォーカス